ランニングシューズの選び方をパーソナルトレーナーが解説【初心者向け】

ランニングシューズが自分の足に合っていない場合、それだけで脚や腰に痛みが出ることがありますし、足の指が変形することさえあります。

逆に自分に合ったランニングシューズを履くと、快適にランニングができるため、これだけでもランニングシューズの選び方の重要性を理解してもらえると思います。

そこで、今回はパーソナルトレーナーの僕がランニングシューズの選び方とおすすめのシューズメーカーをご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

適切なランニングシューズの選び方

自分に合ったランニングシューズとは、どのようなものなのでしょうか。一般的には、

足の横幅、縦幅が合っていることがいい

と思われるかもしれませんが、実はこれでは小さすぎる可能性があります。

足の横幅とシューズのサイズを合わせる

まず重要なことは、足の横幅とシューズの横幅を適切に合わせることです。

適切な横幅というのは、

足が窮屈すぎず、逆に空間が空きすぎない足の横幅に合うサイズ

ということになりますが、これはおそらく多くの方が思っているイメージで問題ないと思います。問題は縦幅ですね。

縦幅はつま先1cm空ける

もう1つサイズを合わせるポイントはシューズの縦幅ですが、先ほどもお伝えしたように一般的には縦幅も足のサイズにピッタリの方が良いと思う方もいると思います。

ですが、ランニングをしているときなど、身体を動かして着地をするタイミングで、

足はシューズの中で、前方に約1cm動く

と言われており、その分の余白を空けた状態が適切な縦幅となります。ですので、シューズを履いて踵を合わせた状態でつま先に1cmの余白が空くサイズのシューズが自分に合うサイズということになります。

足裏がフラット

もう1つシューズの選び方があって、ランニングをする方にとって着地がフラット、足裏全体で着地ができることが重要です。なぜなら、足裏全体で着地をすることで、身体にかかる衝撃を緩和できるから。

ただ、最近のランニングシューズをみていると稀に、足裏に小さな突起があったり、半球のような出っ張りがついているシューズをみかけることがあります。

このようなランニングシューズを履いてランニングをすると、おそらく脚を痛める可能性があるため、ランニングシューズを選ぶときは、必ず足裏がフラットなシューズを選ぶことをおすすめします。

ここまでのまとめ

  • 足の横幅とシューズの横幅が合っている
  • 踵をつめた状態で、つま先に1cmの余白が空く
  • 足裏がフラット

この3つの条件が揃っているランニングシューズが自分に合うシューズであり、選ぶときにはこのような条件を軸に選んでほしいなと思います。

1番は自分の足に合わせること

市販のシューズはどうしても大衆に向けて販売されているので、どうしても自分に合わないことが多くなりますよね。

だけど、今ならオーダーでランニングシューズをつくれるようになっていますし、足の測定をしてくれる販売店も増えています。

ですので、一番良いのは自分の足の形を計測してもらい、その計測してもらった足に合わせたランニングシューズを履くことが一番良いでしょうし、ケガのリスクも下がります。

料金的には高くなってしまうのでそこまではできないかもしれませんが、理想としてはオーダーが一番良いですよね。

 

おすすめのランニングシューズのメーカー

これまで本当にいろんなランニングシューズを履いてみたり、実際にスポーツ店にお願いしてお借りしてみたりしましたが、その中で日本人に合うメーカーは以下の4つだと感じています。

いずる
主観でお伝えするので、参考程度にご覧くださいね。

ミズノ

やはり国内のメーカーは日本人向けにシューズが設計されていますので、日本人の足に合うランニングシューズだと思います。

実際ミズノは履いたことはありませんが、スポーツ店で見た印象としてはかなり軽量ですし、クッション性も優れていて、かなり走りやすいイメージですね。

アシックス

僕はよくアシックスのシューズを履いていますが、これはかなりおすすめですね。ランニングをしていても衝撃がそこまで伝わってこないですし、クッション性が優れているのでポンッ、ポンッっと弾む感覚で走れます。

