ガリガリ体型に悩む女性が適度に太る方法【太りたい人必見】

       

街を歩いているだけ「骸骨みたい」「気持ち悪い」そんな陰口が聞こえてきて、外にも出れない。仕事場の同僚にガリガリで悩んでいることを打ち明けると嫌味に捉えられ、もうどうしていいかわからない。

そうやって、ガリガリな体型に悩んでいる女性から相談を受けたことがあるんですね。細すぎる体型に悩む女性は、もしかすると、太っている方よりも悩みが深刻で、さらに誰にも相談できなくて辛い。

もしそうやって悩んでいる方は、これからの毎日の生活を少しずつ変えていくことで、適度に太った女性に変わることができるはず。

今回は、そんなガリガリ体型に苦しみ、少しでも太りたいと思う女性に向けて、パーソナルトレーナーの僕が改善方法を解説します。

 

スポンサーリンク

女性がガリガリ体型になってしまう原因

そもそも、なぜ女性はガリガリ体型になってしまうのでしょうか?

細い=キレイと思い込んでいる

ガリガリ体型になってしまう大きな原因は、

モデルさんなどを見て、その体型が美しい、キレイと思い込んでいる

ということがあるかもしれません。もちろん、モデルさんなどは細くてキレイに見えますよね。でも、その姿が本当にあなたにとって理想かと言われると、違う可能性もある。

ガリガリ体型がキレイなのではなく、適度に引き締まり、つくとこにはつくみたいな体型が本当は魅力ある身体だと思うんですね。

この体型へのイメージがずれてしまうと、ガリガリ=キレイとなり、そこを目指した結果理想とは違うガリガリ体型になってしまう可能性があると思います。

食べる量が少なすぎる

ガリガリ体型で悩む方の中には食べられない、食べることが苦手と感じている方もいると思うんですね。

そういう方は、シンプルに、

食べる量が少なすぎる

ということが大きな原因になっているはずです。この場合、食べれば太れるわけなんですけど、そこがスムーズにいかない。なぜなら、食べられないことに悩んでいると思うから。

これは、後程詳しく改善方法を解説しますね。

運動をほぼしていない

食べる量が少ないと、どうしても気力も湧かないし、運動する気が起こらないかもしれませんね。

そういう方の筋肉って、どんどん硬くなっていって萎縮してしまう可能性があります。萎縮した筋肉は細くなるので、脂肪が少ない上に体型としてもガリガリに見えてしまう原因になるんですね。

こういう運動不足も、ガリガリ体型になる大きな原因の1つ。

食べてもおう吐する癖がある

また、以前は太っていたけどガリガリ体型を目指し、食べたものを吐くことをしていたなんて女性もたまにいます。

それだけガリガリ体型に憧れていたというところもあると思うんですけど、結果それで痩せた。自分の中ではそれが痩せられる方法と認識してしまい、習慣化されてしまった。

結果、ガリガリ体型の今でも食後には吐く癖があり、逆に太れなくなってしまった。これも悩みの種になっている可能性は高いんですね。

ガリガリ体型で悩む方の本当の原因

表面的なことを言えば、ガリガリ体型で悩む方の原因は、

  • 食べる量が少ない
  • トレーニングや運動が足りていない

主にこの2つが原因として考えられ、この2つを改善していけば太ることは可能なんですね。ただ、そんな簡単じゃないこともわかっています。

その前段階として、これらをどうすればいいかという問題もありますけど、そもそも食べられないし、運動できるぐらい体力もない。だからどうすればいいか悩んでいる。

ガリガリ体型からの脱却は、簡単ではありません。ただ、ステップをうまく踏んでいけば改善は可能です。ここからは、ガリガリ体型から適度に太る方法を解説していきます。

 

ガリガリ体型の女性が適度に太る方法

ここからお伝えする内容は、実際に163cm39kgの方が、1年間で48kgまで体重を上げられたときの実践例をもとに解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

