ピッチャーの踏み込み足の膝が割れる原因と改善方法

スポーツ選手

この記事では、ピッチャの踏み込みの足の膝が割れる原因と改善方法を解説します。

おそらく、膝が割れるピッチャーは投球時にブレーキがかからず、ボールに勢いを与えられていないので、伸びがないはずです。

ちょっとしたことを直せば、膝が割れずに、身体の回転もスムーズになるため、ボールの勢いも変わってくると思います。

 

ピッチャーの踏み込み足の膝が割れる原因

ピッチャーの踏み込み足の膝が割れる原因は、小さな違いだけですね。

踏み込み足のつま先が正面を向いている

結論から言えば、踏み込み足の膝が割れてしまう原因は、

つま先が正面を向いてしまっているから

です。

投手は、軸足に体重を乗せ、その後キャッチャー方向に体重移動していきますよね。

立つ

体重移動

この体重移動した後に、踏み出した前脚のつま先が正面を向くと膝が割れます。

つま先が真正面

これは、身体の構造上このようにできており、つま先が正面を向いた状態では踏ん張りづらくなってしまいます。

プロ野球選手でもそうですが、膝が割れないピッチャーのつま先は、必ず軽く内側を向いています。

つま先が少し内側を向く

たったこれだけの差ですが、この差が膝が割れるかどうかを決定づける要因になっています。

身体の開きが早い

また、つま先の向きの問題だけではなく、体重移動するときに、早々に身体が開いてしまうと結果つま先が正面を向いて着地することが多くなります。

身体の開きが早い

こういう身体の使い方になるのは明らかに不自然で、体重移動が自然にできるとこのような踏み出しになるはずです。

自然な踏み込み

これは体重移動だけを意識して撮影しているので、踏み込み足のつま先はキャッチャー方向に向いていませんが、こういうイメージで踏み出していけば若干つま先が内側に向いて着地することができます。

こういった身体の開きも、膝が割れてしまう原因の1つとして考えられますね。

投球イメージと動きに差がある

あともう1つ考えられることは、オーバースローのイメージで投げているのに、サイドスローのような身体の使い方をしているケースです。

オーバースローの場合、ボールを投げた後のフォロースルーでは身体を縦に折るようなイメージでフォロースルーを迎えるのが自然です。

投球動作

サイドスローの場合は、身体の捻るような動きとなります。それぞれの動きを大きく分類すると、

  • オーバースロー:縦回転
  • サイドスロー:横回転

こういうイメージとなります。ただ、オーバースローで投げようとイメージしているのに、実際には再度スローのような身体の動きをして、横回転になってしまうとします。

そうすると、身体が横に流れるように動き、結果として膝が割れてしまうことがあります。

膝が割れるピッチャーの踏み込み足を見ていると、大体つま先の向きに問題があるので、そこを改善すれば膝が割れないようになるはずです。

 

膝が割れないように改善する方法

では、具体的にどのように割れてしまう膝を改善すればいいのでしょうか?

真っすぐ踏み出す動作を繰り返す

まず、最初に軸足に体重を乗せフラットに立てるようにします。足のどこに体重を乗せればいいかは、「バランストレーニングの重要性と野球選手におすすめの方法4選」で詳しく解説しています。

基本的には踵に体重を乗せますが、その踵でプレートを押すようなイメージでまっすぐに踏み込む動作を繰り返します。

この踏み込むときのポイントは、軸足の踵に対して、踏み込んだ足のつま先の位置が一直線上にならず、こういう状態が自然です。

自然な踏み出し

こういう状態になるように、100回×2セットほど繰り返していきます。

あとは通常通り投球する

まっすぐ踏み出すことを身体にインプットできると、後は通常通りに投球していきます。

もし、この踏み込み動作のときにインステップになってしまう方は、「インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと」も参考にしてみてくださいね。

つま先を内側に向けるように着地するのはNG

たまにつま先が正面を向いているからといって、投球動作の中でつま先を内側に向けようと意識する方がいますが、これはNGです。

イメージ的には、部分的な改善を行って、最後に投球動作というまとめをするみたいなイメージでないとスムーズに動けなくなります。

おそらく投球動作の中でつま先を内側に向けようと意識していると、踏み込みが浅くなり、不自然な動作になるはずです。それがきっかけで、

  • 全体の投球バランスが崩れる
  • 手投げになる
  • 股関節や膝周辺に痛みが出る

などの影響が出る可能性もあります。ですので、投球動作中にはつま先の向きを調整することはあまりおすすめできません。

身体を縦に曲げるイメージをつける

もし身体の回転の方向に問題がある場合、一本背負いをするようなイメージで、身体を縦に折るように動作を変えていきます。

投げ方については、「キャッチボールをするときに覚えておきたい投げ方のコツと手順」や「野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因」で詳しく解説しています。

こういった形で膝が割れる原因を取り除くように改善すれば、膝が割れずに投球することができるようになります。

 

ピッチャーの踏み込み足の膝が割れる原因と改善方法まとめ

今回は、ピッチャーが投球時に膝が割れてしまう原因と改善方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 踏み込み足の膝が割れるのは、つま先が正面を向いているから
  • または身体の開きが早いために、膝が割れてしまう
  • 改善のためには、まずまっすぐ踏み出す動作を繰り返す
  • その動きをインプットしてから投球する
  • そうすると、膝が割れずに投球することができる

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



美脚・筋トレのまとめ記事

美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】≫美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】
筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】≫筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】

パーソナルトレーニングのお申込はこちらからどうぞ

【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容≫【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容
【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ≫【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ
【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内≫【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内
オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】≫オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】