手首が太い原因は循環が悪いから【むくみを改善すれば細くなる】

       

パソコンや何かを書く作業、手元をよく使う仕事をされている方は、翌朝手首が太くなり、パンパンになってしまうことってありませんか?

これは、循環が悪くなり、むくむため太くなっている可能性があるんですね。手首周りは、太い筋肉などがなく、おそらくむくみ+脂肪の多さで太くなっている。

ですので、手首が太いと悩んでいる方は、循環を改善し、もし脂肪が多い方はダイエットをすることで手首を細くすることができます。

今回は、手首が太い原因と細く引き締める方法について解説します。

 

スポンサーリンク

手首が太い原因

冒頭でもお伝えしたように手首が太くなる原因は、主にむくみ+脂肪。その理由は、以下のようなことが起こっているからです。

リンパ液の滞り=むくみ

下半身などもそうですけど、身体にむくみが起こるは、

リンパ液の滞り

なんですね。

リンパ液って、筋肉が緊張すると滞ってしまい、結果むくみが発生します。手首が太いと悩んでいる方の場合、主に、

手首、肩周り、腕の筋肉の緊張が強い傾向

にあるんですね。これらの部位が硬くなることでリンパ液が滞り、むくみが発生し、結果手首が太くなると考えられます。では、なぜこれらの筋肉が硬く緊張してしまうのでしょうか?

丸くなるような座り方

一番考えられることは、座り方のまずさ。こういう姿勢で仕事をしていませんか?

首こり

こういう姿勢で仕事をすると、上半身ほとんどの筋肉が緊張し硬くなってきます。この丸くなるような姿勢は、

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 背中の痛み

などいろんな身体の悩みに関係しています。

腕を使いすぎている

さらに、こういう丸くなる姿勢でデスクワークをすると、よく腕や指を使うことになりますよね。そうすると、前腕などが緊張し結果、手首までむくみ太くなるという流れが出来上がります。

また、立ち仕事をしている方の場合、立ち方のまずさで上半身が緊張し、その中で過ごすと腕がむくむこともあり、基本的には、

肩や腕周りの筋肉が緊張し、循環が悪くなり、むくみが発生した結果手首が太くなる

ということが起こっているんですね。

ストレスで自律神経が乱れている

そこに拍車をかけるのが、ストレス。ストレスが溜まると、自律神経が乱れ、自律神経が乱れてしまうと血管が細くなり循環が悪くなることがわかっているんですね。

体温も下がりますし、代謝も下がり、イライラもしてくる。そうすると、より手首はむくみ太くなる。そういったストレスを解消するために、ドカ食いをしてしまう。

食べ過ぎによって脂肪が多い

こういった流れにプラスして、脂肪が増えることで結果手首はパンパンに太くなってしまうんですね。

ですので、手首が太い原因は、

むくみ+脂肪

ということをお伝えしましたが、この2つのことを改善できると、手首は今よりも細くすることができるはずです。では、どうやって手首を細くすればいいのでしょうか?

 

手首を細く引き締める方法

手首を細く引き締めるためには、まず上半身全体の筋肉を緩め循環を改善すること。その上で必要であればダイエットなどをして、脂肪を減らす。

この流れが改善に必要になるため、以下でその流れを解説します。

鎖骨下リンパ節を刺激する

むくみを改善するためには、まずリンパ液の出口である鎖骨下リンパ節という鎖骨の溝を軽く擦っていきます。そうすると、よりむくみを改善しやすくなるので、まずはここから解説しますね。

手順

  1. 鎖骨の溝に軽く手を沿える
  2. その状態で5回深呼吸を繰り返す
  3. その後、赤ちゃんを優しくなでるように鎖骨の溝を擦る
  4. 鎖骨に沿うように、少し広い範囲を擦る
  5. これを2分間行う

次は、軽く腕を動かして胸や背中、肩周りの筋肉を緩めていきます。

胸・背中を緩める

手順

  1. 両肘を曲げ、胸の前辺りで構える
  2. 脇を開閉するように、軽く腕を上下させる
  3. このとき筋肉が緊張しないように、適当に気持ち良く動かす
  4. これを2分間行う

次は、上半身を揺らしてより筋肉を緩めていきます。

上半身をぶらぶら揺らす

手順

  1. 肩から腕ぶらんとぶら下がっているようなイメージを持つ
  2. 腕を揺らしたり、肩を上下したり、身体を揺らす
  3. これを5分間行う

こうやって揺らすと筋肉は緩んで、循環も良くなりますからね。最後に仰向けで揺らしていきます。

仰向けで手などをぶらぶら揺らす

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. その状態で両手を天井に向け伸ばす
  3. 手首を軽くぶらぶらする
  4. これを2分間行う

ここまでの流れができていると、循環が改善できて手首が細くなっているはずなので、ぜひ試してみてください。

また、仰向けで手をリラックスしてぶらぶらしづらい方は、軽く雲を掴むぐらいの感覚でグーパーをしても循環を改善できるので、これもぜひ試してみてくださいね。

実は、ここまでの流れをすれば改善はできるかもしれませんが、また手首が太くなる可能性があります。なぜなら根本原因を取り除けていないから。ですので、最後に根本原因の改善に移りますね。

 

手首を細くするために日常でしてほしいこと

以下でお伝えすることで、根本原因を取り除いていきますね。

座り方の改善

身体を丸めるように座っていることで上半身の筋肉が緊張してしまっていたので、以下のように座り方を改善していきます。

手順

  1. 硬めの椅子に座り、お尻の下に骨を感じる
  2. 背中を少し丸めるように、骨盤を後方に倒す
  3. へそを前に突き出すように、骨盤を立てる
  4. 骨盤を前後にリラックスして20回程度動かす
  5. 腹筋と背筋の両面が一番楽な位置で止める

骨盤を前傾させる

骨盤を動かす

この手順で座ることで、上半身の緊張が軽減されます。ただ、もう少し肩の位置などを修正しないといけなかったり、立ち方の改善も重要になってきます。

姿勢そのものを改善できると、上半身の緊張はだいぶ改善されます。ただ、どうしても仕事をしていると、筋肉が緊張し、循環が悪くなってしまうんですね。

ですので、仕事中に以下のことをしてほしいんですね。

軽く手を握る

仕事中は大きく身体を動かすことは難しい方もいると思うので、1時間に1回ぐらいのペースで手首を軽く揺らすんですね。こんな感じに。

そうすると、前腕の筋肉が緩んで循環が改善するので、こういうちょっとしたことを日常生活で行うようにしてみてくださいね。

毎日ケアをする

そして、家では先ほどお伝えしたようなケアをして、できるだけ筋肉を緩めるようにしていきます。そうすると、手首も細くなりますし、身体も楽になりますからね。

ここまでの流れができると、より手首を細くできるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

まとめ:循環を改善すれば太い手首は細くなる

今回は、手首が太い原因と細くする方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 手首は、循環がわるくなり浮腫むことで太くなる
  • さらに、脂肪が多いも太くなる
  • 手首を細くするためには、まず循環を改善すること
  • そして、ダイエット+自律神経を整えるなどをもする
  • 日常生活で姿勢の改善、毎日ケアをすることで手首は細くなる

こういった内容をお伝えしていきました。

手先や足先の末端って、どうしてもむくみやすいですし、太くなりやすいんですね。そういう原因で太くなった身体は、ある意味すぐに改善もできます。

ですので、日頃から身体を動かし循環が良い状態を維持できるようにしてみてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!