太ももの内側のたるみの原因と3つの改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

太ももの内側にたるみがあると、短めのパンツは履けないし、そこが気になってしまっておしゃれも制限されますよね。

この太ももの内側のたるみは、脚の捻れや循環が悪いことが原因ですが、脂肪が多い方はさらにたるんでしまいます。

ただ、トレーニングして鍛えるだけでは改善が難しいですが、脚の捻れを改善し、必要であればダイエットを行う。さらに、日常で行う姿勢や動作を改善することで内ももをスッキリと引き締めることができます。

この記事では、太ももの内側がたるむ原因と改善方法について解説していきますね。

 

スポンサーリンク

太ももの内側がたるむ原因とは

太ももの内側はなぜたるみ、どうすれば引き締めることができるのでしょうか?

結論から言えば、それは脚のれや循環の悪さがひとつの原因として考えることができるんですね。逆の言い方をすれば、脚の捻れや循環を良くすることで太ももの内側を引き締めることができます。

脚の捻れと太ももの内側のたるみとの関係

いきなり、脚の捻れが内もものたるみの原因と言われてもイメージがしづらいと思うので、詳しく解説しますね。

太ももが自然な状態から内側に捻じれてしまうと、太ももの前側などにあった脂肪は太ももの内側に流れるように移動してしまいます。

太ももの内側に移動する

太ももの前側の筋肉や脂肪って本来縦に並ぶようになっていますが、股関節に捻じれがあれば横側に広がってきてしまいます。

そうすると、太ももの内側がたるむという単純なことが起こってしまうんですね。また同時に膝上の内側あたりにも脂肪がたまるように余分なお肉が乗ってきます。

膝上にお肉が乗る

さらに、股関節が捻じれることで当然その周辺の血管やリンパ管も捻じれられるため、循環が悪くなってしまいます。

そうすると、太ももの内側にむくみが発生し、それによってもたるみがひごくなったように感じる原因になるんですね。

つまり、

太ももの内側がたるむ原因

  • 股関節が内側に捻じれることで、内もも方向へ脂肪が移動する
  • さらに循環が悪くなり、内ももが浮腫む
  • 結果、太ももの内側がたるむ

ということが起こるわけです。では、なぜ股関節が捻じれてしまうのでしょうか?おそらくそれは、日常生活の姿勢や動作が関係していると考えています。

脚が捻じれる原因 ①座り方

座り方

まず考えられるのが、このような座り方です。女性の場合、スカートを履いて仕事をすることがあると思いますが、このように膝を内側に閉じるようにすることで股関節が捻れてしまう可能性があるんですね。

また自宅では、地面に座ったお姉さん座りをしていることも、股関節を捻じってしまう原因になります。

このような座り方を日頃からしている方は、これらが太ももの内側のたるみの原因になっている可能性があります。

かな
これ無意識のうちにしてしまってると思う。
いずる
自分はこういう座り方してないって人も、結構こうなってる人多いからね。

脚が捻じれる原因 ②自転車に乗るときの姿勢

これは座り方と同じですが、スカートで自転車に乗るとどうしても下着が見えてしまいそうになりますよね。特に前から男性が歩いてくると、下着を隠そうと膝を内側に倒すようにペダルをこいでしまいます。

これがくせになると座り方と同じで、脚は内側に捻じれ、それが原因で太ももの内側にたるみが出てきてしまう可能性がありますね。

≫関連記事:自転車で太ももが太くなる原因と4つの改善方法

脚が捻じれる原因 ③立ち方

最近本当によくみかけますが、立っているときに脚を内側に捻じって立っている女性がいます。

脚を内側に捻じる

このような立ち方は、そもそも脚を内側に捻って立っているため、当然事件の経過と共に股関節は捻じれてしまいますよね。

≫関連記事:立ち方を習得する4ステップ【壁立ちはおすすめできない】

脚が捻じれる原因 ④歩き方

また、立ち方の延長に歩き方があるため、脚を内側に捻って立っている方は大概歩くときにも脚を内側に捻りながら歩く癖がついてしまっています。

歩き方

歩き方

そうすると股関節はさらに捻じれてしまって、結果太ももの内側がたるむということが起こります。

また、ほぼ同じことが原因で太ももの外側も張り出す可能性がありますが、太ももの外側を引き締めたい方は、「太ももの外側がポコッと張り出す原因と4つの改善方法」も参考にしてみてくださいね。

