太ももの内側のたるみの原因と3つの改善方法【ダイエットだけはNG】

       

太ももの内側にたるみがあると、短めのパンツは履けないし、そこが気になってしまっておしゃれも制限されますよね。

この太ももの内側のたるみは、脚の捻れや循環が悪いことが原因ですが、脂肪が多い方はさらにたるんでしまいます。

ただ、トレーニングして鍛えるだけでは改善が難しいですが、脚の捻れを改善し、必要であればダイエットを行う。さらに、日常で行う姿勢や動作を改善することで内ももをスッキリと引き締めることができます。

この記事では、太ももの内側がたるむ原因と改善方法について解説していきますね。

 

スポンサーリンク

太もも内側がたるむ原因

太ももの内側って、

  • 股関節の捻れ
  • むくみ
  • 脂肪が多い

などが複合的に合わさってたるんだり、太くなったりしている可能性が高いんですね。

股関節が捻じれている

太ももって、本来自然な状態であれば横側に広がるのではなく、縦に重なるように存在しているので、脚の捻れが少ないとより細く見えるんですね。

人が自然に立てていると、足裏のこの位置に体重が乗ります。

体重を乗せる位置

だけど、多くの方はつま先重心になりつつ、親指の付け根に体重が乗ってしまったり、脚の内側に体重がかかる。そうすると、股関節が捻じれてしまって、太ももの筋肉や脂肪が本来の位置から内側に引っ張られてしまう。

イメージ的には、こんな感じですね。

太ももの内側に移動する

たまに街で歩く人を見ていると、こうやって脚を内側に捻って歩く人もいますよね。

脚を内側に捻じる

こうやって立ったり歩いていると、太ももの内側に脂肪などが移動してしまった結果、たるみができる。

筋肉が硬くなりむくみがひどくなる

さらに、脚は自然な状態から崩れてしまっているし、日頃の立ち方や歩き方のまずさが影響して太もも周辺の筋肉が硬くなる。

また、股関節を捻じるようにしてしまっていることも合わさって、太もも周りの循環が悪くなり、むくみがひどくなってしまう。

本来の位置から内ももへ移動してしまった脂肪などに合わさって、むくみがひどくなることで、より太ももの内側はたるんでしまうというわけなんですね。

食べ過ぎ+運動不足

さらに、日頃は仕事で忙しく運動不足気味だけど、おいしいものは好きなだけ食べて脂肪が増えてしまう。

そうすると、股関節の捻れやむくみに合わさって脂肪が増え、さらに太ももの内側が太くなってしまう可能性があるんですね。

一般的にはこの脂肪が多いから太ももの内側のたるみができると言われることもありますけど、むくみなども合わさっているから内ももがこすれるぐらい太くなってしまうんですね。

ストレスで自律神経が乱れている

現代人ってストレスが多く溜まっている人が多くて、このストレスが溜まってしまうことで交感神経が優位という状態になり、自律神経が乱れてしまう。

この自律神経が乱れてしまうことで、身体の中では、以下のようなことが起こっていると言われています。

  • 血管が細くなり、血圧・心拍数が上がる
  • 循環が悪くなり、低体温になる
  • 低体温になって、免疫が下がり不調や病気になりやすくなる
  • 代謝が大きく下がり、太りやすくなる
  • むくみもひどくなり、精神的に不安定になる

つまり、ストレスが多く溜まってしまうことでより太ももの内側が太くなってしまっている可能性があるんですね。

ですので、太ももの内側を引き締めるためにはこれらすべてに対応すれば、キュッと引き締まった太ももの内側になりますし、たるみも解消されると考えることができます。

個人によって大きく原因は異なる

ここまでお伝えした内容は、あくまでも大枠での原因で、本来は

個人の生活習慣などをみて原因をみつけることが必要

なんですね。

原因が分かれば改善方法も明確になりますし、ほぼ確実に引き締めることができる。あなたの太ももの内側がなぜ太くなっているのか?その根本原因はトレーナーなどに相談すると無料で教えてくれますよ。

本気で脚やせしたいという方は、パーソナルトレーニングジムで指導を受けることをおすすめしますし、セッションを受けないとしても原因を知ることで、あなたの今やるべきことが明確になります。

あなたの太ももの内側を引き締めるきっかけを知りたい方は、「無料体験あり:脚やせにおすすめのパーソナルトレーニングジム3選」でおすすめのジムを紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 

