投手が脚を高く上げるメリットとデメリット【球速が上がる】

スポーツ選手

ヤクルトの小川投手や、マサカリ投法で有名だった村田兆治さんの投球フォームは、脚を高く上げることが特徴ですが、メジャーの選手もこのような投げ方をしている投手が多くいます。

投手が脚を高く上げることで、位置エネルギーの関係で、球速が上がる可能性があります。

今回は、投手が脚を高く上げるメリットとデメリットについて解説します。

 

スポンサーリンク

投手が脚を高く上げるメリット

投手が脚を上げるメリットは、どのようなことがあるのでしょうか?

球速が上がる

脚を高く上げない投手の場合、イメージ的にはこのような身体の使い方になっていると思います。

立つ

体重移動

投球

投球動作はシンプルに考えると、

  1. 立つ
  2. 前に(体重移動)
  3. 投げる

この3つの局面がありますが、最初の立つという場面では、軸足に体重を乗せます。このとき、軸足に位置エネルギーを蓄え、その蓄えたエネルギーを前方に移動させる。

地面を押すような形で加速度を利用しつつ、ボールにエネルギーを伝えて投球する。その結果、自分が出せる最大の球速が出ますが、脚を高く上げることで位置エネルギーが大きくなります。

膝を高く上げる

体重移動

投球

その結果、ボールに伝えられるエネルギー量が大きくなるため、球速が速くなります。これは実際に脚を高く上げて投げてもらうと、すぐに実感できるはずです。

ボールが重く感じる

現場でこういった脚の使い方について指導したことがありますが、実際にボールを受けてみると、威力が増す分ボールが重く感じます。

打者側の意見とすれば、打ちづらいように感じる可能性があります。

見た目の豪快さが出る

プロ野球選手を見ていても、投げ方が豪快な投手もいますよね。

そういう選手は威圧感があって打ちづらい印象がありますが、脚を高く上げることで、そういった技術面とは別のメリットも期待できる思います。

 

投手が脚を高く上げるデメリット

では逆に、投手が脚を高く上げるデメリットはどのようなことが考えられるでしょうか?

コントロールが乱れやすくなる

軽く脚を上げるのと、脚を高く上げるのとでは動きの大きさが変わってきますよね。

立つ

膝を高く上げる

当然、身体の動きが大きくなることで軸足に体重を乗せたときにバランスがとりづらくなり、このタイミングでバランスが崩れることでリリースポイントが若干変わってきます。

そうすると、コントロールが乱れる可能性があります。

ボールが高めに浮きやすい

実際に、現場で指導する中で感じたことは、脚を高く上げつつ軸足に体重を乗せようとすると、足の外側に体重がかかり親指側が浮いてしまう選手が多くいました。

小指側に体重がかかる

軸足に体重を乗せたとき、一度足の小指側に体重が乗ってしまうと、エネルギーが斜め上方に向いてしまいます。

一度そうなると投球動作の中では改善が難しくなるため、その結果高めにボールが浮いてしまいます。

コントロールの悪い投手は、この軸足に体重を乗せたとき足裏全体に体重が乗っていません。

足裏全体で立つ

上記のように足裏全体で体重を乗せる練習を繰り返すだけでも、コントロールは改善されるはずです。

このように、投手が脚を高く上げることのメリットがある反面、デメリットもあるため、これらを精査して実践してもらえればいいかなと思います。

 

投手が脚を上げるかどうかはフィーリングで決める

投手に限らず、野球選手は誰かに指導をされると謙虚にその意見を聞き入れることも重要ではありますが、必ず自分のフィーリングを最優先させてほしいなと思います。

投手は、どのようなフォームで投げるかも重要ですが、打者をいかに抑えるかも考えなければいけません。

そのためには、自分の身体を自由自在に操れることが大切です。脚を上げることが感覚的に良いのであれば、ぜひ活かしてみてくださいね。

今回の内容が少しでも野球選手の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

いずる
ちなみに、打者も脚を上げるとスイングが速くなりますからね。