太ももの内側ががたるむ原因は個人によって異なる

ここまで太ももの内側がたるむ原因を解説しましたが、こういった原因は個人によって大きく変わりますし、改善方法も違ってきます。

ですので、できればプロの一度見てもらった方が確実に引き締めることができると思うんですね。

僕のところでも無料体験の中でお伝えしていますし、もし遠方で来られない方は、こういったパーソナルジムで無料体験でみてもらうことができるので、参考にしてみてください。

  • リボーンマイセルフ
    →女性専門。全国にあり、圧倒的な女性の身体作りの実績あり。カウンセリングの質の高く、的確なアドバイスがもらえ、無料体験でもかなり親身。
  • エクスリム
    →男女兼用。関西・関東にあり、姿勢や動作、生活習慣の問題点の分析に優れている。
  • リタスタイル
    →男女兼用。九州・岡山にあり、とにかく相談しやすく、人見知りの方におすすめ。一番丁寧。
  • IzuruStyle
    →僕のところ。兵庫・神戸にあり、特に下半身の悩みの相談が多い

※これらはすべて体験後の勧誘がないところを選んでいます。

この他にも「パーソナルトレーニングの体験が受けられるジム7選【無料】」で無料で見てもらえるところをまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

次は具体的な改善方法について解説していきます。

 

太ももの内側のたるみを引き締める方法

股関節の捻じれを改善する方法

これからお伝えする方法で、まず脚の捻じれを改善していきたいと思います。

手順

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開く
  2. 外くるぶしを軽く地面にこするように膝を曲げていく
  3. 股関節が緊張しない位置まで引き上げる
  4. そこから同じように外くるぶしを地面にこするように膝を伸ばす
  5. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを内側に捻る
  6. 元の状態に戻り、再度繰り返す
  7. これを2分、できるからは5分ぐらい行ったり、2分×数セット行ってみてください

地面が滑りの悪い場所だと抵抗が増し、股関節周辺が緊張して捻じれが改善しづらくなります。できれば布団の上や靴下を履いてフローリングなどで行ってみてください。よりリラックスして行え、筋肉は緩みます。

循環を改善する方法

手順

  1. 仰向けの状態で、鼠径部に軽く手を沿える
  2. 赤ちゃんの頭を優しく撫でるように、鼠径部を擦る
  3. これを2分間行う

いずる
見やすくするために立っていますが、実際行うときは仰向けで行ってくださいね。

また、擦って循環が良くなる理由については、「筋肉を緩める方法はストレッチ意外にもたくさんある【6種類ご紹介】」で解説しているので、参考にしてみてくださいね。

太ももの内側のむくみを改善する

手順

  1. 座った状態で片脚の伸ばす
  2. 太もも全体を軽く擦る
  3. これを2分行う

これらの方法を行った後は、太ももの内側が細くなることがわかると思います。そのタイミングで、着圧スパッツなどで太ももを締め付けます。

そうすると、細い状態を維持できますし、日頃から締め付けておくと本当にサイズダウンできるので、簡単に太ももの内側をスッキリさせたい方はぜひ試してみてくださいね。

おすすめのスパッツなどは、

こういったもので、全て実際に現場で試してみて結果もよかったので、脚やせしたい方はぜひ活用してみてくださいね。

≫関連記事:ヒップアップスパッツの効果とおすすめ5選

調整後は1度立って確認してみる

両脚の調整が終われば、1度その場で立ってみてください。すると自然と体重が踵(かかと)に乗っていることが実感できると思います。

体重を乗せる位置

人は、踵で立つことが自然であり、母趾球に体重を乗せると脚が捻じれてしまうわけです。

ですので、脚の捻れや循環が改善できた後は、根本原因を取り除くために姿勢や動作を改善しますが、全て踵に体重を乗せることがポイントになるので、覚えておいてくださいね。

かな
踵に乗ることが自然なんだね。母趾球に乗ることが自然だと思ってた。
いずる
母趾球に体重が乗ることは、身体の構造から見ても不自然だから、踵って覚えといてね。

 

