太ももが冷たい原因と改善方法【血流を良くしよう】

僕はパーソナルトレーナーとしてクライアントさんの身体を改善するために指導していますが、特に女性の方の太ももが冷たく感じることがあります。

実際クライアントさんから太ももが冷たいと相談されることもありますが、この太ももが冷たくなる原因は血液の循環の悪さです。血液は熱を持っており、血流が良ければ冷たくなることはほとんどありません。

ただ現代人はストレスも多く、運動不足で筋肉が硬い方が多い。太ももだけに限らず、全身の循環が悪く身体が冷たくなっている方が多くなっています。冷えの改善に必要なことは、循環を改善することです。

この記事では、太ももが冷たい原因と改善方法について解説します。

 

スポンサーリンク

太ももが冷たい原因

太ももが冷たいという原因は、個人の身体によって異なりますが、以下のようなことが考えられます。

血液の循環が悪い

例えば、最近運動不足で仕事は座りっぱなし、家ではゴロゴロしたりスマホをよく触る。そんな方は、どんどん筋肉が硬くなっていきます。

筋肉が硬くなるということは、内圧といって血管を内側に締め付ける力が働いてしまうため、血流が悪くなります。血液は熱を持っており、滞りなく全身を循環すると太ももを含めた全身は温かいはずです。

だけど、太ももが冷たく感じる。こういう方は、

鼠径部や太もも全体の血液の循環が悪い

ことが原因で太ももが冷たくなっていると考えられます。クライアントさんの話を聞いていると、ただ筋肉が硬くなって循環が悪くなっているだけではなさそうです。

自律神経のバランスが乱れている

みなさんいろんな仕事をされていますが、どんな職場でも、

  • 上司と合わない
  • 同僚とのいがみ合い
  • 後輩が思ったように動いてくれない

など、いろんなストレスが溜まっているようです。仕事をしている方は、人間関係などでストレス溜まっていませんか?人はストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れてしまいます。

夜更かしや働きすぎ、薬の飲みすぎも自律神経のバランスを崩す原因と考えられています。自律神経が乱れてしまうと、

  • 血管が細くなり、血圧・心拍数が上がる
  • 循環が悪くなり、むくみやすくなる
  • 体温が下がり、低体温になる

こういった身体の変化が起こると考えられており、その結果太ももが冷たくなっている可能性もあります。この、

筋肉が硬い+自律神経が乱れている

という2つのことは、太ももが冷たいクライアントさんにはほぼ見られる症状でした。

便秘

さらに、自律神経が乱れると便秘も起こりやすく、特に女性の大半の方は便秘傾向にあります。

便秘というのは腸の中で便が詰まってしまうことですが、人の身体はつながりがあるため、便秘になって腸の働きが悪くなってしまうと周辺の組織も硬くなってしまいます。

その結果、お腹から下の循環が悪くなり、より太ももが冷たくなってしまう可能性があります。

低体温

また自律神経の乱れがない場合でも冷え性になっている方もいると思いますが、体温が下がって36度以下の低体温になっていると血管が細くなります。

そうすると太ももが冷たくなりやすいですし、同じように二の腕も冷たくなってしまう可能性があります。

太りすぎている

お腹がぽっこり出ている肥満気味の方は、脂肪がつきすぎるとお腹が圧迫され、血流も悪くなります。

丁度1年ぐらい前に、あえてデブエットといって10kgぐらいの増量をしていましたが、この時期に感じたことがあって、上半身はポカポカするのに、下半身が冷たくなったことがありました。

その原因は、おそらくお腹が出過ぎて圧迫された結果循環が悪くなったことが原因だったと考えられました。このように、太りすぎも太ももが冷たくなる原因となる可能性があります。

ここまで、太ももが冷たくなる原因を解説しましたが、この冷えを改善するためには、これらの原因を取り除ければいいということになります。具体的に、どのような方法で温めていけばいいのでしょうか?

 

冷たい太ももを改善する方法

まず最初にすることは、自然体に直すことだと考えています。自然体というのは、

  • 全身の筋肉が柔かい
  • 自律神経が整っている
  • 余分な脂肪がない状態

こういった身体をイメージしています。筋肉や身体の機能などが自然な状態であれば、太ももが冷たいということは起こらないはずです。

ですので、最初にすることは自然体に直すこと。では、どうやって自然体に直せばいいのでしょうか?順に解説していきますね。

全身の筋肉を緩める

まず最初に行うことは、全身の筋肉をリラックスさせて気持ち良く動かすこと。そうすると、硬い筋肉は徐々に弾力取り戻し、循環も改善されていきます。

いくつか具体的な方法をご紹介します。

前屈(身体を前に倒す)

