黒人のようなキュッと上がったお尻の形になる方法【筋トレのみはNG】

       

お尻の下側にたるみがぽよんとできて、膨らみもなくべちゃっとしている。そんなお尻の形に悩んでいるけど、理想は黒人さんのようにキュッっと上がったお尻。

でも、黒人さんのようなお尻になるためには、遺伝的なこともあって無理なんじゃないのかな?そんなお尻の形が気になる方はいませんか?黒人さんのようなきれいなヒップラインは憧れますよね。

お尻の形を気にしている方は、今よりも確実にお尻の形を整えることができますし、少し時間はかかるかもですけど、ヒップアップは可能です。

今回は、黒人さんのようなキュッと上がったお尻の形になる方法を解説します。

 

スポンサーリンク

日本人と黒人さんのお尻の形が違う理由

黒人さんのキュッと上がったお尻って、少し日本人と違う筋力差の問題があるので、まずはそこからお伝えしますね。

生まれ持った筋力差

僕ら日本人と比べて黒人さんって、生まれながらに腸腰筋という筋肉が3倍ぐらい強いということがわかっているそうなんですね。

腸腰筋という筋肉は、骨盤を前傾させる役割があって、出っ尻状態にしてくれる筋肉なので、腸腰筋が強いということは、キュッとお尻も強調されるような姿勢になるというわけです。

ですので、黒人さん独特のヒップラインは、この筋力差も対象なりとも関係している可能性があるんですね。

歩き方などの違い

もう1つお尻の形が綺麗に見える理由として、歩き方が考えられます。日本人って、ヒールを履いて歩くと脚を前に出して、膝が若干曲がっている人が多い。こんな感じですね。

ヒールでの歩き方

この歩き方は、主に太ももの前側にストレスがかかり、逆にお尻への刺激がほぼ入らなくなるんですね。

黒人さんの場合、脚が前に出るのではなく、後方に少し残るような歩き方になっています。

こういう歩き方ができたとき、1歩進むごとにお尻の付け根に刺激を受けるため、日常生活でも十分なトレーニングができている可能性があるんですね。

この2つの要素は、黒人さんのお尻の形を作っている理由になる一要素になるはず。じゃあ、今垂れてしまったお尻の形を整えたいと思っている方は、どうすればヒップアップできるのでしょうか?解説していきますね。

 

お尻の形が崩れる原因

そもそもなぜ、お尻の形がべちゃっと垂れるようになってしまうのでしょうか?そこがわかると、何をすればお尻の形を整えられるのかが見えてきます。

骨盤の傾きが悪い

あなたは、日頃どのような姿勢で立っていますか?いろんな人の立ち方を見ていると、へそを突き出すように立っている方が多い印象があるんですけど、そういう立ち方をしているとこのように見えます。

街中でふと、立っている人を見てみてください。こういう立ち方をしている人は結構いますからね。

この立ち方をしていると、骨盤の位置が自然な位置から後傾といって後ろに倒れてしまう。そうすると、お尻の下側にたるみができるんですね。自然な立ち方に変えると、こんな感じ。

比べてみると、違いがよくわかりません?

脂肪って、本来の位置から移動し、一定期間経つと移動した位置に定着する性質があるんですね。つまり、骨盤の位置が崩れてしまうだけでお尻の下側にたるみができ、形が崩れる。

この姿勢の問題は、お尻の形を気にされている方であれば、多くの方が改善する必要があるかもしれませんね。

歩き方がまずい

このへそを突き出すような立ち方になっている場合、先ほどお伝えしたような、脚を前に出して歩きやすくなるんですね。そうすると、歩くときには常に太ももの前側にストレスを受ける。

ダイエット目的の歩き方

そうすると、お尻への刺激がどんどん減ってしまい、年齢と共にお尻の筋肉が衰え小さくなっていく。

循環不良でさらにたるむ

さらに、年齢を重ねるとどんどん運動不足になり、筋肉が硬くなって循環が悪くなってしまう。

そうすると、お尻の下側などがむくみ、老廃物が溜まる。骨盤の位置が崩れる+老廃物などが溜まることで、さらにたるみができてきます。

ストレスや食べ過ぎで脂肪がつく

そして、さらに仕事のストレスで自律神経が乱れ、代謝が下がる。その上、ストレス解消と言わんばかりに、好きなものを食べ、甘いものは別腹とさらに食べる。

そうすると、当然脂肪がつきますよね。結果、お尻の筋肉は萎縮し小さくなり、お尻の下にはたるみができ、こういうことを総合した結果、

べちゃっとしたたるみがある小さいお尻

みたいな状態ができてしまう。こういうことが原因でお尻の形が崩れてしまっている方は、以下のような方法で、キュッと上がったお尻の形にすることができるはずですよ。

 

黒人さんのような上がったお尻の形になる方法

では、順に解説しますね。

①自然体に直す

まず最初にすることは、全身の筋肉を緩め、循環を改善すること。つまり、自然体に直すことですね。僕のイメージする自然体というのは、

骨に柔らかい筋肉がくっついている状態

で、生まれたての赤ちゃんのような感じですね。人は、自然な状態であれば、循環もよく内臓などの機能も良いですし、当然便秘などもないはず。

ここを目指すだけでお尻のたるみはある程度改善されるはずですし、姿勢も良くなります。筋肉の緩め方については、以下の記事で解説しています。

②筋肉を膨らませる

次に行うことは、筋肉を膨らませること。この意味は、トレーニングをして筋肉を鍛えるということではなく、運動不足になっていると、筋肉って硬くなり、萎縮してしまい細くなるんですね。

