太ももの付け根が太い原因と細くする4つの方法

       

太ももの付け根がパンッっと張り、太い太ももを見るたび悩み、人に見られないようにとにかく隠すように過ごす。ストレッチをしてみて、筋トレをしてみて、結果細くならない。

そんな太ももの付け根が太いと悩む方は、◯◯をすれば細くするというような魔法の方法を探しているかもしれませんが、この世にはそんな方法は存在していないと思います。

なぜなら、僕がパーソナルトレーナーとして10年間活動する中で、1度も1つの方法で太ももの付け根を改善できたことがないからです。ですので、絶対的な改善方法は存在しません。

ただ、太ももの付け根を細くするためには大きく分けると4つの方法があるため、今回は太ももの付け根が太くなる原因と細くする4つの方法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

太ももの付け根が太い原因

太ももの付け根が太い原因は、主に4つあると考えています。その4つとは、

  1. 筋肉が硬く張っている
  2. 循環が悪くなっている
  3. 脂肪が溜まっている
  4. 筋肉がついている

この4つです。原因を知ることが、太ももの付け根を細くするために重要な部分になるため、1つ1つ詳しく解説していきますね。

①筋肉が硬く張っている

まず太ももの付け根が太い原因の1つに、筋肉が硬くなっている可能性があります。太ももの付け根というイメージは、おそらくこの辺りではないでしょうか?

太ももの付け根

太ももの真横の部分から前側にかけての範囲で、その部分がパツッっと張り出す。

これは、大腿四頭筋という太ももの前側の外側にある筋肉が緊張することで盛り上がることがあるんですね。これは、

  • へそを前に突き出して立っている
  • つま先重心で立つ、歩く

などの姿勢や動作をすることで、太ももの付け根付近にストレスがかかり、さらに足の外側へ体重がかかるとさらに張り出す可能性があるんですね。

このように、筋肉が張ってしまうことで太ももの付け根は張り出してしまう可能性があります。

②循環が悪くなっている

筋肉が緊張することで内圧といって、血管などを締め付けてしまう内側への圧力が高まり循環が悪くなる。また、足の外側に重心がかたよってしまうと、関節が捻じれてしまい、その捻じれによっても循環が悪くなります。

そうすると、老廃物が溜まり下半身はむくんできます。結果、筋肉の張り+むくみでさらに太く見える可能性があるんですね。

いずる
さらに、むくみが長期間続くところほど皮下脂肪がつきやすいことがわかっているんですね。

つまり、むくみが長い期間続いている方は脂肪がよりつきやすくなって、太くなっていた太ももの付け根が脂肪でさらに太くなる可能性がある。

さらに仕事内容が座りっばなしの方や、日頃運動不足の方はよりむくみやすいので、こういったむくみによっても太く見える可能性があります。

③脂肪が溜まる

こういったむくみの問題もそうですが、運動不足になっていると食事量をしっかり摂っている方は当然脂肪がついてきてしまう。

そうすると、張り+むくみ+脂肪でさらに太ももの付け根が太くなってしまう可能性がありますよね。

また、日頃の歩き方や、ランニングをしている方は走り方に問題があると、筋肉そのものが太くなってしまっている可能性があります。

④場合によっては筋肉がついている

主にランニングをされる方に考えられることですが、ランニングの着地の際に身体の前で地面を突くように着地をしてしまうと、太ももの前側に強いストレスを受けます。

もし、足の外側から着地をしていると太ももの付け根部分にも強いストレスが加わるため、筋肉そのものが太くなってしまう可能性が出てくる。

そうすると、さらに太ももの付け根が太くなる可能性があるんですね。

つまり、太ももの付け根が太い原因というのは、何か1つというよりも、

  1. 筋肉が硬く張っている
  2. 循環が悪くなっている
  3. 脂肪が溜まっている
  4. 筋肉がついている

などが複合的に合わさった結果、太ももの付け根だけポコッと張り出してしまう、太い状況が出来上がるということが考えられます。

だから、何か1つの方法だけで改善を目指していても、ある程度の変化は出ても改善ができないのは、他の原因が取り除けていない可能性があるからですね。

逆の言い方をすれば、これらすべてのことを改善することができると、太ももの付け根を細くすることができるはずです。

いずる
ほぼ筋肉がついているということは考えづらいので、主に3つのことを取り除ければ細くなるはず。
かな
でもどうやって改善すればいいの?