太ももの内側を引き締める方法

では、ここからは自分で太ももの内側を引き締める方法について解説します。

脚の捻れを改善する

まず最初に行うことは、筋肉を緩めて脚の捻れを改善することですね。気持ち良く関節を動かすだけで、まっすぐな脚に近づけるので、以下を実践してみてください。

手順

  1. 仰向けになり、脚を腰幅ぐらいに開く
  2. 片側の外踝を地面に軽く擦るように膝を曲げる
  3. 股関節が緊張しない位置まで曲げ、脚を伸ばす
  4. 膝が伸び切ると同時に、太ももを軽く内側に捻る
  5. 元の状態に戻し、この動作を2分間繰り返す

これをした後、その場に立ってみると踵で立てるような感覚になるので、その感覚が出ればうまくできていますね。脚の捻れを改善するとある程度むくみは改善されていますが、さらに循環を良くしてむくみを改善していきます。

ちなみに、太ももの外側の張りもこの方法で引き締められますよ。太ももの外側で悩んでいる方は、「太ももの外側がポコッと張り出す原因と4つの改善方法」も参考にしてみてくださいね。

太ももを擦って循環を改善する

人の皮膚は、軽く擦ることで血流が良くなり、その結果筋肉が緩んでむくみも改善されるんですね。以下の方法は、即効性があるので、気になるところを長く擦ってみてください。

手順

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. 太ももをリラックスさせ、軽く膝上辺りに手を沿える
  3. 股関節辺りに向かって、赤ちゃんを優しく撫でるように太もも全体を擦る
  4. これを2分間行う

このときにホットジェルなどを塗って太ももを温めてから擦ると、より血流が良くなって内もものたるみを引き締めやすくなるんですね。

実際に使ってよかったのは、「ルナパルテ」というホットジェルですね。もし、ホットジェルが苦手な方はオイルなどでもいいので、塗ってからするとより太ももはスッキリします。

おすすめのオイルは、「トレーナーの僕がおすすめする脚のマッサージオイル&ジェル3選」で紹介しています。

スクワットで引き締める

この次に行ってほしいことが、スクワットです。ここで行うスクワットは、できるだけ筋肉を疲れさせるイメージよりも、気持ち良く繰り返すようにします。

そうすると、太ももの内側の筋肉が引き締まりますし、これで循環も改善できつつ脚の捻れも改善できるんですね。スクワットについては、「女性におすすめしたいスクワットの効果【目的別に実践方法も解説】」でも詳しく解説しています。

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も少し開く
  2. 足裏全体に体重を乗せておく
  3. 真下にへしゃげるように、軽くしゃがむ
  4. 息を吐きながら立ち上がり、気持ち良くスクワットを繰り返す
  5. 1分間×3セット行う

上記の3つの方法は寝る前に毎日してほしいんですね。そうすると、今よりも太ももの内側が引き締まっていきます。

そして、このむくみが改善したタイミングで着圧ソックスを履いて、太もも全体を適度に締め付けるんですね。そうすると、翌朝までむくみがスッキリしていて、細い状態を維持できます。

ただ、締め付けの強い着圧ソックスはNGで実際に履き比べて一番良かったのが、イージースリムというレギンスタイプのもの。

イージースリム

これは、他の着圧ソックスよりも締め付け感が丁度良く、履くだけで誰でも簡単に内ももがスッキリするし、ヒップアップも期待できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

実際に履き比べた内容は、「トレーナーの僕がおすすめする着圧ソックス2選【5種類履き比べした】」で紹介しています。

ダイエットをして脂肪を落とす

そして、ここまでの流れができてさらに太ももの内側を引き締めたい方は、ダイエットに移っていきます。

ダイエットのポイントは、

食べる量よりも消費する量を増やすこと

であり、シンプルなこの関係が毎日維持できると、ダイエットは成功して太ももの脂肪は減っていくはずですね。自分でダイエットしたい方は、「ダイエットの始め方、成功例やおすすめの方法も合わせて解説」で詳しく紹介しています。

また、どうしても自分ではダイエットが無理と感じる方は、パーソナルトレーナーなどのプロに指導してもらうことも1つの手ですし、本気で脚やせしたいなら頼んでしまった方が確実で、早く引き締めることができます。

ちなみに短期で脚やせしたい方であれば、女性なら「シェイプス」、男性なら「エクササイズコーチ」がおすすめ。ここに通えば、ほぼ間違いなく短期で太ももの内側は引き締められるので、本気で引き締めたい方は通うのもありですね。

自律神経を整える

最後のステップとしては、自律神経を整えるということですね。

自律神経を整えるときに重要になるのは、

一定のリズムを感じる

ということで、一定のリズムを感じて呼吸などをすることで、脳からセロトニンという物質が分泌されて、自律神経が整うんですね。詳しい呼吸法などについては、「自律神経を整える方法【リズム運動をすることがポイント】」で紹介しています。