太ももの内側のたるみの根本原因を取り除く

脚の捻れが改善できて、さらにむくみも改善できたとなれば、根本原因である日頃の姿勢や動作を改善していきますね。

立ち方を理解するための3つのステップ

①坐骨で座ることを理解する

まずはじめに、骨盤の位置をインプットしていきます。

硬めの椅子、もしくは板などを敷いた椅子に座ります。足は肩幅程度に開いておきます。

骨盤を前傾させる

このときご自身の坐骨を感じるように座ります。

坐骨とは、左右のお尻のそれぞれ真ん中あたりにある骨で、硬い椅子の上に座ると骨が当たる感覚になりますが、それが坐骨です。

坐骨

坐骨で座ることができれば、骨盤の位置が自然になりますが、そのまま立ち上がると立ち方をインプットしやすくなるんですね。

今文章を読んでいただき、実践していただいている方はいきなり、

いずる
坐骨を感じるように座ってください。

と言われても、その位置をみつけるのは難しいですよね。そこで、以下のことを実践してみてください。そうすると坐骨の位置が掴めると思います。

まず、お尻の下の骨を感じてみてください。

骨盤を前傾させる

次に、骨盤周囲を緩めるようにだらんと骨盤を後傾させます。

骨盤の後傾

この状態から、へそを前に軽く突き出していくように骨盤を先ほどのように軽い前傾状態にしていきます。

坐骨で座る

この骨盤の前傾、後傾を繰り返していくと、どこの位置まで前傾させれば一番楽な状態になるのかがわかってくるので、一番楽に感じる位置で止めます。

骨盤を動かす

ここで止めた位置が坐骨を感じる位置と一致するので、この状態をキープします。この状態がお伝えしたい坐骨で座るということですね。

日頃は脚を内側に閉じないようにすれば楽に座れ、脚の捻れもできないので、こういう座り方を意識的に行ってみてください。

②顔を前に送るように身体を前傾させ、踵に乗る

次のステップは、踵に体重を乗せるところまで行っていきます。坐骨で座った状態から、顔を前に送るように身体を前傾させていきます。

身体をお辞儀させていく

そして、顔を前に送りつづけ、お尻を椅子から離し両足の踵に乗っていきます。

踵の体重を乗せる

両足の踵に乗ると次のステップです。

③まっすぐ立ち上がる

最後のステップは、まっすぐに立ち上がるだけです。

まっすぐ立ち上がる

この段階にくると実感していただけると思いますが、ご自身の体重が踵に乗り、身体は骨で支えられる感覚になっていると思います。

いずる
これでさっき伝えた踵に体重が乗るように立てるよね。
かな
すごいわかりやすいし、踵を感じやすいね。

これが僕自身が考える立ち方です。無駄に筋肉を緊張させて立つことがないため、非常に楽に感じます。日常的にこのような立ち方ができると脚も捻れることなく、立つことができます。

より詳しい立ち方については、「立ち方を習得する4ステップ【壁立ちはおすすめできない】」も参考にしてみてくださいね。

続いては、歩き方を改善していきますね。

歩き方を改善する

歩き方を改善するうえで大事なことは、

歩く=重心移動

だということです。

脚を前に出すという意識を変え、重心を前に運ぼうとすると自然と脚は前に出てきます。こういう歩き方ができると、自然に踵で着地し、歩くときに脚が捻じれないように歩くことができます。

みぞおちから脚が生えているイメージを持つ

先ほど歩くということは重心を運ぶということをお伝えしましたが、この重心位置を胸あたりに設定します。実際に胸に手をおくとわかりやすいと思います。

歩く

胸を前に運ぶイメージで歩く

本来脚の付け根というのは、股関節を指すことが多く、股関節から脚を前に運ぼうとしますが、この位置から運ぶと脚が緊張します。

脚を前に運ぶ

股関節ではなく、胸辺りを前に運ぶようなイメージで歩くと下半身に意識が向かないため、リラックスしてスムーズに歩くことができます。さらに、自然に着地は踵になるんですね。

ですので、歩くときは胸辺りを前に運ぶだけの意識です。

腕は後ろに引くのではなく、前に出す

全体のイメージは、重心を前に運ぶようにし身体の真下に着地するようなイメージで歩きます。

腕の自然な動きとしては、前にスイングすることが自然です。よく見られる歩き方のアドバイスとして、胸を張るように歩くということが言われますが、実際に胸を張るように歩くとこのようになります。

肘を引く

実際にこのような歩き方をすると肩周りに緊張が生まれ肩コリの原因になります。

スムーズに歩く感覚もなく、日常的に行われていれば違和感はないかもしれませんが、自然な身体の使い方に変えると不自然だったことが理解できると思います。

腕の自然な動きは、まっすぐ前にスイングされることではなく、身体の中心部に向かってスイングしていきます。

腕の動き

このように腕の振りも自然に動けばもっと楽に歩くことができると思います。歩き方の全体のイメージはこのようになりますので、参考にしていただければと思います。

歩き方については、「効果を最大化する歩き方を4ステップで解説【重心を前に運ぶ】」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