その萎縮した筋肉を適度に刺激することで、本来の筋肉の状態まで膨らませることができ、これだけでもお尻の形が良くなっていきます。

イメージ的には、以下のような方法で実践していきます。

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. 脚を肩幅ぐらいに開いておく
  3. 肩からお尻が平行になるようにお尻を持ち上げる
  4. 地面に軽くお尻をバウンドさせ、再度スタートポジションに戻る
  5. 軽くお尻を上下させ、これを20回×3セット行う

これを一生懸命やるっていうよりも、ある意味楽に軽くトンットンッみたいな感じで続けるだけで筋肉は膨らんでくるので、こういうことをして筋肉を膨らませて、お尻の高さをある程度出していきます。

ポイントは、ここまでしんどいことなしでも、お尻の形を変えられるということですね。

③姿勢や動作を改善する

そして、こういったことと並行して行ってほしいのが姿勢や動作の改善です。つまり、立ち方や歩き方を変えること。

これらが崩れてしまうから、お尻への刺激が減ったり、お尻の下側にたるみができるので、ここの改善は必須ですね。

姿勢については、「正しい姿勢=胸を張る・肩甲骨を寄せるではない【改善方法を解説】」で解説していて、歩き方については、「効果を最大化する歩き方を4ステップで解説【重心を前に運ぶ】」を参考にしてみてください。

④脂肪を移動させる

もう1つ日常でしてほしいことは、先ほど姿勢が崩れるとお尻の下側に脂肪も移動するとお伝えしていますよね。移動した位置に一定の期間いると、そこに定着してしまうのが脂肪です。

つまり、逆の発想で日頃から脂肪を持ち上げて生活をしていると、簡単にヒップアップができるということなんですね。スパッツを履いて理想のお尻の形になるように維持するだけ。

イージースリムというレギンスは、スパッツ+着圧ソックスの役割になるし、スパッツのみで良ければキュッとふんわりスパッツが使いやすいですね。

イージースリム
キュッとふんわりスパッツ

ここまでの流れで、ほぼたるみも改善できますし、お尻の形も整えられますからね。この時点でまだたるみがあったり、膨らみが足りないというのであれば、次はダイエットやトレーニングをしていくことになると思います。

⑤ダイエットをする

上記のことでは、根本的に多い脂肪を減らすことは難しいので、脂肪が多くてたるみが目立っている場合は、ダイエットで脂肪を減らしていきます。

ダイエットをする場合、自然体から崩れていると代謝が下がっているので、基本的にはいきなりダイエットするよりもここまでの流れ+ダイエットを行うと、より結果は出やすいですね。

ダイエットについては、以下で解説しています。

⑥さらにヒップアップしたいなら筋肉をつける

本当に黒人さんみたいなお尻を目指すのであれば、筋肉量が少ないとあそこまでヒップアップができないので、本当にそのレベルを目指すのであればここでトレーニングを行っていくことになります。

1つの例としてスクワットがありますが、ヒップアップを目的をしたスクワットは以下の記事で解説しています。

この6つのステップができると、確実に黒人さんみたいなキュッと上がったお尻の形になりますね。ただ、ここまでの流れをやるとなれば、1つ1つ質を高める必要があります。

ですので、まず今から始めるのあれば①~④を行ってもらうと、お尻の形は今よりも確実に良くなるはずです。

それよりも、とにかく結果を出したい。すぐにでもお尻の形を変えたいという方は、シェイプスとかB-CONCEPTとかのパーソナルトレーニングを受けると確実に黒人さんのようなお尻に近づけるので、こういうのもありだと思いますね。

シェイプス
B-CONCEPT

ここまでの流れで、まずはできそうなことからはじめてみてくださいね。

 

まとめ:お尻の形を良くするためにまず身体を動かそう

今回は、黒人さんみたいなキュッと上がったお尻になる方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 黒人さんは、日本人に比べると腸腰筋が生まれながら3倍強い
  • 腸腰筋は、骨盤を立てる筋肉で、お尻の形が綺麗に見せられる
  • お尻の形が崩れる原因は、姿勢や循環不良が主な原因
  • まず自然体に直し、姿勢を整えることでお尻の形は変わる
  • そこからは、必要に応じてダイエットやトレーニングをする

こういった内容をお伝えしていきました。

お尻の形を整えるためには、まず現代人はとにかく身体を動かすことからだと思いますね。その中で、上記でお伝えしたことを参考に実践してもらえると、お尻の形も理想に近づけられますからね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、お尻が小さくて悩んでいる方は、以下の記事でトレーニング方法なども解説していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

関連記事【無料体験あり】京都のおすすめパーソナルトレーニングジム10選【目的別に紹介】
関連記事【無料体験あり】梅田のパーソナルトレーニングジム7選

   
▼身体の悩みを改善するまとめ記事