海外製のシューズは特に横幅が狭く細いですが、ミズノとアシックスは横幅が海外のものと比べて少し広めなので、ランニングシューズを選ぶのであれば僕はこの2社のどちらかをおすすめです。

ニューバランス

ニューバランスの本社はアメリカで、海外製のシューズになりますが、割と日本人の足にも合うと感じました。

ランニングシューズも良かったんですが、日頃履けるようなカジュアルなシューズもデザインもおしゃれですし、足にもフィットする。

普段履く用のシューズであれば、一番ニューバランスのシューズがおすすめですね。特に女性に人気ですよね。ニューバランスのランニングシューズも僕の中ではありだなという印象です。

アディダス

アディダスは、ランニングシューズの中で一番デザインが良くおしゃれですよね。

アディダスも本社はドイツで海外製ですが、割と僕は足に合うシューズが多かった印象があります。ちなみにアディダスはアウトレットモールに入っていること多く、安く買いやすい。

型遅れのランニングシューズであれば3,000円とかであればいいのがありますし、僕はそういう時を狙って3足とかまとめ買いをして、

  • 外でのランニング用
  • ジムでのトレーニング用
  • 予備用

みたいな感じで置いてます。ちなみにもちろん価格が高いものになれば質が良くなりますが、僕はあまり価格で選ばないですね。

さっきお伝えしたように、自分の足に対して横幅・縦幅・フラットな足裏という条件が合っていれば買っています。

ですので、できればアウトレットの安くなっているコーナーに行って実際履いて選ぶようにすると、意外とお得で質の良いランニングシューズに出会えるので、そういう選び方をした方がいいかなと思います。

続いては、逆におすすめできないランニングシューズのメーカーをお伝えします。

 

おすすめできないランニングシューズのメーカー

実際に履いてみて、あまりおすすめできないと感じたメーカーをご紹介します。

ナイキ

ナイキは素晴らしいブランドですし、メーカーだと思いますが、実際にスポーツ選手に指導していてナイキのシューズやスパイクを履いている選手で痛みを訴えているケースが多かったです。

足のサイズや形によって当然変わるわけですが、少し横幅が狭いんですね。それによって足の内外側に痛みを訴えることがよくありました。

特に、足の小指側の付け根付近が当たるという意見がよくあって、そこの痛みが発生することがありました。

FILA

FILAのランニングシューズはそこまで種類はありませんが、実際に履いていたラクロスの選手がいたんですね。この選手もやはり横幅が合っていなくて、シューズの横幅が狭かった。

さらに、スパイクもFILA製を履いていましたが、さらに横幅が狭くて最終的には当たっている部分が痛みが出てしまいました。このときはシューズをアシックスに変えると痛みが改善できました。

ここまでお伝えしたメーカーさんは、全て素晴らしいと思いますが、ただ印象としては海外製はやはり横幅が狭いため、それが一番問題になると感じています。

やはり選ぶのであれば国内メーカーのミズノかアシックスが無難だと思いますので、参考にしてみてください。

 

足に合わないランニングシューズを履くことで起こる症状

ここまでランニングシューズの選び方やおすすめ、おすすめできないメーカーさんをご紹介していきましたが、もし自分に合わないランニングシューズを履いてしまうとどうなるのでしょうか?

ランニングをされる方には重要な部分になると思うので、症状別に解説します。

身体の痛み

ランニングシューズが足に合っていないと、

  • 足の甲
  • 足首
  • アキレス腱
  • スネ
  • ふくらはぎ
  • 太もも

など、身体のさまざまな箇所に痛みが出てしまう可能性があります。これはシューズが合っていないことで足裏全体で着地することができず、地面から受ける衝撃が身体の局部にかかってしまうからです。

