【簡単】脚やせリンパマッサージのやり方【効果も解説】

         脚やせしたい方におすすめのリンパマッサージの方法を解説

この記事では、脚やせに効果的なリンパマッサージのやり方や効果を解説します。

重要なポイントは、

  • むくみの影響で脚が太く見える
  • むくみが長期間続く部位程、皮下脂肪が増える
  • リンパマッサージをすることで、脚やせできる

ということです。

やり方も動画を使って解説するので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

リンパマッサージで脚やせする方法

今回は、10個の方法で解説します。

全ての時間は2分間で設定していますが、続けることの方が大事ですので最初は30秒ずつでもOKです。

①鎖骨下リンパ節を軽く擦る

手順

  1. 仰向けになった状態で、鎖骨の溝に手を当てる
  2. この溝全体を掃除するように軽く擦る
  3. これを2分間行う

②胸の骨を軽く叩く

手順

  1. 手の指をだらんと脱力しておく
  2. 仰向けの状態で、胸の真中の骨を軽く叩く
  3. これを2分間行う

③腹式呼吸をする

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. 両手をお腹の上に置いておく
  3. 鼻から軽く息を吸い、お腹を軽く膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、お腹を軽く凹ませる
  5. 気持ち良く感じる程度の腹式呼吸を2分間行う

④鼠径部を擦る

手順

  1. 仰向けの状態で、鼠径部に軽く手を沿える
  2. 鼠径部全体を軽く擦る
  3. これを2分間行う

⑤太ももを軽く擦る

手順

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. 伸ばした側の太ももをリラックスさせ、膝上に手を沿える
  3. 膝上から鼠径部に向かって軽く擦る
  4. これを2分間行う

⑥太ももを揺らす

手順

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. 伸ばした側の太ももをリラックスさせ、太ももに手を沿える
  3. 太ももの筋肉を軽く2分間揺らす

⑦足首を動かす

手順

  1. 座った状態で、片膝を立てる
  2. スネやふくらはぎが緊張しないように、軽く足首を動かす
  3. これを2分間行う

⑧再度、腹式呼吸をする

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. 両手をお腹の上に置いておく
  3. 鼻から軽く息を吸い、お腹を軽く膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、お腹を軽く凹ませる
  5. 気持ち良く感じる程度の腹式呼吸を2分間行う

ここまでがリンパマッサージのひと通りの流れですが、リンパマッサージ後にすることもあるので、合わせて解説しますね。

⑨コップ1杯分の水を飲む

リンパマッサージをすると、リンパ液の流れが良くなっていますが、このタイミングでお水を少し飲んでおくことで、より循環が改善されスッキリします。

この水によってむくみが増すことはないので、安心して飲んでください。

⑩軽く締めつける

ここまでの流れでむくみが改善できていますが、これで終わってしまうと再度むくみが再発する可能性があります。

リンパマッサージをした後は、必ず循環を改善した部分を軽く締めつけます。そうすると、その部分にリンパ液が溜まりづらくなり、より脚やせにつながります。

実際に使ってみてよかった着圧ソックスは、「ふくらはぎの外側が張り出す原因と4つの改善方法」で紹介しているので、興味ある方は参考にどうぞ。

ここで紹介しているものは、履くだけで誰でも脚やせやヒップアップが期待できますよ。

ここまでの一連の流れができると、下半身全体がスッキリして、毎日続けることで脚やせができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

リンパマッサージの効果

最後に、むくみやリンパマッサージの効果を解説します。

むくみと脂肪の関係

最近は、むくみの研究も進んでいて、いろんな研究で、

むくみが長期間続く部位程、皮下脂肪がつきやすくなる

ということがわかりつつあるそうです。

先ほど、むくみ=リンパ液の滞りとお伝えしましたが、このリンパ液の中には多くの脂肪が含まれています。ですので、リンパ液が溜まってしまうことで、脂肪がつきやすくなるのは想像しやすい。

下半身太りする原因の1つに、このリンパ液が大きく関わっているという考え方もできるので、特に下半身痩せしたい方は、むくみは軽視しない方がいいかもしれません。

腹式呼吸だけでもむくみは改善する

これは、「リンパ呼吸」で不調は治る (「マッサージより効く」と大学の実験で判明!)という著書の中で学んだことなんですけど、下半身のむくみは腹式呼吸をするだけで改善が可能だそうです。

それを活用して、上記で腹式呼吸をご紹介していますが、お腹の動きがポンプになって重力から解放されている仰向けの状態であれば、十分下半身のむくみは改善できるそうです。

実際、現場でもいろいろ試していますが、むくみも改善できますし、気持ちもリラックスできるため、もし忙しい毎日で上記のケアができないという方は、腹式呼吸を習慣にするのもありですね。

むくみが改善するとトイレが近くなる

最後に、上記でお伝えしたリンパマッサージをして、その後にトイレに行きたくなるとうまくリンパ液が流れたというサインになります。

リンパ液は、鎖骨下リンパ節から静脈という血管に合流しますが、血液にリンパ液が混ざると血液そのものの濃度が薄まりますよね。血液は濃度を一定に保とうとするため、

リンパ液の流れが良くなると、トイレが近くなる

ということが起こります。ですので、このトイレが近くなるということをリンパマッサージの尺度として見てもらうと、やり方が良かったのかどうかを判断できるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

このことについては、「着圧ソックスを履くとトイレが近くになる理由【リンパの流れが関係】」で解説しています。

 

脚やせするためにリンパマッサージを習慣にしよう

今回は、リンパマッサージで脚やせする方法について解説しました。

今回の記事の内容

  • リンパマッサージをする手順は、基本的に上から下
  • 強いマッサージはNGで、優しく擦る程度でOK
  • リンパマッサージをすればむくみが改善できる
  • むくみが改善することで、脚やせにつながる

こういった内容をお伝えしていきました。

脚やせするための方法は本当にたくさんありますが、リンパマッサージもその1つ。理想の美脚を目指してぜひ実践してみてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

セッションのお申込はこちら