食事量を少しずつ増やす

基礎知識として、1kg体重を増やすためには、

約7,200キロカロリーが必要

なんですね。これを1つの目安として、まずは食事の内容にこだわるよりも食べやすいものを探し、それを食べる習慣をつけていきます。

30日間で1kg太ろうと思うと、

1日240キロカロリー増

が目安になるので、それだけの量を今の食事に上乗せするように毎日していくんですね。240キロカロリーを増やすって、具体的には、こんな感じ。

  • 卵:3個
  • ツナ缶:1個
  • チーズバーガー:2/3
  • マフィン:1個
  • メロンパン:半分
  • カロリーメイト:2本半
  • 牛乳:約2杯
  • ご飯:1膳(おにぎり大1個)
  • 板チョコ:約半分

少しイメージ湧きますか?こういったものを毎日プラスし続けると、1ヶ月間で1kg太れる。そうすれば、半年間で6kg、1年間で12kg。

これでもうガリガリ体型は脱却できますよね。こう見ると、意外とできそうに見えてきません?ここで問題になるのが栄養。できるだけ栄養も摂っておきたい。

そんなときに丁度いいのが、青汁に牛乳を混ぜて飲むということです。これだと栄養も摂れつつ、1日240キロカロリーも摂れて、手間もかからない。実際に飲んでみて味も美味しくて、飲みやすかったのは、ドクターベジフルという青汁。

ドクターベジフル青汁

これは九州産の野菜が1杯で21種類も摂れるし、無添加なので健康面でもおすすめですね。これを1日1杯、牛乳に混ぜて飲む習慣をつけはじめて、徐々に量を増やせばそれだけでOK。簡単に誰でも続けられると思います。

こういった方法で、とにかく1日240キロカロリーを余分にプラスし続けることが、まず最初にやるべきことになりますね。

いずる
もちろん、240キロカロリーがきつい方は、半分ぐらいからのプラスでもOKですよ。

次は、身体を動かす習慣をつけていきます。

身体を動かす習慣をつける

いきなりハードなトレーニングに入るのはかなりきついし、続かないのでまずは体操などで身体を動かし、萎縮している筋肉を膨らませていきますね。

筋肉は緩めるとそれだけである程度膨らみ、見た目としてもガリガリじゃなく、しなやかさが出てくるので、ぜひ気持ち良く身体を動かしてみてください。ひとつの例としてはこんな感じ。

手順

  1. 肩から腕をぶら下げるようなイメージを持つ
  2. 身体の前側で円を描くように、腕を回す
  3. 同じ方向に20回回し、逆回しも20回行う

こういう気持ち良く身体を動かすだけでOK。本来は全身の筋肉を緩めてほしくて、全身の筋肉を緩める方法は「ストレッチで筋肉を緩める方法【2分以上伸ばせば身体が柔らかくなる】」で解説しています。

これは、毎日行ってもらって問題ないので、これも食事同様習慣にできることが1つの目標ですからね。

ここまで習慣化できると、次は筋肉をより膨らませていくトレーニングに入っていきます。

トレーニングをする

一般的に、

筋肉をつける=ハードなトレーニング

というイメージがあると思うんですけど、もう少し工夫をしてできるだけ楽に筋肉をつけられるようにしてきます。ここでも1つ実践例を解説しますね。

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も少し開く
  2. 足裏全体に体重を乗せておく
  3. 一度しゃがみ込み、つま先と膝が同じ方向を向くようにする
  4. 小さく4回弾み、トン、トンッのリズムで反動をつけて立ち上がる
  5. 再度しゃがみ込み、同じリズムで繰り返す
  6. これを10回×3セット行う

こういう反動を使って立ちあがると、体重の約3~4倍の負荷が股関節にかかるので、これだけでも筋肉が膨らみ、下半身や体幹周りは膨らんできます。

さらに、全身を鍛えてトレーニングしたいという方は、「筋トレの始め方【知っておきべき最低限の知識・準備物を紹介】」も参考にしてみてくださいね。

また、女性であればこういうスクワット方法も役立つと思いますね。

ここまでできると、もう1つしてほしいことがあるんですね。それは、自律神経を整えること。これをすると、精神面が安定してきます。

自律神経を整える

ストレスが溜まると、自律神経が乱れてしまうんですね。自律神経は、無意識下で人の身体の機能を調整しているところですけど、ストレスが溜まると交感神経が優位という状態になる。

そうすると、

  • 心拍数が上がり、ドキドキしやすくなる
  • 精神的に不安定になり、イライラや不安になったりしやすくなる
  • 内臓などの機能が低下し、栄養を吸収しにくくなる
  • 免疫が下がり、体調を崩しやすくなる