ですので、ここからは具体的に太ももの付け根を細くする方法を4つの手順で解説していきたいと思います。

 

太ももの付け根を細くする4つの手順

では、どうすれば太ももの付け根を細くすることができるのでしょうか?

4つの手順

  1. 筋肉を緩める
  2. 循環を改善する
  3. ダイエットをする
  4. 立ち方や歩き方を変える

この4つを詳しくご紹介していきますね。

①筋肉を緩める

まず筋肉を緩めていきますが、筋肉は揺らす緩む性質がありますし、揺らすと循環も改善できるため、ここでは揺らして緩める方法をご紹介しますね。

筋肉を揺らして緩む理由は、「筋肉を緩める方法はストレッチ意外にもたくさんある【6種類ご紹介】」で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

太ももの筋肉を直接揺らす方法

手順

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. その太ももをリラックスさせる
  3. 太ももに手を添え、軽く揺らす
  4. これを2分間行う

ここでは2分とお伝えしていますが、時間が長くなればなるほど筋肉は緩むため、太ももの付け根は細くなるんですね。ただ、どうしても腕が疲れてしまったり、うまくできない方が出てきます。

そういう方は「アセチノ」を使ってしまった方が確実に太ももを緩めることができると思います。

≫関連記事:アセチノメガシェイプの効果・口コミ・使い方を解説

アセチノを使って筋肉をほぐす

手順

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. その太ももをリラックスさせる
  3. 太ももの付け根ににアセチノを当てる
  4. これを5分間行う

太ももの付け根の筋肉を緩めるためには、できるだけ長い時間筋肉を揺らす必要があるんですね。ただ、そこまでできる方は少ないと思いますし、これを毎日するとなるとどこかで挫折してしまう。

だけど、「アセチノ」だと電動でただ当てるだけで筋肉をほぐせますし、続けやすい。

そういったことも考慮すると、こういったアイテムを使って毎日ケアするのもありだと思いますし、現実的なことを考えるとアイテムを使った方が効果的だと思います。

これらの方法で筋肉を緩めるとある程度循環も改善できていますが、続いてさらに循環を改善していきます。

②循環を改善する

循環を改善する場合、筋肉を収縮-弛緩させポンプのように使っていくと、循環を改善できます。ですので、ここから気持ち良く身体を動かし循環を改善していきますね。

腹式呼吸

仰向けの状態で腹式呼吸をすると、下半身全体のむくみの改善ができることがわかっているため、まず腹式呼吸で循環を改善します。

手順

  1. 仰向けの状態になり、リラックスできる体勢になる
  2. 両手をお腹の上に置く
  3. 鼻から軽く息を吸って、お腹を気持ち膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、お腹を軽く凹ませる
  5. この腹式呼吸を5分間行う

いずる
ポイントは、無理に呼吸を大きくしようとせず、気持ち良くできる大きさで繰り返すことですね。

太もも全体を擦る

続いては擦るという方法ですが、皮膚を軽く擦ることで血流が良くなり、循環を改善することができるんですね。ですので、太もも全体を擦っていきますね。

このとき「ルナパルテ」などのホットジェルを塗ってから擦ると、より循環が良くなり変化が分かりやすいですので、ぜひ使ってみてください。

手順

  1. 座った状態で、片足を伸ばす
  2. 太ももをリラックスさせ、軽く手を沿える
  3. 赤ちゃんの頭をなでるように、太もも全体を擦る
  4. このとき膝裏から太ももの付け根に向かって擦る
  5. これを2分間行う

いずる
このときのポイントは、できるだけ優しく擦ることです。その方が循環は改善できますからね。

膝を胸に引き寄せる

続いては、仰向けの状態で軽く股関節を動かし、緩める+循環の改善を行っていきますね。

手順

  1. 仰向けの状態で両膝を90度ぐらいに立てる
  2. 片膝を交互に胸の方へ、軽く引き寄せる
  3. できるだけリラックスして行う
  4. これを2分間行う

