走るときの手はグー or パー?【どっちでもない】

スポーツ選手

短距離や長距離に限らず、走るときは手をどうしていればいいのかを考えたことはないでしょうか?

この手の握り方によって動きの硬さにつながる可能性があるため、ランナーにとっては非常に重要なことでもあります。

この記事では、走るときの手はグー or パー、どちらなのかを解説します。

 

スポンサーリンク

走るときの手はグー or パー?

走るときの手の握りは、以下のように考えています。

結論:どっちでもない

僕の考え方としては、グーでもパーでもないというのが答えで、短距離なのか、長距離なのかでも変わると考えています。

これは、言葉でお伝えするより体感してもらった方がわかりやすいと思うので、実際に試してみてください。

手の握り方と肩の緊張

まずその場に立って、軽くランニングをしているようなイメージで腕を振っていきます。

腕振りのリズム

このときに感じておいてほしいことは、肩の動きです。まずはリラックスして腕振りを繰り返します。

そこから、手を握るようにグーを作って腕振りを続けてみてください。

グーで腕振り

そうすると肩周りが緊張するのがわかりますか?手を握ってしまうと肩が緊張し、肩の動きが悪くなります。

では次に、手をパーにして腕振りを続けてみてください。

手をパーにして腕振り

そうすると、グーのときよりも肩の緊張が改善され、楽に腕が振れるようになっていると思います。

この違いを実感してもらうと、

クライアント
走るときはパーの方が良い!

となりますが、正確に言えばパーの状態も肩に緊張が加わるため、あまりおすすめできません。

自分に合う手の握りをみつけること

ここで大切はことは、グーとパーの間ぐらいで、一番リラックスして腕がスイングしやすい手の握りを自分でみつけることです。

これは、肩の動きを感じながら探してもらうと、自分に一番合った手の握りがわかってくると思います。

ちなみに僕は、これぐらいが一番合っています。

自分に合った手の握り

ランニングや長距離を走るときであれば、これぐらいの手の握りが一番リラックスできます。

このように自分が一番リラックスしてスイングできる手の状態をみつけてもらうことが、一番適切な状態と考えています。

 

短距離と長距離では腕の役割が異なる

実際、僕も走る中で感じていることは、短距離の場合と長距離の場合では手の握り方は変わるということです。

それぞれの腕振りの役割と知ると、適切な手の状態もイメージしやすいと思います。僕が考える腕の役割は、以下の通りです。

  • 短距離=前方への推進力を得る道具
  • 長距離=リズムとり

それぞれ具体的に解説しますね。

短距離=前方への推進力の道具

これは、「腕は引く?前に出す?マラソン時の腕振りを解説」で詳しく解説していますが、人がペットボトルのような重りを持って歩くと理解しやすくなります。

ペットボトルを持つ

このペットボトルを気持ち前に振り出すように歩くと、このペットボトルに引っ張られるように前に進むことができるんですね。

逆に後方に振ってみると、身体にブレーキがかかり前に進みづらくなります。つまり、腕を前に振り出すことで、

前方への推進力を得られる

ということになります。そのとき、手をグーにした状態で前に振り出すのと、パーにした状態で振り出すのとでは、パーのときの方が進みやすくなります。

ただ、先ほどもお伝えしたように、パーであっても開きすぎると肩が緊張するため、適度なパーのぐらいを自分でみつけることが重要になると思います。

実際世界陸上などを見ると、短距離選手は手をパーの状態にして走っていますよね。

長距離=リズムとり

長距離になると、腕は走るペースを作り出すリズムとりとなるため、動かしやすい位置で振ることになります。

イメージ的には、先ほどもお伝えした少し腕を抱えたこういう状態になります。

腕振りのリズム

このときは、逆に手をパーにするとリズムよく腕が振りづらくなるため、短距離のときよりも少し握りが深くなったグーに近い状態が一番肩がスムーズに動くはずです。

自分が一番リラックスできる手の状態を探せばOKです。実際マラソン選手の手をみてみると、このようになっています。

気をつけないといけないことは、手を強く握ると肩の動きが硬くなり、緊張します。筋肉が緊張すると無駄なエネルギーを消費するため、マラソンタイムが下がる可能性があるので、注意が必要です。

これらからはっきりグーなのか、パーなのかを分けるとすれば、

  • 短距離=パー
  • 長距離=グー

となると思いますが、厳密に言えばどっちでもなく、自分に合った手の状態をみつけることが適切だということです。

 

走るときの手は自分に合う形を見つければOK

今回は、走るときの手hパーなのか、グーなのかについて解説しました。

今回の記事の内容

  • 走るときに手に力が入ると、肩の動きが硬くなる
  • 肩の動きが悪くなると、速く走りづらくなる
  • 走るときの手は、自分に合う状態を見つければOK

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!