まっすぐな脚になるためには下半身の筋肉を緩めること【筋トレ不要】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

X脚やO脚のように脚が捻じれてしまっていると、脚を出すファッションをしづらくなりますし、できれば誰かに見られたくないなんて気持ちになるかもしれませんね。

そんな捻れた脚をまっすぐな脚にするためには、まず徹底して筋肉を緩め、筋肉の緊張のバランスを整えることです。そうすると、脚はまっすぐになるんですね。

今回は、実際にクライアントさんに指導した例でまっすぐな脚になる方法を解説します。

 

スポンサーリンク

脚が捻じれる・歪む原因

先日クライアントさんに、

クライアント
どうすればまっすぐな脚になれますか?

と相談をされましたが、この方にはそもそもなぜ脚が捻れてしまったのかというところから解説をしていきました。もし、同じような悩みを持つ方は、なぜ脚が捻じれてしまったのでしょうか?

いずる
立ち方の癖とかが参考になると思うので、少しご自身に置き換えて読み進めてみてくださいね。

病院勤務の方の場合

クライアントさんは病院に勤務されており、患者さんを診察したり手術を担当することもあるそうなんですね。

診察をするときに専門の機材を使って診察をしますが、この機材を扱うためにペダルを足で踏んで操作をしています。

この機材は院内でも他の方も使うため、ペダルの位置が固定されていました。これが、脚が捻じれる原因になっていたんですね。

ペダルの位置関係と脚の捻れ

クライアントさんにすれば、固定されているペダルの位置は少し遠く、脚を伸ばしてやっと届くような位置に設定されていました。

足の親指あたりでペダルを踏み、脚を内側に捻じるようにしないとうまく踏み込めなかったそうですが、結果このときの動作の繰り返しによって脚が捻じれてしまったことが見えてきました。

クライアントさんは、脚の内側の筋肉が硬くなっており、X脚のような状態になっていたんですね。

いずる
読者の方の場合は、日頃足の外側や内側に体重が偏ってしまうことってないですか?それらが脚が捻じれる原因になっている可能性が高いです。

結論から言えば、このクライアントさんの脚は、

  • 脚の筋肉を緩める
  • しゃがみ込みを繰り返し、筋肉の緊張のバランスを整える
  • ペダルの位置を変えてもらう

ということをした結果、脚の捻れを改善することができました。

いずる
この方の脚が捻じれていた原因ペはダルの位置でしたので、それが改善できたことが一番大きいですね。

続いては、別の方の脚が捻じれた原因を見ていきますね。

歯医者勤務の方の場合

歯医者に勤務されている方の場合、患者さんの歯を見るときの体勢が問題でした。

立った状態で診療台に横たわった患者さんを上から覗くような姿勢になり、このときに脚が内股のような状態になったり、つま先立ちになったりしていました。

イメージ的には、このような立ち方ですね。

脚を内側に捻じる

脚の外側の緊張が強く、ふくらはぎも張っており、脚は全体的にむくんでいました。

この方の改善方法は、先ほどのクライアントさんと似ていて、

  • 脚全体の筋肉を緩めて、捻れを改善する
  • 仕事場に小さな台を置いてもらい、脚を内側に捻じらないようにする

この2つのことをすると、うまく脚の捻れを改善することができました。

個人によって原因は変わる

あくまでも、このクライアントさんの場合はこういった原因でしたが、脚に悩まれている方は、まず原因を明確にしてほしいんですね。

  • 脚の捻れを改善する(筋肉を緩める or トレーニング)
  • 根本原因である姿勢や動作を改善する

この2ステップができると、脚をまっすぐにすることは可能です。

僕のところでは無料体験の中でお伝えしていますし、遠方で来られない方でも、以下のパーソナルジムでは無料体験の中で原因を発見しアドバイスをくれるので、ぜひ活用してみてくださいね。

  • リボーンマイセルフ
    →女性専門。全国にあり、圧倒的な女性の身体作りの実績あり。カウンセリングの質の高く、的確なアドバイスがもらえ、無料体験でもかなり親身。
  • エクスリム
    →男女兼用。関西・関東にあり、姿勢や動作、生活習慣の問題点の分析に優れている。
  • リタスタイル
    →男女兼用。九州・岡山にあり、とにかく相談しやすく、人見知りの方におすすめ。一番丁寧。
  • IzuruStyle←僕のところ
    →男女兼用。兵庫・神戸にあり、さまざまな目的の方に対応。クライアントさんの8割は女性。

※無料体験後に勧誘されるのも嫌だと思うので、全て勧誘をしないところを選んでいます。

その他のパーソナルジムを知りたい方は、「パーソナルトレーニングの体験が受けられるジム7選【無料】」も参考にしてみてくださいね。

 

まっすぐな脚に近づく方法

では、ここからは、具体的にどのような方法で脚の捻じれを改善し、まっすぐな脚にすればいいのか解説していきますね。

股関節と膝関節の調整について

手順

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開く
  2. 片足の外踝を地面に軽くこするように膝を曲げていく
  3. 股関節が緊張しない位置まで曲げられたら、再度膝を伸ばしていく
  4. 膝が伸び切ると同時ぐらいに太ももを軽く内側へ捻る
  5. そして元の状態に戻り、これを2分間繰り返す

足関節の調整

手順

  1. 座った状態で、脚を組み足首から先を出しておく
  2. その状態でつま先付近を持ち、足首回しを行う
  3. このとき、つま先を持つ手と逆側は踝の上辺りを抑えておく
  4. ぐりぐりならない程度に気持ち良く2分間回し、逆回しを行う
  5. 逆側も同じように行う