足首を動かす

続いては足首を動かしていきますが、足首を動かすことで下半身全体の循環を改善できるので、次はこちらをやっていきますね。

※動画では、片足で行っていますが、慣れてくると両足同時に行ってもらってもOKです。

手順

  1. 座った状態で、膝を90度立てる
  2. ふくらはぎやスネが緊張しない程度に軽く足首を動かす
  3. これを2分間行う

いずる
事務職の方は椅子に座ったままでもいいので、足首を軽く動かすとむくみはだいぶ改善されますので、ぜひ日頃もしてみてくださいね。

こういった方法で太ももの付け根周辺の循環が良くなった後は、そこが再度むくんでしまわないように着圧のスパッツなどで太ももを軽く締め付けていきます。

着圧ソックスで太ももの付け根周辺を締め付ける

下半身のむくみに悩む方も同じですが、循環を改善した後に着圧ソックスを履いて締め付けておくと、再度むくみづらくなるんですね。

さらに、寝るときに脚の高さを上げるとよりスッキリしてきます。実際に使ってよかったのは、

  • キュッとふんわりスパッツ
    →実際に最も効果がわかった着圧スパッツ。ヒップアップ効果もあり、お尻の形も整えられる
  • イージースリム
    →履くだけで-3cmの着圧ソックス。履くだけで太もも全体がポカポカして、循環に悩む方におすすめ

この2つはどちらも良かったので、こういったものでむくみを改善した後に太ももの付け根に着圧を加えておきます。そうすると、より細くなっていきますからね。

ここまでの流れができると、続いてはダイエットを行い、脂肪を減らしていきます。

③ダイエットで脂肪を減らす

ダイエットをするとなれば、大きく分けて、

  • プロに指導を受ける
  • 自分でする

という選択肢が出ると思います。確実にダイエットを成功させたい方は、当然プロにみて貰った方が確実にダイエットができると思います。

リバウンドしづらいダイエット方法を指導してくれる場所は、こういったところですね。

  • リボーンマイセルフ
    →女性専門で全国にあり。下半身の悩み改善の実績がNO.1のパーソナルジム。無料体験あり
  • Bodyke
    →男女兼用で東京にあり。1日3~6食食べるリバウンドしづらいダイエット方法を指導してくれる。無料体験あり
  • FiNCプレミアム
    →オンラインでダイエット指導が24時間365日指導が受けられ、月額960円とかなりお得。2週間の無料体験あり

※すべて無料体験が受けられるので、実際にダイエット方法を知りたい方は体験を受けることをおすすめします。

これらでダイエット指導を受けることで、確実に太ももの付け根の脂肪を減らすことができますが、必ず循環の改善とセットで行います。

太ももの付け根の脂肪は、循環が悪いと落ちにくいという感覚がクライアントさんへ脂肪をしていても感じるので、必ずセットで行ってくださいね。

もし、ご自身でダイエットをしたい方は、「ダイエットの始め方を初心者向けに解説」で方法をまとめていますので、ぜひ参考にして実践してみてください。

ここまでの流れができると次は、姿勢や動作の改善に移っていきます。

④立ち方や歩き方を変える

先ほど、

  • 筋肉が張る
  • 循環が悪くなる など

が原因で太ももの付け根が太くなる可能性があるとお伝えしていますが、これらの原因は主に日常生活で何気なく行う立ち方や歩き方が原因で起こっている可能性が高いんですね。

立ち方や歩き方を変えることで、太ももの付け根が張らず、筋肉が緊張しないことで循環は良くなります。ですので、日頃の姿勢や動作を改善することは必須だと考えています。

立ち方や歩き方については、

これらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

太ももの付け根を細くしたいとなれば、ここまでお伝えした4つの手順を踏むことで改善が可能だと考えていますし、実際に現場で指導をして変化も確認できています。

実際にはここまでのレベルで実践していかないと、何か1つだけで細くするというのは厳しいんじゃないかなとも思いますね。

 

その他の太ももの付け根を細くする方法について

ここまで僕が考える太ももの付け根を細くする方法をお伝えしましたが、ここからは一般的に言われる改善方法について解説しますね。

ストレッチ

ストレッチ

太ももの付け根だけに限らず、脚やせの方法としてストレッチはよくすすめられていますが、個人的にはおすすめできません。

ストレッチそのものは筋肉を緩める目的で行うため、適切だとは思いますが、そのやり方が問題になります。というのは、ストレッチで筋肉を緩めるためには、

  • どのくらいの強さで伸ばすのか
  • どのくらいの時間伸ばすのか
  • どの方向に伸ばすのか
  • 意識や呼吸はどうするか など

こういった条件を適切に設定しないと、筋肉って緩まないんですね。ですので、ストレッチそのものでもOKなんですが、適切にするのがかなり難しいテクニックなので、あまり一般の方にはおすすめできないと思います。