このように、日頃の姿勢や動作を改善することで、脚が捻じれない動作などができるため、太ももの内側がたるむ根本的な改善になるということです。

≫関連記事:ヒールを履いた歩き方の5つのポイント

 

さらに太ももの内側を引き締めたい方へ

ここまで太ももの内側は捻じれを改善すれば引き締まるとお伝えしていきましたが、場合によっては引き締まるけどもまだ引き締めたいという方もいると思います。

こういう方は脂肪が多いため、その脂肪を減らすことが次のテーマになります。

ダイエットを目的の場合、「半日断食をして2ヶ月間で-8kgのダイエットに成功した記録」を参考にしていただければと思います。

またトレーニングをすることでも太ももの内側は引き締められるので、トレーニングをしたい方は、「太ももをトレーニングで引き締める4つの方法」を参考に、実践してみてください。

≫関連記事:ダイエットの始め方を初心者向けに解説

自分ではダイエットが難しい方へ

ダイエットがどうしても難しいという方は、パーソナルジムだったり、ダイエットをサポートしてくれるところで指導を受けるとより成果は出しやすいと思います。

その分費用はかかりますが、短期でも身体は変わりますし、先ほどご紹介した脚の捻れを改善する方法をするとかなり太ももの内側は細くなるはずです。

僕のところでは短期でのダイエットは行っていないので、もしより早く結果を出したいという方は、「女性におすすめしたいパーソナルトレーニングジム5選と選び方」を参考にしてみてくださいね。

このようにダイエットをして、脂肪を減らすことでより太ももの内側を細く理想に近づけられますからね。

 

一般的に行われる太ももの内側を引き締める方法

ストレッチ

ここまで太ももの内側がたるむ原因や改善方法についてお伝えしていきましたが、これらを踏まえて一般的に言われる改善方法について考えていきたいと思います。

内ももをトレーニングする

筋トレ自体は間違いではありませんが、トレーニングだけをしても改善は難しいと思います。なぜなら、たるみの原因は脚の捻れなども関係しているため、トレーニングのみではある程度しか引き締まりません。

何をするにしても広い視野で、根本原因を見ていくことで改善はできると思います。

ストレッチングをする

ストレッチングについては、方法としては筋肉を緩めることができ、脚の捻れが改善できる方法の1つではあると思います。

ただ、ストレッチングの方法そのものが非常に難しく、一般の方が適切に行うにはあまりにも難しすぎます。

ですので、方法としては良いと思いますが、脚の捻れを改善するために行うのであれば、動画でお伝えしたような方法の方が簡単で結果を感じやすいと思いますね。

揉み出しをする

これは、「太ももの外側がポコッと張り出す原因と4つの改善方法」でもお伝えしていますが、セルライトが溜まっているから揉みだしをするという方もいると思うんですね。

ただ、セルライトは美容業界の造語であり、実際には脂肪となんら変わりがないと言われています。

ですので、揉みだしをしても脂肪は減りませんし、あまり効果は期待できない可能性が高いと思います。

 

まとめ

太ももの内側のたるみを引き締めるためには、捻れを改善し、循環を改善すること。

決して鍛えることがすべてではなく、こういうところにも目を配ることでこれまでうまく改善しなかったこともまた違う変化を感じれるようになります。

最後に今日のまとめをしていきたいと思います。

今回のまとめ

  • 太ももの内側がたるむ原因は、脚の捻れや循環が悪いことで起こる
  • たるみを引き締めるためにはまず脚の捻れを改善すること
  • そして、日頃の姿勢や動作を改善する
  • 脂肪が多い場合は、ダイエットを行う

このような内容でお送りしていきました。

今回の内容が、太ももの内側のたるみで悩む方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめのジム

  • リボーンマイセルフ
    →女性専門。全国にあり、圧倒的な女性の身体作りの実績あり。カウンセリングの質の高く、的確なアドバイスがもらえ、無料体験でもかなり親身。
  • エクスリム
    →男女兼用。関西・関東にあり、姿勢や動作、生活習慣の問題点の分析に優れている。
  • リタスタイル
    →男女兼用。九州・岡山にあり、とにかく相談しやすく、人見知りの方におすすめ。一番丁寧。
  • IzuruStyle
    →僕のところ。兵庫・神戸にあり、特に下半身の悩みの相談が多い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る