スポーツ業界に強い転職サイト+転職エージェント3選

       

今の仕事にやりがいを感じなかったり、以前からしたかったことがあって、これからスポーツ業界への転職を考えている。そんな方は、いろんなサイトやエージェントを活用することになると思うんですね。

ただ、実際転職するとなれば、どのサイトを使えばいいのか、どんなエージェントが良いのかわかりづらいところもあると思います。

そこで今回は、スポーツ業界に強い転職サイトや転職エージェントを3選ご紹介します。

 

スポンサーリンク

スポーツ業界に強い転職サイト+転職エージェント3選

結論から言えば、どこも大差はなく、気になった求人があればまず登録してエージェントに相談すればOKだと思いますね。

  • スポナビキャリア:スポーツ業界の求人数がNO.1で、他の転職サイトにない求人が多数。まずはここのエージェントに相談することがおすすめ。
  • アスリートプランニング:アスリート専用の転職サイト。アサヒ・日テレ・アディダスなど大手の求人が多数。
  • マッハバイト:転職サイトではないですが、大手のフィットネスジム・ストレッチ専門店などの求人が多くみつかる。

マッハバイトだけでは、エージェントがつかないですが、その他の2つはエージェントがつきます。

自分に合う仕事がみつかるかどうかだけ

結局、スポーツ業界への転職は、自分に合う仕事がみつかるかどうかなので、まずはエージェントに相談しつつ適性を見極めてもらって決めると一番いい方向に向かうと思います。

フィットネスジムなどへの転職は比較的に簡単ですし、そこまで難易度は高くありません。というのは、ジムも人手不足ですし、人材が確保できることを望んでいるので、即日合格もあり得ますね。

ただ、大手のスポーツ関連会社などへの転職は、逆にエージェントを通した方が採用してもらいやすくなるので、転職サイトはそれぞれ使い分ければOKですね。

スポーツ業界の求人は意外と多い

僕もパーソナルトレーナーとして、スポーツ業界に10年ぐらいいますが、常に人材不足と言われていますし、スポーツ業界って結構求人が多かったりします。

だけど、それを知らないことで、スポーツ業界=求人が少ないとなっていますけど、今はそんなことはありません。

オリンピック前ですし、求人もかなり増えてきていて、今が大きなチャンスとも言えますよね。逆に、今その波に乗らなかったら、オリンピック後は一気に求人は減る確率もあると思いますよ。

未経験者でも問題なし

ここで気になることの1つに、

転職を模索する人
未経験でも問題ない?

と思っている方もいるかもしれませんが、職種によると思います。ただ、基本的には未経験者でもOKですね。というのは、入社後に研修などで学べますし、ある意味一生勉強なので現在地はあまり関係がないですね。

素直で常に学ぶ姿勢があれば積極的に採用してくれるので、未経験かどうかはあまり気にしなくて大丈夫ですね。もし、パーソナルトレーナーとして独立を視野に転職する場合は、学んでから転職するのもありだと思います。

というのは、「トレーナーエージェンシー」というところでは、パーソナルトレーナーに必要な専門知識を学びつつ、そのまま就職・転職をサポートしてくれる制度があるんですね。

この場合は、こういうスクールに入って転職先を探すのも選択肢の1つだと思いますよ。

 

スポーツ業界に転職する前に知っておきたいこと

いざスポーツ業界に転職したけど、合わなかったということがないように、以下のことも少し参考にしてみてくださいね。

上下関係ははっきりしている

スポーツ業界は、特に上下関係がはっきりしている体育会系の職場が多く、社会人として必要な挨拶や言葉遣いができることは必須ですね。

また、ちょっとしたことに対しても気づかいができたり、相手を思いやることができると仕事もうまく回せるはずですが、逆に相手のことを考えられない場合は、かなり苦労するかも。

ある意味結果がすべてのところもありますが、成果を上げると手放しで褒めてくれたりするので、わかりやすく、やりやすい環境ではあると思いますね。

人間性だけでは足りない

これは一番個人的に思っていることなんですけど、スポーツ業界で働くには人間性が必要だとよく言われますが、正直人間性だけが良かっても、おそらくうまくいきません。

職種によっては、クライアントさんの身体に触れ、専門の知識や技術が必要になります。それらが不足していいわけがないですし、パーソナルトレーナーとして結果が出ないのは明らかに知識・技術不足なんですね。

ですので、人間性だけで良いわけでもなく、逆に知識や技術だけあれば良いということでもありません。両輪を回すことが何より大事ですね。

給料が低いとは限らない

スポーツ業界は、給料が低いというイメージがありますが、確かにフィットネスジムなどであれば手取り18万円前後になってしまうことはあります。

ただ、最近は基本給+歩合によって月50万円というのも全然ありえるので、スポーツ業界全体の給与が低いというわけでもないですね。

ある程度スポーツはできた方が良い

あと、もしトレーナー業に興味がある方はある程度スポーツができた方がいいですね。というのは、動作指導をするときに見本を見せますが、その見せた動きを選手が真似します。

もし、動きがぎこちなくスムーズでなかったら、その動きを選手が実践してしまい、マイナスになってしまう可能性があるんですね。

そういう意味では、ある程度スポーツができた方が良いかなと思いますね。絶対条件ではないですが。

 

スポーツ業界はやりがいの宝庫

今回は、スポーツ業界に強い転職サイト・転職エージェントを3選ご紹介しました。

今、転職を模索している方は、おそらく今の職場や仕事に満足行ったないと思うし、悩むことも多いと思います。そんな状況を変えることができるのは、行動のみですよね。

知らない世界には、人は不安などが大きくなりがちですけど、具体的なことを知ることで不安も消えていき、実際に転職することに対して現実味が出てくるはず。

ただ考えるだけでは今抱える悩みやモヤモヤを引きずって生きるだけですからね。記事を読み終わった後に、あなたが理想とする人生に向かってぜひ行動してくださいね。

今回の記事で紹介したサイト3選

  • スポナビキャリア:スポーツ業界の求人数がNO.1で、他の転職サイトにない求人が多数。まずはここのエージェントに相談することがおすすめ。
  • アスリートプランニング:アスリート専用の転職サイト。アサヒ・日テレ・アディダスなど大手の求人が多数。
  • マッハバイト:転職サイトではないですが、大手のフィットネスジム・ストレッチ専門店などの求人が多くみつかる。