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も少し開く
  2. 全身をリラックスさせておく
  3. へそ辺りを後方にずらし、上半身をぶらんとたらすように前屈する
  4. このとき、腰から上半身はただぶら下がっているイメージ
  5. 太ももの裏や腰が緊張しない位置まで前屈し、元に戻る
  6. これを20回行う

前屈のポイントは、身体を前にお辞儀させるというイメージではなく、骨盤辺りを後方にずらすことで上半身がぶらんと垂れるような感覚です。身体が勝手にお辞儀するような感覚でできると、より筋肉は緩んでいきます。

後屈(身体を後方に軽く倒す)

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も少し開く
  2. 全身をリラックスさせておく
  3. へそ辺りを前方にずらし、上半身を軽く後ろに倒す
  4. このとき、腰から上半身はただぶら下がっているイメージ
  5. 太ももの前側や腰が緊張しない位置まで後屈し、元に戻る
  6. これを20回行う

後屈のポイントは、大きく身体を後方に反らせないことです。大きく身体を反らしてしまと、腰回りが緊張して筋肉が緩みづらくなります。ですので、これぐらいでいいの?と思うぐらい浅くてOKですね。

側屈(身体を側方に軽く倒す)

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も少し開く
  2. 全身をリラックスさせておく
  3. 骨盤を側方にずらし、身体を反対側に軽く倒す
  4. このとき、腕もつけていき、体側を軽く伸ばすイメージ
  5. そこから、腕や体幹部をだらんとリラックスさせるように元に戻す
  6. これを20回行う

こういったことは実際パーソナルトレーニングの中でも行っていて、身体を気持ち良くいろんな方向に動かすことで筋肉が緩み、それだけでポカポカしてきます。

体操をより詳しく解説した記事「体操でお腹を引っ込める9つの方法【気持ち良く動くだけ】」もあるので、合わせて参考にしてみてください。

また筋肉を緩める方法って本当にいろいろあって、興味がある方は「筋肉を緩める方法はストレッチ意外にもたくさんある【6種類ご紹介】」も合わせてご覧ください。

自律神経を整える

次に行うことは、自律神経を整えることです。自律神経を整える方法の1つに、一定のリズムを感じるということがあります。

方法しては何でも良くて、

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 縄跳び
  • 呼吸をする

など、一定のリズムを刻んで、そのリズムを感じることができると脳からセロトニンという物質が分泌されます。このセロトニンが副交感神経を刺激し、自律神経が整うと言われています。

実際に現場でいろいろ試した中で、最もクライアントさんに変化を実感してもらえたのが呼吸です。この方法をご紹介しますね。

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. 両手をお腹の上に置き、全身リラックスしておく
  3. 鼻から軽く息を吸い、気持ちお腹を膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、お腹を軽く凹ませる
  5. 気持ち良く深呼吸を繰り返し、これを5分間繰り返す

この腹式呼吸をしているとき、両手のひら全体をお腹に軽く当てておくと、その下の組織も緩んでより循環が改善されます。

これを寝る前にしてもらうと、翌朝スッキリ目覚められるようになった方も多かったので、太ももの冷たさだけでなく、身体のだるさに悩んでいる方にもおすすめですね。

お腹周りを緩める

この腹式呼吸を行った後、次はお腹周りを緩めていきます。お腹が詰まっていると太ももの血流も悪くなりますし、緩めることで便秘や循環が改善できます。

具体的な方法を2つご紹介します。

お腹を軽く擦る

手順

  1. 仰向けの状態で、お腹に軽く手を沿える
  2. 赤ちゃんを優しく撫でるように、お腹をのの字に擦る
  3. これを2分間行う

腸を刺激

膝を胸に引き寄せる

手順

  1. 仰向けの状態で、おへその横に両手を添える
  2. 膝を90度に立て、息を吐きながら片側ずつ膝を軽く胸に引き寄せる
  3. これを2分間行う

動画では見やすいようにお腹から手を離していますが、実際行うときはお腹に手を添えてくださいね。こうすると、お腹は緩んで柔らかくなっていきます。

身体を温める

ここまでできると、後は日頃から身体を温める習慣をつけていきます。実際にクライアントさんに実践してもらって、よく効果を実感できたのは以下の通りです。

熱めのお風呂に浸かる

太ももの冷えがある方の場合、シャワーで済ませてしまう方が多かったんですが、それをお風呂に浸かって身体を温めるようにしてもらいました。

そうすると、睡眠の質も変わってきてよく眠れるという方も増えていきました。

小豆パックでお腹を温める

セッションのときに好評だったのは、小豆パックでお腹を温めるということでした。

これはレンジで温めて何回でも使えるため、経済的ですよね。実際に自分で買ったクライアントさんもいて、お腹が冷えやすい女性には特におすすめですね。

生姜紅茶

これは僕がハマったものですが、日頃はよくコーヒーを飲むんですけど、それを生姜紅茶に変えてみた時期がありました。

生姜は身体を温める作用がありますが、生姜紅茶はおいしいですし、本当に身体がポカポカしてきます。こういう飲み物を活用するのもありです。

ちなみに生姜パウダーというのもあって、これを食事にかけたり、飲み物に入れたりするのもわりとよかったですね。

生活・食習慣を正す

最後は、夜更かしせず早寝早起きをする、食生活を正すということを徹底していきます。これらの乱れは、自律神経の乱れと大きく関係していますし、肥満にもつながるため改善は必須と言えます。

