スクワットをしても効果がない理由と効果を出す方法

シェイプアップ方法

この記事では、スクワットをしても効果がない理由と効果を出す方法について解説します。

 

スクワットをしても効果がない理由

スクワットをして、太ももが細くならない、ダイエットがうまくいかない、身体が変わらないなどの理由は以下の通り。

  1. 目的とスクワットのやり方がズレている
  2. 量や頻度が足りない
  3. 食事の量が多すぎる
  4. 始めて間もない

一言で言えば、

効果のないようなスクワットをしているということであり、効果が出るようにスクワットをすれば身体は変わる

ということですね。それぞれ解説します。

①目的とスクワットのやり方がズレている

そもそもスクワットは、どんな目的があって行っていますか?

  • 太ももの前側の張りを改善したい
  • 内もものたるみをスッキリさせたい
  • ヒップアップしたい
  • ダイエットに成功するため

いろんな目的があると思いますが、おそらくこの目的に対してスクワットのやり方があっていないはずです。

例えば脚全体を細く引き締めたい場合、スクワットをするときに考えることは、

  • 足幅
  • つま先の向き
  • 重心位置
  • しゃがみ方
  • しゃがむ深さ
  • 扱う重量
  • 回数・セット数 など

ざっとあげただけでもいろいろ出てきます。

スクワットをしてもいまいち効果が出ない方は、目的に対してこういった条件が合っていないはずで、これらを見直す必要があります。

特にしゃがみ方の手順は重要で、

膝がつま先よりも出ないようにしゃがむ

という意識を持つとほぼ脚やせはできません。スクワットのフォームについては、後程目的別にお伝えしますね。

②量や頻度が足りていない

太ももを引き締めたり、ヒップアップするためには、

  • 量:回数やセット数など
  • 頻度:週に何回するか

これらも目的に対して適切に設定する必要があります。

例えば、太ももを引き締める目的で自重でスクワットを行うのであれば、

  • 量:1日合計で500~600回
  • 頻度:週2日

このぐらいの回数をこなして初めて本当に引き締めることができます。大体結果が出ないと悩む方は、この量が足りていない可能性が高いんですね。

ですので、本当にスクワットで身体の変化を求めるのであればこれぐらいの量をこなす覚悟が必要です。

③食事の量が多すぎる

これもよくあることで、スクワットでは結果が出ているのに、食事量が多すぎて脂肪がつき、スクワットの結果が見えづらくなるということがあります。

たまに、スクワットをして脚が太くなったと言う方もいますが、その中に、

スクワットを行っていた時期に食べ過ぎて太った結果脚が太くなった

という方がいます。こういう方の思考は、スクワット=脚が太くなるということになりますが、実際は食べ過ぎが根本原因だったりします。

食事が多すぎると、スクワットの効果は相殺されて見えづらくなることがありますね。

④始めて間もない

これはトレーニングをはじめて間もない方からよくある相談で、

スクワットをして1週間経っても脚が細くなりません。

と言われることがありますが、期間が短すぎます。微妙な変化は毎回起こりますが、本当に目指す美脚になるためには最低でも数ヶ月は必要でしょう。

結果を求めて焦るあまり、こういう短期間で結果が出ると思い込んでしまっていると、スクワットは効果ないと思ってしまうかもしれませんね。

では、このようにスクワットで効果を感じない方は、どうすれば求める効果を実感できるのでしょうか?

 

スクワットで効果を出す方法

考え方はシンプルで、効果が出ない原因を取り除けばOKです。

目的に対してスクワットの方法を変える

例えば、

  • 脚全体を引き締める
  • ヒップアップしたい
  • 筋肉をつけたい

これらの目的に対して、スクワットのやり方はすべて変わります。この目的に合わせたスクワットのやり方に変えると効果を実感できます。

目的に合わせたやり方は、以下の記事を参考にしてみてください。

これらの記事でお伝えしている内容を行うと、それぞれの目的に合った効果を実感できますよ。

適切な量や頻度を行う

適切な量や頻度の目安は以下の通りです。

  • 引き締め:基本的にできるだけ多くこなす(無限)
  • 筋肉をつける:10回で限界を迎えるぐらいの負荷で10回
    ※頻度はどちらも週2回でOK

この量や頻度については、「筋トレ時の適切な強度・負荷・回数・セット数・頻度を解説」で詳しく解説しています。

ダイエットをしつつスクワットも行う

もしダイエット目的でスクワットを行っている方は、基本的に食事の調節は必須です。なぜなら、

ダイエット=食事療法だから

です。どういうふうにダイエットを始めればいいか分からない方は、「ダイエットの始め方を解説【食事内容・運動・コツも紹介】」ですべて解説しています。

また、ダイエット中のスクワットは、筋肥大を目的にして行えばOKです。ですので、「スクワットで筋肥大する4つの方法【カッコいい身体を目指す】」でお伝えしているスクワットを実践してみてください。

約1ヶ月間まずは続ける

どうしても早く結果を出したい方もいると思いますが、まずは約1ヶ月間今行っているスクワットを続けてみてください。

そうすると、何かしら身体の変化を実感できるはずで、身体を変化させるためにはある程度長期間続ける必要があります。

ここは変えることができないことなので、最低1ヶ月間は続けてみてくださいね。

 

効果が実感できないことには必ず理由がある

今回は、スクワットをしても効果がない理由と効果を出す方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 目的とスクワットのやり方が合っていないと効果を実感できない
  • また、量や頻度、食事量が多すぎてもあまり効果を実感できない
  • 効果を実感するためには、必ず目的とスクワット方法を一致させること
  • また、ダイエットしたい方はスクワット+食事の調節が必須
  • 約1ヶ月間続けると、何かしらの効果を実感できる

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、スクワットについてより詳しく知りたい方は、「スクワットの正しいフォーム・やり方【効果・種類も解説】」も参考にしてみてくださいね。

人気記事筋トレ用のプロテイン・サプリのおすすめをサクッと3分で紹介
人気記事アイハーブ(iHerb)の商品の買い方を解説【10%割引あり】



美脚・筋トレのまとめ記事

美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】≫美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】
筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】≫筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】

パーソナルトレーニングのお申込はこちらからどうぞ

【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容≫【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容
【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ≫【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ
【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内≫【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内
オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】≫オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】