こういったことが起こる原因になります。この自律神経は、一定のリズムを感じることで整うと言われていて、その1つの方法が呼吸法になります。

実際に以下の方法を寝る前に行ってもらうと、より深い睡眠がとりやすくなりますし、自律神経を整えられて精神的にも安定するので、ぜひ試してみてください。

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. 両手をお腹の上に置いておく
  3. 鼻から軽く息を吸い、お腹を軽く膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、お腹を少し凹ませる
  5. 気持ちよく呼吸を繰り返し、これを5分以上行う

このとき、脳からセロトニンという物質が出て、このセロトニンが自律神経を整える働きがあるんですね。

セロトニンは、トリプトファンというアミノ酸が材料ですが、栄養が不足している方はこのセロトニンが不足している可能性があるんですね。

こういう方は、サプリでトリプトファンを補っておくとより違いを実感しやすくなるので、精神的に安定したい方は、サプリも取ってみてください。

おすすめのサプリは、「【プロが選ぶ】トリプトファンのおすすめサプリ4選【ストレス解消】」でまとめています。

 

太りたい女性に伝えたい根本改善に必要なこと

ここまでの流れができると、ガリガリ体型から卒業できるステップができますが、根本的に身体を変えるためにはもう少し考えることがあります。

美しい女性のイメージを変える

女性の中で、憧れる女性の対象=ガリガリで細身な女性、というイメージを持っていると、極端なことをしてしまう原因になる可能性があると思うんですね。

ですので、理想的な女性のイメージを変えることは大事なことだと思います。個人的には、中村アンさんなどは、すごくきれいですし、ガリガリという印象もありませんよね。

 

View this post on Instagram

 

Reebokから新しいスニーカー登場🔥 このポーズ意外とキツかった。靴に注目🙏 @reebokjp

中村 アンさん(@cocoannne)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

PEACH JOHN 🍑 @peachjohn_official

中村 アンさん(@cocoannne)がシェアした投稿 –

イメージを変えた先に、自分の身体は近寄っていくので、あなたが持つ美しい女性のイメージを変えることは重要ですね。

また、こうやって理想の女性を見たとき、なってしまいがちなのが焦って頑張ってしまうこと。

変化を焦らないこと

変化を焦って短期間で、極端に食べたりトレーニングしたりしてしまう。行動が急激に変化すると、適応できればいいですが大体挫折して続かない。

結局元通りになって、精神的にもすり減ってしまうし、自分の可能性が見えづらくなる。ですので、焦る気持ちも本当にわかるんですけど、毎日やるべき適切な量をこなし続けることの方が大事ですからね。

必ずしもハードなトレーニングをやる必要はない

上記でもお伝えしたんですけど、必ずしもハードなトレーニングをやる必要ってないんですね。

まずは、適切な量を食べる。そして、身体を動かす習慣をつけて、どこで可能であればトレーニングに移行する。こういうステップアップをすることで、ガリガリ体型は卒業できます。

ですので、最初から必ずハードなトレーニングをしないといけないと思いこまず、まずは食べる量を増やせばOKですよ。

 

まとめ:ガリガリ体型を卒業して理想の自分を手に入れよう

今回は、ガリガリ体型の女性が太る方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ガリガリ体型になってしまうのは、食べる量が少ない
  • 太るためには食べることが必要
  • 1kg増やすのに約7200キロカロリー必要
  • 1日240キロカロリー増やせば1ヶ月で1kg増える
  • ハードなトレーニングは必ずしも必要ではない

こういった内容をお伝えしていきました。

これまで本当につらい想いをしてきた方もいると思いますが、他人は無責任だし、軽い気持ちで行っていたりします。

なので、あなたが今よりも適度に太れば、そういった人生から変われます。ですので、あなたができるところからでいいので、ぜひ行動に移してみてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

記事で紹介した青汁

ちなみに、これから理想の身体になっていく上では、女性はスクワットが非常に役立つと思います。本当にいろんな効果があるので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事無料体験あり:パーソナルトレーニングの体験が受けられるジム10選
関連記事着圧ソックスの人気おすすめ5選【全部試して比較してみた】

   
▼身体の悩みを改善するまとめ記事