ちなみに、女性であればホットヨガに通うのもありだと思いますね。「LAVA」や「カルド」に通うと、身体の循環を改善しつつ呼吸法によって自律神経が整う。

さらに1回のレッスンでの消費量も大きいのでダイエット効果もあるので、脂肪やむくみが多い方には特におすすめですね。ここまでの流れができると、太ももの内側はスッキリ引き締まっているはずですね。

 

太ももの内側を根本的に引き締める方法

ただ、上記でお伝えしたことだけをしていても、一時的に変わっても太ももの内側は思ったように引き締まらないかもしれません。なぜなら。根本原因である立ち方や歩き方を改善できていないからですね。

次は、日常で行う姿勢や動作の改善方法について解説します。

立ち方の改善方法

立ち方を改善する場合、まずどこに体重を乗せるのか、そして、どのような手順でその姿勢をインプットするのかが重要になるんですね。

この具体的な改善方法については、「立ち方を習得する4ステップ【壁立ちはおすすめできない】」で解説しています。

歩き方の改善方法

歩き方の改善は、脚を前に出すことではなく、重心を前に運ぶような歩き方に変えること。そうすると、自然とほぼ身体の真下で着地することができ、太ももの捻れや張りが出ずに歩くことができるんですね。

歩き方の改善方法は、「効果を最大化する歩き方を4ステップで解説【重心を前に運ぶ】」や「ヒールを履いた歩き方の5つのポイント」で詳しく解説しています。

階段の上り下りの改善方法

また、何気なく行う階段の上り下りの動作も股関節が捻じれてしまう大きな原因の1つなんですね。ですので、この動作も改善が必要です。

詳しい改善方法は、「階段の上り下りを楽にする方法【太ももの張りも改善できる】」で解説しています。

自転車のペダルのこぎ方

何気なく自転車のペダルをこぐとき、内股のような状態でこぐ方がいるんですね。これも股関節が捻じれる原因であり、こういう小さな動作も改善することも重要です。

ペダルのこぎ方については、「自転車で太ももが太くなる原因と4つの改善方法」で解説しています。

このように、脚の捻れができてしまう根本的な原因を取り除くことができると、太ももの内側は今よりも確実に引き締まっていくので、ここまでの流れをぜひ参考に実践してほしいなと思います。

 

一般的に行われる太ももの内側を引き締める方法について

ここからは、よく行われる太ももの内側を引き締める方法について、僕なりの考え方をお伝えしますね。

ストレッチ

身体の悩みに対して、ストレッチをすることも多いと思うんですけど、個人的にはあまりおすすめしません。というのは、ストレッチってテクニックが非常に難しいんですね。

  • 筋肉をどの程度伸ばすのか
  • どのくらいの時間伸ばすのか
  • 呼吸や意識はどうするのか

これらのことを適切に設定できて初めて筋肉が緩みます。深い理解や実践力がなければ、筋肉はある程度しか緩まないため、一般の方には上記でお伝えした方法の方がおすすめですね。

筋トレ

筋トレはいろんな見方ができて、例えば全身の筋肉を刺激して代謝を上げる。そうすると脂肪が減って太ももの内側も引き締まるはずですね。

スクワットを行う際に、適切な動作ができていると太ももの内側も引き締まるため、方法としてはありなんですね。ただ、やり方がまずいと太ももの前側などが太くなる可能性もあります。

つまり、筋トレのやり方や内容がポイントであり、それらを適切に設定できているのであれば方法としては適切だと思いますね。

リンパマッサージ

これは、太ももの内側のたるみが気になる方にはおすすめですね。

実際に具体的な内容は、「太もものマッサージのやり方3選を解説【軽く擦るだけでOK】」で紹介しているので、参考にしてみてください。

 

まとめ:まず循環を改善して太ももの内側を引き締めよう

今回は、太ももの内側がたるむ原因と改善方法について解説しました。

今回の記事の内容

  • 太ももの内側は、脚の捻れやむくみである程度たるむ
  • さらに食べ過ぎや運動不足で脂肪が増えると太くなる
  • 自律神経が乱れている場合、代謝が下がり、よりたるみやすくなる
  • 改善のためには、まず股関節の捻れを改善し、循環を良くすること
  • そして、ダイエットで脂肪を減らし、自律神経を整える
  • 最後に根本原因である、姿勢や動作を改善すれば引き締まった状態を維持できる

こういった内容をお伝えしていきました。

太ももの内側のたるみって本当に気になると思うんですけど、毎日適切なことができていると必ず引き締まっていきます。諦めずに今できることをぜひ続けてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

人気記事太もも痩せに役立つグッズ・スパッツ8選【トレーナーが解説】
人気記事太もも痩せはエステに通っても可能【効果なども解説】