動画では片手で行っていますが、本来は逆の手で踝辺りを押さえて動かないようにサポートして行ってくださいね。

もっと詳しく知りたい方は、

これらの記事を参考にしていただくと、よりまっすぐな脚に近づくことができると思います。

 

トレーニングによってまっすぐな脚に近づける方法

次にご紹介する方法は、体重を乗せる位置がポイントになります。

体重ポイントについて

まっすぐな脚に近づけるためには、まずこの赤い丸の位置に体重を乗せるようにします。

体重を乗せる位置

この位置は内踝の真下付近になり、足裏全体でバランスよく体重が支えられるポイントになります。まずは、この位置に体重を乗せることを理解しておいてくださいね。

トレーニング方法

手順

  1. 足を肩幅に開き、つま先は少し外側に向ける
  2. 体重を先ほどの赤い丸印、踵に乗せる
  3. その状態でしゃがみ込み、つま先と膝を同じ方向に向ける
  4. 小さくバウンドをし、お尻の付け根に意識を向けて繰り返す
  5. 100×3セットほど繰り返す

こういった方法でトレーニングを行うことで、脚全体の筋肉の緊張のバランスが整い、まっすぐな脚に近づきます。

ただ、これだけで終わってしまうとまた日常生活の中で脚が捻じれてしまうので、続いては姿勢や動作の改善に移ります。

≫関連記事:太ももをトレーニングで引き締める4つの方法

 

日常生活の姿勢や動作を改善する

では、ここからは、立ち方と歩き方について解説していきます。

立ち方について

これは一連の流れを実践していただくことで、より理解しやすいと思うので、ぜひ試しながら読み進めてみてくださいね。

手順

  1. 硬めの椅子に座り、お尻の下にある骨を感じる
  2. その状態から、へそを軽く突き出すように骨盤を前傾させる
  3. 次は、リラックスするように骨盤を後傾させる
  4. この骨盤の前傾、後傾という動きを繰り返し、腹背筋共に楽に感じるポジションを探す
  5. その位置がみつかると、顔を前に送り、お辞儀する
  6. 椅子からお尻を浮かし、両足の踵に乗る
  7. 踵に乗ったらまっすぐ立ち上がる

骨盤を前傾させる

骨盤の後傾

踵の体重を乗せる

まっすぐ立ち上がる

この流れで立つことができると、ご自身の踵で立つことができ、非常に楽に立てていると思います。その流れのまま、歩き方に移行しますね。

歩き方について

歩き方についてはまとめると、

手順

  1. 重心を引き上げる
  2. 肩はリラックスさせる
  3. みぞおち、もしくは胸辺りから脚が生えているイメージを持つ
  4. 胸辺りを前に運んでいくようなイメージで、重心を前に軽く運ぶ
  5. 手足はリラックスさせた状態
  6. 後方の足は少し置いていくようなイメージ

重心の位置

歩く

このように重心を前に移動させることができると、自然に体重は踵に乗ってくるので、このような歩き方ができれば脚の捻れも改善することができます。

こういった立ち方や歩き方について改善することも、まっすぐな脚を維持するためには、非常に重要なことですので、ぜひ実践してみてくださいね。

より詳しい姿勢や動作については、こちらを参考にしてみてください。

 

一般的に言われるまっすぐな脚にする方法

ここからは、一般的に行われやすいことを個人的な考え方と合わせて解説していきます。

整体

身体の歪み、捻じれを改善する方法の1つとして、整体がイメージしやすいと思いますが、整体そのものは素晴らしい方法だと思います。

ただ、最も大事なことは施術者の技術が問題となるため、整体院を選び、腕の良い整体師さんにしてもらうとまっすぐな脚に近づけるはずです。

矯正

整体師さんが行う方法の1つに矯正があります。いわゆるボキボキならすような方法ですが、この方法はあまりおすすめできません。矯正=強制であり、非常に身体にかかる負担も大きくなる可能性があり、事故も多発しています。

無理に身体を整えようとするのではなく、もっと気持ちのいいことを行い、筋肉を緩めれば身体の捻れや歪みは改善します。

ですので、矯正は本当に技術力がある方のもとで受けられるのであれば別ですが、一般の方にはあまりおすすめできない方法です。

筋トレをする

先ほど、トレーニングで脚の捻じれを改善していきましたが、一般的に言われる筋力を高めるようなトレーニングは必要ありません。

脚が捻じれる主な原因は、日頃の姿勢や動作の癖によって筋肉の緊張のバランスが崩れたために発生するものです。

ですので、重要なことはこの筋バランスを整えるために何をするのか、ということになります。

鍛えることは必要ではなく、ただやみくもに鍛えてまっすぐな脚を目指そうとしている方は、少し方向性を考え直した方がいいかもしれません。

≫関連記事:ジムで脚やせ効果を最大にするトレーニング方法5選&ケア方法

 

まとめ:筋バランスを整えてまっすぐな脚を目指そう

最後に、今回の記事をまとめます。

  • 脚が歪む原因は、仕事場での癖や立ち方など人のよってさまざま
  • まっすぐな脚にするためにはまず筋バランスを整える
  • そして筋バランスが崩れてしまう原因を改善する
  • 立つ、歩くなどを日常での姿勢や動作を直す

こういった内容をお伝えしていきました。

まっすぐな脚になるためには、崩れてしまった筋バランスを整えることです。そして、その筋バランスを崩してしまう原因となった、立ち方などの癖を改善することでまっすぐな脚へと近づいていきます。

特別難しいことが必要になるわけではなく、日頃の中でちょっとしたことを気をつけることで身体も変わっていきます。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る