≫関連記事:ストレッチをする=逆効果⁈知っておきたい筋肉が緊張する理由

筋トレ

太ももの付け根を細くするためには、筋トレをして筋肉を細くすることで効果を実感できるとは思います。

ただ、筋トレも方法次第です。特にスクワットなどをする場合は、しゃがみ方1つで太ももが太くなることもありますし、そこが理解できていない状態でやるのであれば、逆効果になる可能性は高いと思います。

もし一般の方がご自身で改善を目指すのであれば筋トレではなく、筋肉を徹底的に緩める方が変化をより実感できると思いますね。

≫関連記事:ジムで脚やせ効果を最大にするトレーニング方法5選&ケア方法

マッサージ

ここで言うマッサージは、揉み解すようなイメージの方法です。これは正直おすすめできません。

経験的にはマッサージとストレッチを混ぜて行うと、ある程度筋肉を緩めることはできると思いますが、どういう原理で筋肉が緩んでいるのかがいまいちわかっていないんですね。

ですので、より適切なことをお伝えする身としてはその原理がわかっていない以上、あまりおすすめはできないというのが正直なところですね。

ホットヨガ

女性で仕事をされている方の場合、多くの方が筋肉が硬く循環が悪くなっています。

実際ホットヨガに行かれた方の身体を何度も見ていますが、確かに筋肉が柔かくなり、循環が良くなるので、そういう意味では太ももの付け根を細くするのにはプラスにはなると思います。

ただ、ホットヨガに行くだけでは細くすることは難しい。ホットヨガプラス、自宅でのケア&ダイエットをすることで改善は目指せる可能性はあるので、できるだけ費用をおさえて改善を目指したい方にはおすすめですね。

もしホットヨガに興味がある方は、「ホットヨガの体験が受けられる3ヶ所をご紹介」で「LAVA」や「カルド」をご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

ランニング

ランニングについては、方法としてはありですね。実際現場でランニング指導をした方の脚は細くなっていきました。

ただ、問題は走り方です。走り方がまずいとやはり太ももの付け根は太くなる可能性がありますし、逆効果になる。

ですので、方法としてはありですが、太ももの付け根が太くならないような走り方ができないのであれば、辞めた方がいいと思います。

≫関連記事:ランニングで脚が太くなる2つの原因と改善方法

結局ここでお伝えしたかったことは、

何をするかが重要ではなく、何を“どのように”するかが最も大事

ということですね。

 

まとめ:太ももの付け根はトータルでケアすれば細くなる

今回は、太ももの付け根が太くなる原因と細くする4つの手順を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 太ももの付け根は、主に4つの原因で太くなっている
  • 筋肉の張り、循環不良、脂肪が多い、筋肉がつく
  • これら4つの原因を取り除けば細くなる
  • 一般的に言われる方法は一部分の改善方法でしかない
  • トータルでケアすることで太ももの付け根は細くなる

こういった内容をお伝えしていきました。

太ももの付け根が太いと、本当に悩むでしょうし、辛いこともあるかもしれません。でも、その悩みは絶対に解決できないことでもありません。

後はどれだけ自分の太ももを細くするために行動できるかが鍵です。やるべきことは多いですが、それを積み重ねていくと、きっと理想に近づくことができます。

今回の内容が太ももの付け根に悩む方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに太ももの付け根を確実に細くしたい方は、まずプロの方のカウンセリングを受けてみてください。そうすると、原因がわかり今やるべきことがはっきりします。すべての始まりは原因の発見です。無料体験でカウンセリングをしてくれるので、ぜひ活用してみてくださいね。

無料体験できるジムなど

  • リボーンマイセルフ
    →女性専門で全国にあり。下半身の悩み改善の実績がNO.1のパーソナルジム。無料体験あり
  • Bodyke
    →男女兼用で東京にあり。1日3~6食食べるリバウンドしづらいダイエット方法を指導してくれる。無料体験あり
  • FiNCプレミアム
    →オンラインでダイエット指導が24時間365日指導が受けられ、月額960円とかなりお得。2週間の無料体験あり

おすすめアイテムまとめ

  • アセチノ
    →当てるだけで簡単ケアができる。毎日続けると脚やせ効果あり
  • ルナパルテ
    →太もも専用ホットジェル。脚やせ効果をより高めてくれる美脚ジェル
  • キュッとふんわりスパッツ
    →実際に最も効果がわかった着圧スパッツ。ヒップアップ効果もあり、お尻の形も整えられる
  • イージースリム
    →履くだけで-3cmの着圧ソックス。履くだけで太もも全体がポカポカして、循環に悩む方におすすめ