こういった、原因に合わせて改善方法を行うことで、冷たいと悩んでいた太ももは温かくなっていくので、ぜひ参考に実践してみてくださいね。

 

太ももが冷たい方に伝えたいこと

最後に、一般的に言われることがある太ももが冷たいときの改善方法について、僕なりの考え方をお伝えします。

筋肉量はそこまで関係がない

太ももの冷えだけに限らず、冷え性改善のためには筋肉をつけましょうと言われますが、冷えと筋肉量はイコールではありません。

筋肉が小さい子供は体温が高く、筋肉が大きい大人で冷え性の方は多いですよね?問題は循環です。ですので、太ももの冷えに悩む方は、筋肉量を気にせず循環を改善することが必要だと考えています。

骨盤の歪みは誰でもある

骨盤の歪みもよく言われますが、骨盤の歪みは誰にだって多かれ少なかれあります。僕もありますが、常に体温は36.5度を超えていますし、太ももの冷えはありません。

原因の1つにはなりますけど、筋肉を緩めれば改善できるので、そこまで強調して問題視する必要はないと思います。

月経との兼ね合い

実際にクライアントさんの身体の変化で感じていますが、月経前後で太ももが冷たく感じる方がいます。

常に太ももが冷たいというわけではなく、月経前後に冷たく感じる方は、月経による身体の変化が関係している可能性が考えられます。

マッサージだけでは改善しない

太ももが冷たいからと言って、太ももだけをマッサージしていてもうまく冷えは改善できません。なぜなら、身体は影響し合うため、基本的には全身を緩めることです。

全身が緩み、循環が改善できると部分である太ももは温かくなってくるはずですので、あまり部分的なマッサージもしなくてもいいかなと考えています。

 

血流を改善して冷たい太ももを改善しよう

今回は、太ももが冷たい原因と改善方法について解説しました。

今回の記事の内容

  • 太ももが冷たい原因は、血液の循環不良
  • 改善のためには、まず自然体に直すこと
  • 筋肉を緩め、循環を改善し、身体を温めること
  • そうすると、太ももの冷えは改善できる

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

伊藤出(いとう いずる)

パーソナルトレーナーの31歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIzuruStyleオープン)。

【指導経歴】
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

>>プロフィール詳細
>>IzuruStyleについて
>>コース一覧
>>お客様の感想
>>無料体験
>>お問い合わせ

  1. 野球選手にしてほしい体幹トレーニングの方法【目的を明確に…

  2. ウォーキングで膝上の肉を落とす方法【基本的に難しい】

  3. 体を細く引き締める方法まとめ【理想の身体を目指そう】

  4. ダイエット目的でジョギングしても痩せない人に知ってほしい…

  5. ランニングでアキレス腱に痛みが出る原因と改善方法

  6. 手首が太い原因は循環が悪いから【むくみを改善すれば細くな…

  7. ウォーキングをするだけでお腹をへこます方法【歩き方が重要…

  1. スクワットの効果とやり方を解説【目的によって変わる】

  2. 下腹がぽっこり出る原因と解消する方法【ダイエットも行う】…

  3. 太ももの外側がポコッと張り出す原因と4つの改善方法【筋ト…

  4. 太ももの付け根が太い原因と細くする4つの方法

  5. お腹が出る原因と引っ込める方法【トレーニング・ダイエット…

  6. 太ももの前側がパンパンに張る原因・細く引き締める5ステッ…

  7. ヒップアップして美尻になる方法【トレーニング・エクササイ…

  1. ヒップアップスパッツおすすめ6選をランキングで紹介【トレ…

  2. 【簡単】シェイプアップインナーを使ってお腹を引っ込める方…

  3. 二の腕の引き締めに役立つグッズ5選【口コミも紹介】

  4. 脚やせにおすすめのグッズ9選をランキングで紹介【効果・選…

  5. おすすめのホットヨガスタジオ5選【シェイプアップにも効果…

  6. 脚やせにおすすめのレギンス・ソックス5選をランキングでご…

  7. パーソナルトレーニングジムのおすすめ9選を紹介【徹底比較…