大転子の出っ張りを引き締める2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

太ももの外側がポコッと張り出していて、その悩みを調べているとどうも“大転子の出っ張りが原因らしい”とわかってきた。そして、大転子を引き締めるためには、ストレッチやその部分を押せばいいとわかってきた。

もし、そんな情報を知っている方は、おそらく太ももの外側をうまく引き締めることはできないかもしれません。というのは、大転子そのものは外側に出っ張ってしまうということは構造上できないんですね。

太ももの外側を引き締めたい方は、股関節を整えることで今感じている大転子の出っ張りを引き締めることができるはずです。

今回は、そんな大転子の出っ張りについてや太ももの外側の引き締める方法について解説していきます。

 

スポンサーリンク

大転子の出っ張りを感じる原因

大転子の出っ張りについては、まず構造から知っていただくと理解しやすいと思うので、そこから解説しますね。

大転子の出っ張りは元々ある

大転子と言われる部分は、太ももの骨の大腿骨と言われる外側の部分の出っ張りのことを言います。

大転子

この骨の形状からわかる通り、元々大転子は出っ張っているんですね。

ただ、自然な状態であれば自分の太ももの外側辺りを見たときに、

クライアント
ポコッと張り出てる。

と感じることはないんですね。つまり、本来はこの部分は見た目としては出ていないのが自然な状態です。でも、何らかの原因で、この画像の女性のようにポコッと出てしまう。

太ももの外側の膨らみ

なぜこのような出っ張りができてしまうのでしょうか?それは、股関節が捻じれてしまっていることが1つの原因です。

大転子の出っ張り=股関節の捻れなどが原因

大転子が出っ張っていると感じている方は、太ももの外側の張りで悩まれていると思うんですね。

ここについては、「太ももの外側がポコッと張り出す原因と4つの改善方法」で詳しく解説していますが、股関節が捻じれてしまうことで本来お尻にある脂肪などが太ももの外側に引っ張られてします。

その結果太ももの外側がポコッと張り出し、それを、

クライアント
大転子が出っ張っている。

とネットなどの情報で知り、大転子が出っ張っているという悩みになっているのかなと思いますが、そもそもの問題は、

大転子ではなく、股関節の捻じれなどが問題

です。さらに、股関節は外方ずれといって、若干外側に抜けるような動きをしてしまうことがあり、こういうことでも大転子が出っ張っているように感じる原因の可能性があります。

つまり、太ももの外側の膨らみは、大転子が出っ張っているから起こっているのではなく、股関節が捻じれてしまった結果起こっているということなんですね。

大転子の出っ張りの根本原因は姿勢・動作

では、なぜ股関節が捻じれてしまい、大転子が出っ張っているように感じてしまうのでしょうか?それは、日頃の姿勢や動作に問題があるからです。

座り方や立ち方、歩き方などに問題があることで股関節が捻じれる。結果、太ももの外側が張り出すということが起こってしまう。ですので、大転子が出っ張っていると悩んでいる方は、

筋肉を緩め股関節の捻れ、姿勢や動作を改善することで引き締めることができる

ということになります。これは実際に改善方法を実践していただくと、わかると思うので、ぜひ体感してみてくださいね。

 

大転子の出っ張りを引き締める2つの方法

以下の方法を試してみてくださいね。

いずる
実際に行う前に、大転子辺りの膨らみを確認しておいてください。できれば、片側だけするとその変化がよくわかると思います。

動かして股関節を整える

手順

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開く
  2. 右側の外くるぶしを軽く地面にこするように膝を曲げていく
  3. 股関節が緊張しない位置まで引き上げる
  4. そこから同じように外くるぶしを地面にこするように膝を伸ばす
  5. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを内側に捻る
  6. 元の状態に戻り、再度繰り返す
  7. これを2分、できる方は5分行う

※地面が滑りの悪い場所だと、股関節周辺が緊張して捻じれが改善しづらくなります。できれば布団の上や靴下を履いてフローリングなどで行ってみてください。

いずる
この後に一度太ももの外側に触れてもらうと、少し凹んでいることがわかると思います。

しゃがみ込みで股関節の捻れを改善する

しゃがみ込みをするときに、体重をこの赤い丸の位置に乗せるので最初に確認しておいてくださいね。

体重を乗せる位置

手順

  1. 足を肩幅ぐらいに開く
  2. つま先は違和感のない程度に開く
  3. 体重は踝の真下(上記の足裏画像の赤い丸のところ)に乗せる
  4. そのまましゃがみ込み、膝とつま先を同じ方向に向ける
  5. その状態で、小さくバウンドし1分間×3セット繰り返す

足幅、つま先の向きはだいたいこれぐらいです。

足幅

このまましゃがみ込み、小さくバウンドしていきます。

これらを毎日続けると太ももの外側が引き締まっていきます。さらに効果を実感したい方は、「太ももの外側が太いと悩む方に伝えたい引き締める7つの方法」でお伝えしている方法を試してくださいね。

ここまでの流れができると、大転子が出っ張っていると感じていた部分の引き締まりを感じれるはずなんですね。次は、日頃の姿勢や動作を改善していきます。

大転子の出っ張りを根本的に改善する

大転子が出っ張っているように感じた根本的な原因は、日頃の立ち方や歩き方でしたよね。ですので、股関節が捻じれてしまわないような姿勢や動作に改善する必要があります。

これらについては、

を参考に改善してくださいね。

こういった流れができることで、大転子が出っ張っていると感じていた部分を引き締めることができると考えています。

 

大転子の出っ張りが気になる方におすすめしない方法

ここまでは、大転子の出っ張りを感じる原因と改善方法についてお伝えしていきましたが、一般的に行われている改善方法について僕の考え方をお伝えしていきますね。

矯正について

個人的には、矯正=強制だと思っていて、強制的に直したものは持続性もないですし、反発が起こるはずです。

つまり、筋肉が緊張する可能性もあるため、矯正はあまりおすすめしないですし、太ももの外側の張りについてはそこまで効果はないと思います。

股関節の捻れが原因と考えると、その捻じれは筋肉を緩めることで改善が可能ですので、必要なことは気持ち良く股関節を動かすことだと思います。

ストレッチについて

ストレッチ自体は、方法としては適切だと思いますが、その内容が重要になってくるんですね。ストレッチの目的は筋肉を緩めることですので、うまくできると太ももの外側を引き締めることができる。

ただ、トレーナーの中でもストレッチが最も難しいと言われており、一般の方にはあまりお勧めできる方法ではありません。

ストレッチについては、「太ももの外側をストレッチしても痩せない理由と改善方法」で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

まとめ:大転子の出っ張りは股関節を整えると改善する

今回は、大転子の出っ張りの原因と改善方法についてお伝えしていきました。

今回の内容のまとめ

  • 大転子はそもそも出っ張っている骨である
  • 大転子単体で出っ張ることはない
  • 大転子が出っ張っていると感じるのは、股関節の捻れが原因
  • 股関節の捻じれを改善すると太ももの外側は引き締まる
  • そして、それを維持するためには姿勢や動作を改善すること

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも大転子の出っ張りで悩んでいる方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る