太ももの筋肉が太いと悩むなら鍛えるのはNG【考え方はシンプル】

お尻・太もも

この記事では、太ももの筋肉が太い原因と細く引き締める方法を解説します。

 

太ももの筋肉が太い=速筋が刺激を受けた

今、太ももの筋肉が太いと悩んでいる方は、鍛えることをせずに別の方法を選択した方が、太ももを細くできるはずです。その理由は、以下の通りです。

筋肉が太くなる原理

そもそもなぜ太ももの筋肉が太くなってしまうのでしょうか?最大の理由は、

太ももの筋肉の速筋が刺激を受けた

ということです。

筋肉には、大きく分けて速筋と遅筋という2つのタイプの筋肉が存在し、

  • 速筋が刺激を受ける=太くなりやすい
  • 遅筋が刺激を受ける=細くなりやすい

という特徴があります。つまり、太ももの筋肉が太いと悩んでいる方は、今過ごしている毎日の時間の中で、速筋に何かしらの理由で刺激が加わっているはず。

速筋が刺激を受ける条件は主に5つ

では、どういうことをすれば速筋に刺激が加わってしまうのでしょうか?主に5つあります。

  1. 大きな力を発揮する
  2. 筋肉が伸ばされながら力を発揮する(エキセントリック)
  3. 低酸素状態になる(加圧・スロートレーニング)
  4. 反動を使う
  5. 素早く動く

このどれかの刺激を受けると、太ももの筋肉が太くなる可能性があるんですね。

よくあるケースは2つ

僕はパーソナルトレーナーとして現場で指導していて、太ももが太いと悩む方からよく相談を受けますが、大体①~③のどれかの刺激を受けていることが多い気がします。

もう少しわかりやすい例だと、

  • 地面を突くように着地をする→エキセントリックな刺激
  • スクワットなどのやり方がまずい→エキセントリックな刺激
  • ランニングフォームに問題あり→大きな力を発揮
  • トレーニング内容に問題あり→エキセント&大きな力
  • 自転車のペダルを連続的にこぐ→低酸素

こういったことをしてしまっているから、太ももの速筋に刺激が加わり、結果太くなっていると考えられます。

さらに、太ももの筋肉が太いと感じている方って大体、

  • 太ももの前側
  • 太ももの外側

あたりが太いと悩んでいませんか?もしそうであれば、それらの部位によく刺激が加わっているってことですよね。

であれば、刺激を抜く、もしくは別の部位に刺激を加えれば太ももは筋肉は細くなり、悩みを解決できることになるはずです。これは後程お伝えしますね。

もしかすると筋肉が太いのではないかも

もう1つ知識として持っておいてほしいのが、そもそも太ももに筋肉がついて太くなっているのではなく、

  • 脂肪
  • むくみ
  • 張り

この3つが原因で、“筋肉がついているように感じている”のかもしれません。

最近1ヶ月間で-5kgのダイエットに成功したクライアントさんがいて、その方はダイエット前まで太ももがカチカチで太い状態でした。

ただ-5kgすると、自然と太ももが柔らかくなり細くなったんですね。つまり、

太ももが硬くて太い=筋肉がついているだけではなく、脂肪が多い・むくみ・張りがあると筋肉がついたときと同じように感じる

可能性があるということです。

この辺りは個人によって太ももが太くなる原因をみつける大切さがよくわかるポイントだと思います。そもそもなぜ太ももが太いのか?

必ず個人によって太ももが太くなる原因は違うので、根本的な原因に目を向けることは、最も大事ですね。

 

