理想の自分になる方法【大切なことはおかんが教えてくれた】

この記事では、理想の自分になる方法を解説します。

僕は、幼少期におかんが家出をしてしまい、小学1年生から自分のことは何でも自分でするようになり、その結果今があります。

理想の自分になるために必要なことは、すべておかんの家出したこと、その中で過ごした苦しい時間が教えてくれました。早速、ご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

理想の自分になるために必要なこと

結論を言えば、以下の通りです。

変わるための行動を実直に続ける

自分が思い描く、理想の自分になるために必要なことは、

理想の自分に変わるための行動を、実直に続ける

ということ。

この答えは、僕が31年間生きてきた中で、今現在感じている答えです。この答えを導き出した理由は、幼少期の生活やいままで過ごした時間にあります。

幼少期からおかんが家出

僕の話で恐縮ですが、6人家族、4人兄弟の末っ子として神戸で生まれました。

家族は基本的に仲は良かったんですけど、僕が小学1年生のときにおかんが家族を置いて家出をしました。

  • 親父:自営業(常に家にいる)
  • 姉:7つ上で当時は中学2年生
  • 兄:5つ上で当時は小学6年生
  • 姉:2つ上で当時は小学3年生

この瞬間から、一般的に母親が行ってくれることを自分たちでやらないといけないようになり、生活が一変したのをよく覚えています。

小学1年生ながら記憶は鮮明に残っており、

自分でやれることは、できるだけ自分でやろう。

と小さいながらも思っていました。

そこから僕は、

  • 毎日の食事
  • 洗濯
  • 掃除
  • 買い物 など

いろんなことを自分でこなし、小学1年生である程度包丁も自由に使えるようになっていました。

辛いと感じる暇さえなかった

こういうことを書くと、

辛かったよね。よく頑張ってよね。

などの言葉を言ってくれる方もいますが、実際おかんが家出をしている時間は、毎日自分のやるべきことが多すぎて、自分の感情を感じる暇さえなかったと思います。

それぐらいやることが多かった。ただ、それと同時に得られたことは、

年齢に関係なく、やった分だけ身になる

ということ。この感情を小さいながらに感じれたことは大きかったと思います。

とはいえ、常にそうやってポジティブに生きれていたかというと、そんなこともないです。僕は小学校から野球を始めていますが、

  • 野球部のお茶当番
  • 監督・コーチへのおにぎりの準備
  • ドロドロに汚れたユニホームの洗濯

これらを自分で用意したりするのは、本当に大変でしたし、「周りはおかんがやってるのに…」と思ったこともありました。

小・中学校では、

  • 個別懇談
  • 家庭訪問
  • 進路指導 など

親父の仕事との帳尻合わせも大変で、中学校の頃はすべて予定ありと伝えて、できるだけなしにしてもらえるように頼んでいました。

結局、こういったタイミングでも先生が何らかの空気を読んでくれて、直接僕にアドバイスをくれたり、改善してほしいことなどを伝えてくれました。

こういったことも、すべて自分が軸になって考えて、

今何をすべきか、何をしないといけないか

を常々考えざるを得ない状況ができていたんですね。そうやって自分で考えて、必要なことをやり続けて、その結果今があります。

  • いじめられる
  • 無視される
  • 陰口を言われる

こういった経験もしましたし、人間関係で悩んだ時期もありました。だけど、そんな中でも自分のことは自分でしないといけない。

やらなければまた自分が困るし、恥をかく。だからこそ、常々今やるべきことは、今やるという思考が出来上がっていきました。

僕は、こういったあまり他人が経験できないことを経験したことによって、自分が理想の姿になるために必要なことは、

理想の自分に変わるための行動を、実直に続けること

だと、年齢を重ねるごとに感じていますし、おそらくこの先も変わらないと思います。

結局、今自分がどんな環境に置かれていようと、大切なことは、今の自分を起点に理想の自分という方向へ、行動し続けることが最も大事だと思うんですね。

パーソナルトレーナーになって気づいたこと

僕は21歳から本格的にトレーナーの世界に入り、23歳で独立をして現在に至ります。

これまで数多くのクライアントさんをご指導させていただき、世界的に有名な画家の方やプロ野球選手の奥様、アスリートなども指導してきました。

一般的にみると成功者であり、何不自由なく生活できていると思っていた方が、実は悩みがいっぱいで、苦しんでいるという姿を見てきて、自分の価値観が変わりました。

外から見れば悩みのないような方も実は悩みを抱えていて、多くの方は、

理想の自分や生活があって、その理想とのギャップに悩んでいる

ということを感じました。

そして、悩んでいる方に共通していたことは、

悩んでいる時間は長いけど、具体的な行動をしている方は少ない

ということです。結局、理想の自分になるためには行動しないといけないし、悩みが深くなればなるほど行動が止まり、悪循環に陥ってしまう。

僕は、パーソナルトレーナーとして理想の身体を目指すためのサポートをしていますが、身体のことであれ、人生という視点であっても、考え方は同じだと思います。

昨日と同じことをしていても体型は変わらないし、今日、今、何か新しい取り組みをする必要がある。だからこそ、理想の自分になるためには、変わるための行動を続ける以外ないと思うんですね。

では、具体的にどのようなことをすれば理想の自分になれるのでしょうか?