走り方によって身体のどこにストレスを受けるのかが変わりますが、ランニングシューズが合っていないだけでほぼ全身の痛みの原因になる可能性があります。

ランニングで脚などの痛みに悩む方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

足の指の変形

先ほど海外製のシューズは横幅が狭いとお伝えしましたが、こういう横幅が狭いシューズを履いていると足の指が変形してしまい外反母趾などになる可能性があります。

また、縦幅が小さい場合はハンマー足趾といって、足の指が曲がったままの状態になってしまう可能性もります。足の指の変形の原因の1つに、シューズが足に合っていないということがあります。

脚の捻れ

シューズが足に合っていないと足裏全体で着地ができず、足の内側、もしくは外側に偏った状態で着地をしてしまう。

そういう着地を繰り返すと脚の筋肉の緊張のバランスが崩れてしまい、結果O脚やX脚などになり、脚が捻じれてしまう可能性がります。

シューズが原因で起こった脚の捻れは、シューズを買い替えることで改善が出来たりするので、脚の捻れで悩む方は自分に合っているシューズなのかを今一度チェックすることも重要です。

むくみや張り

また、着地が乱れるとどうしても脚の局部の筋肉が緊張し、硬くなってしまうことがあります。

筋肉が硬くなると循環が悪くなり、結果むくみがひどくなったり、脚の特定の部分がポコッと張り出してしまうことも起こってしまう。

ランニングシューズが合っていないだけでこれだけの症状が起こる可能性が起こるため、自分に合ったシューズを履くことの大切さも見えてきますよね。

 

まとめ:快適にランニングをするために自分に合ったシューズを選ぼう

今回は、ランニングシューズの選び方などについてお伝えしていきました。

今回の記事のまとめ

  • 自分の足に合ったシューズの条件は主に3つ
  • 横幅を合わせる、縦幅はつま先に1cmの余白、足裏はフラット
  • おすすめのランニングシューズのメーカーはミズノとアシックス
  • 自分に合っていないシューズを履いていると、痛み、張り、変形などにつながる

こういった内容でお伝えしていきました。

今ランニング後に悩んでいる身体の症状は、もしかするとランニングシューズが合っていない可能性があるので、今回の記事で振り返るきっかけになればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

伊藤出(いとう いずる)

パーソナルトレーナーの31歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIzuruStyleオープン)。

【指導経歴】
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

>>プロフィール詳細
>>IzuruStyleについて
>>コース一覧
>>お客様の感想
>>無料体験
>>お問い合わせ

  1. お尻の引き締めを目的とした筋トレ方法10選を紹介【美尻の作り方】

    お尻の引き締めを目的とした筋トレ方法10選を紹介【美尻の…

  2. ラットプルダウンのやり方・フォームを解説【効果的に鍛える…

  3. 【ベンチプレスのやり方】肩を痛めるフォームや改善方法も解…

  4. 美脚になる方法をパーソナルトレーナーが解説【女性必見です…

  5. ゴキブリ体操とは?効果・やり方・時間などを解説

  6. 有酸素運動で脚やせする6つの方法とポイントを解説

  7. 有酸素運動の効果を最大限に引き出すコツ・時間などを解説

  1. 太ももの付け根が太い原因と細くする4つの方法

    太ももの付け根が太い原因と細くする4つの方法

  2. 下腹がぽっこり出る原因と解消する方法【ダイエットも行う】…

  3. 太ももの前側がパンパンに張る原因・細く引き締める5ステップを解説

    太ももの前側がパンパンに張る原因・細く引き締める5ステッ…

  4. 二の腕が太い7つの原因と細く引き締める方法【循環を良くしよう】

    二の腕が太い7つの原因と細く引き締める方法【循環を良くし…

  5. 太ももの外側がポコッと張り出す原因と5つの改善方法【筋トレ不要】

    太ももの外側がポコッと張り出す原因と5つの改善方法【筋ト…

  1. おすすめのホットヨガスタジオ5選【シェイプアップにも効果…

  2. トレーナーの僕がおすすめする着圧ソックス・レギンス3選

  3. パーソナルトレーニングジムおすすめ8選

  4. 【簡単】シェイプアップインナーを使ってお腹を引っ込める方…