身体の使い方を変えると太ももの筋肉は細くなる

では、どうすれば筋肉がついて太い太ももを細くできるのでしょうか?ポイントは、

太ももにかかる刺激をヒップに変える

ということ。4つほどご紹介します。

①体重を乗せる位置を踵にする

日頃つま先体重になっていませんか?つま先体重になると、

  • 太ももの前側の筋肉が張りやすい
  • 張ってくるとボコッと前に太ももが張り出てくる
  • 歩くときにつま先から着地し、太ももの速筋に刺激を受けやすくなる

などが起こり、結果太ももが太くなりやすいので、体重を踵(踝の真下)に乗せるようにします。ここですね。

体重を乗せる位置

身体の構造上、この位置に体重を乗せることが自然であり、ここに体重を乗せると骨で立つことができるため太ももへの刺激を最小限に抑えることができます。

②着地も踵にする

そして、歩くときや走っている時の着地もこの踵の位置に変えます。厳密に言うと、自然な状態で身体を使えていると、本来はこの踵の位置に体重が乗るはずです。

だけど、日頃の癖でつま先に体重が乗ってしまっている。踵に自然に体重が乗るためには、身体の使い方を変えること。

改善方法は、「正しい歩き方とは?改善方法を4ステップで解説」や「ランニングで脚が太くなる原因と脚やせする方法」で解説しています。

③トレーニング内容を見直す

日頃ジムや自宅でトレーニングをしている方は、

  • 強度などの内容
  • トレーニングフォーム

この2つに問題があるはずですので、これらを改善していけば太ももを細くしつつ、ヒップアップしてスタイルを良くすることができますよ。

トレーニングについては、「スクワットで脚やせする方法【やり方・コツを詳しく解説】」や「ジムで脚やせ効果を最大にするトレーニング方法5選&ケア方法」で解説しています。

④ダイエット+余分な水分を抜く

もし筋肉がついて太くなっているのではない場合、ダイエットをすれば太ももを細くできるはずです。

ダイエット方法については、「ダイエットの始め方を解説【食事内容・運動・コツも紹介】」や「ダイエット成功例:9ヶ月間で-16kgできた食事方法」を参考にしてみてください。

今よりも2~3kgできると、太ももの違いをよく実感できると思いますね。

これでも細くならない場合

もしここまでの流れが実践できてもなお太ももの筋肉が太いとなれば、

根本的な原因と改善方法が合っていない

という可能性が高いか、上記でお伝えしたやり方に問題があるはずです。

できるだけ自分で改善できることは自分でした方が安くつくのでいいと思いますが、いろいろ試してどうしても改善できない場合は、プロに相談した方が早いと思います。

根本原因をみつけるということに関しては、明らかに一般の方とプロの視点が違うので、新しい発見ができるはずですよ。

太ももの悩みでおすすめのパーソナルトレーニングジムは、

などです。上2つのジムは短期がメインで、下半身の悩み改善であれば間違いないところですね。

僕は短期をやっていないので、週1回ぐらいのペースで改善を目指したい方は気軽にご相談ください。3ヶ所とも無料体験をしているので、気軽に行ってみるといいと思いますよ。

詳しくは、「パーソナルトレーニングジムおすすめ8選【すべて無料体験あり】」で紹介しています。

 

太ももの筋肉が太い原因と細くする方法のまとめ

今回は、太ももの筋肉が太い原因と細くする方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 太ももの速筋が刺激を受けると、筋肉が太くなる
  • 速筋に刺激が加わる条件は、主に5つある
  • つま先体重だと太ももの速筋に刺激が加わりやすい
  • 踵体重、踵着地に変えると太ももは細くなり、ヒップアップする
  • ダイエットをすれば、さらに太ももは細くなる可能性がある

こういった内容をお伝えしていきました。

途中でもお伝えしましたが、本当に大事なことって根本的な原因をどれだけきちんとみつけられるかだと思います。

それができると、毎日気持ち良くパンツやスカートを履けると思いますし、今以上に楽しい時間が増えるはずですね。

ちょっとしたことを変えれば、今抱える太ももの悩みは解決できるはずですので、少しでも理想の自分に近づけるように一緒に改善しつづけましょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい

人気記事ふくらはぎを細くする方法をトレーナーが解説【中学生でもできる】
人気記事トレーナーの僕がおすすめする着圧ソックス・レギンス3選



美脚・筋トレのまとめ記事

美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】≫美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】
筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】≫筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】

パーソナルトレーニングのお申込はこちらからどうぞ

【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容≫【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容
【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ≫【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ
【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内≫【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内
オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】≫オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】