 

理想の自分になる方法

僕は、以下の5つがポイントになると思います。

  1. “今”の理想の自分をイメージする
  2. 自分の現状を把握する
  3. 目的と目標を整理する
  4. 生活レベルに落とし込む
  5. 行動し続ける

それぞれ解説します。

①“今”の理想の自分をイメージする

まず大切になるのが、

理想の自分というゴールを設定する

ということです。まず目的地を設定しないと、どこにどうやっていけばいいのかがわかりませんよね。

ですので、まずやるべきことは、自分が今現在理想だと思う姿を想像していきます。

あなたが理想と思う姿は、どんな姿ですか?

次は、視点を現在の自分に向けていきます。

②自分の現状を把握する

次に行うことは、現状の把握です。ここが一番難しいのかもしれませんが、今の自分というのはどんな人なのかをできるだけ客観的に見ていきます。

自分の現状を知る方法はいろいろありますが、自分で自分を見ることが難しいと感じる方は、友人・知人に聞いて客観的な意見をもらうのもありだと思います。

この①・②で、ある意味

  • スタート
  • ゴール

を理解するということを行います。

③目的と目標を整理する

現在地と理想の自分が設定できると、その中間位置に目標を設定していきます。

たまに目的と目標を混同してしまう場合がありますが、神戸から東京ディズニーランドに向かうことで言えば、

  • 目的は、神戸から東京ディズニーランドにつくこと
  • 目標は、まず神戸空港に到着すること
  • 次の目標は、羽田空港に到着すること
  • そして、バスに乗って東京ディズニーランドへ(目的達成)

となります。

つまり、目的を達成するために必要な中間位置を目標として設定し、その目標を達成する日々を送れば、目的の達成に近づくというプロセスが描けますよね。

気をつけないといけないことは、羽田空港について、

やった~東京ついた~!

とテンション上がって、バスに乗るのを忘れてしまうということ。目標を達成すると、あたかも目的を達成したような錯覚に陥ることがあるため、定期的に目標と目的を確認することも重要です。

④生活レベルに落とし込む

目的と目標を整理できると、目の前の目標を達成するために今何をする必要があるのかを、冷静に見ていきます。

そして、その必要なことを今の生活レベルに落とし込み、具体的な行動計画へと変えていきます。

例えば、

30日間で3000円の貯金をする

という目的があれば、1日の貯金額は100円になります。つまり、今日するべきことは100円をきちんと貯金をすること。

これだとやるべきことが明確で、後はやり続ければ目的は達成できます。こういう具体的な行動に落とし込んでしまえば、理想の自分になることはほぼ可能です。

大切なことは、

  1. 理想の自分を想像する
  2. 現在の自分を知る
  3. 理想の自分になるための目標を決める
  4. その目標を達成するために必要な行動を具体化させる
  5. その具体化させた行動を、日常の生活に落とし込む

こういうステップを踏むこと。ここまでできれば、理想の自分はほぼ目の前にいますよ。

⑤行動し続ける

あとは、日常レベルにまで落とし込んだ行動計画を実直にやり続けるだけですね。

だから最初に、理想の自分になるためには、

理想の自分に変わるための行動を、実直に続ける

ということをお伝えしました。

僕の人生そのものがこういう形で形成され、今現在も理想の自分にどんどん近づいていっていますし、まだまだ満足しきれないところは多いですけど、毎日が幸せで充実感に包まれています。

僕自身は、こういう考えを軸に、

自分史上最高のカラダとココロに。

というコンセプトのもとで、パーソナルトレーニングを行ったり、自分の人生も真剣に生きようと決めています。

理想の自分は幻想ではなく、本当に近づける対象ですからね。理想の自分を目指す方が、1人でも増えると嬉しく思います。

 

理想の自分になる方法のまとめ

今回は、理想の自分になる方法というテーマでお伝えしました。

人生、本当にいろんなことがありますよね。苦しいこと、悲しいこと、嬉しいこと、楽しいこと。僕も傍から見ると、苦しい人生に見えるのかもしれません。

でも、おかんには感謝しかないですし、そういう環境で育ったからこそ得られたこと、身付いたことは多分にあります。

人は環境そのものを変えると、本当に自分を変えられると思います。そんなことが、パーソナルトレーニングを通じて、お伝えできればと思います。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む