ヒールを履いた歩き方の5つのポイント

       

ヒールを履いた時の歩き方はどうしても膝が曲がってしまい、それが原因で太ももの前側が太く張ってしまうことがあるんですね。

逆に重心をうまく使いスムーズな歩き方ができると、それだけでヒップアップして体型を変えることもできます。つまり、歩き方が重要になるということです。

今回は、ヒールを履いた歩き方の5つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ヒールを履いた歩き方の5つのポイント

最初にポイントをまとめると、このようになります。

5つのポイント

  1. 重心を引き上げる
  2. 重心を前に運ぶ
  3. 手脚はリラックス
  4. 足を少し後ろに置いていく
  5. 骨盤を左右へ軽く動かす

この5つのポイントを実践することで、太ももの前側の張りを改善することができますし、ヒップアップもできます。そして、何よりヒールを履いて歩く姿がかっこよくなります。

まず最初は、ヒールを履いた時の歩き方をお伝えしますね。

①重心を引き上げる

いきなり重心と言われてもイメージしづらいですよね。ここでは、

重心=身体を動かすポイント

と理解してもらうとわかりやすいと思います。一般的には、重心はへそ辺りにある丹田(たんでん)と言われる部分にありますが、ヒールを履いて歩く場合、胸辺りに重心を設定しておきます。

重心を引き上げる

重心を上げるとき、上半身はリラックスさせておきます。これだけで歩いているときの太ももへのストレスが軽減するので、まずは重心を引き上げておきます。

≫関連記事:ヒールを履いた時の立ち方はつま先重心?かかと重心?どっち?

②重心を前に運ぶ

胸辺りに重心を設定した後は、歩くときはその重心を進みたい方向に運ぶだけですね。

ただ、このときよくなりがちなのが、直接胸を出して歩こうとしてしまうことがありますが、これはNGです。

胸を出して歩く

胸辺りを運ぶような感覚で歩くことでスムーズに歩くことができますが、実際に出してしまうと地面を突くような着地となり、それが原因で太ももの前側が張ってしまう可能性があります。

ですので、実際に胸元は出さずに胸辺りから身体を運ぶようなイメージで歩くようにしてくださいね。

③手脚はリラックス

よく歩き方の解説で手脚の動きが言われますが、基本的に手脚の動きは意識しないでOKです。というのは、リラックスしておくと自然に動くので、特に動かそうとしなくてもいいんですね。

ですので、

重心は前、手脚はぶらぶら

ぐらいのイメージで歩いてもらうと、非常にスムーズに楽に歩けます。

歩く

④足を少し後ろに置いていく

ただ、手脚はリラックスしておきますが、歩いているときの後方の足の踵がすぐに浮いてしまわないように、少し足を後方に置いていくような感覚で歩きます。

見た目の違いとすれば小さいですが、感覚としてはかなり足を後に残しているような感覚になると思います。

実際、後方の踵が早く浮きすぎるとこうなり…

歩く

後方に残せていると、こうなります。

後方の脚が少し伸びるというか、残っていることがわかると思うんですね。このちょっとした違いで、ヒップアップできるかどうかが変わってきます。

ですので、リラックスして歩けるようになると、

重心は前、足は後ろに少し残す

というイメージで歩くことで、よりヒップアップしてきますし、見た目も良くなります。

⑤骨盤を左右に軽く動かす

④までの流れでヒールを履いた歩き方はほぼOKですが、後は歩く際に骨盤を軽く左右に動かすことで、よりスタイリッシュに見せることができます。

これは僕が解説するよりも、モデルさんの歩き方を見てもらった方がよくわかると思いますね。

いずる
モデルさん、やばくないですか?めっちゃかっこいいですよ。

こんなイメージで骨盤を軽く左右に動かすように歩くことで、スタイリッシュさ、かっこよさを出すことができるので、全体の流れはこの5つになります。これが僕が考えるヒールを履いた時の歩き方になりますね。

ここまでの流れだと、少し疑問に思うこともあると思うので、次はもう少し身体のことなども踏まえてなぜこのような歩き方なのかを解説しますね。

 

ヒールでの歩き方を詳しく解説

身体は少し意識を変えたり、使い方を変えることで脚が細くなったり、楽に歩けるようになったりするんですね。これを知ると、ヒールで歩くだけで身体を変えられるようになると思います。

重心と脚への負担の関係

まず、このペットボトルをご覧ください。

重心の位置

このペットボトルを倒そうと思うと、どこを押せば一番楽に倒せると思いますか?一番上ですよね。逆に一番下を押そうとすると、同じペットボトルでも重たく感じ、倒すのに力がいります。

つまり、動かそうとする位置=重心の位置が高くなると、弱い力でも簡単に動かすことができるんですね。

人の身体も同じで、重心の位置が高くなると身体を動かすエネルギーは小さくて済むため、

重心を高くすることで、楽に歩けるようになる

ということなんですね。また、重心を高くすることで太ももへのストレスが軽減されるため、太ももの張りで悩む方は重心を高くして過ごすだけで張りを改善することも可能です。

このように、重心の位置をどこに設定するのかで身体にかかるストレスは変わるため、太ももを引き締めたいや楽に歩きたい方は、重心を高く設定する方がいいということが分かりますよね。

いずる
だから先ほどヒールでの歩き方をお伝えしたとき、まず重心を引き上げたんですね。

脚を前に出すと太ももの前側が張る

歩くときに脚を前に出さなかったのも、重心を前に運べば自然と脚は出てくるんですね。脚をバットだとイメージして、歩くときに脚を前に出そうとどうなるでしょうか?

これは手で力を入れて持っていますが、この手の力の代わりに太ももの前側の筋肉が緊張することで、脚は前に出すことになります。

ですので、脚を前に出そうとすることは、太ももの前側が張る原因にもなってしまう。それが毎日繰り返されると、当然太ももの前側はパンパンに張ってしまいますよね。

ヒールでの歩き方

歩くときは脚を前に出す意識は持たず、重心を前に運べば勝手に出てきますし、リラックスした状態で脚が動くので太ももの前側も張りません。

ヒールを履いて歩くときは、重心を前に運ぶだけで気持ち良く歩くことができます。

≫関連記事:太ももの前側がパンパンに張る原因・細く引き締める5ステップを解説

ヒールで歩くだけでヒップアップする

先ほど、後方で足を置いていくように歩くとお伝えしましたが、脚を後方で持ち上げるように動かすと、お尻に刺激が加わるんですね。

多くの方が脚を前に出すように歩いているため、あまり身体の後ろに脚が残らず、どうしてもヒップへの刺激が少なくなってしまう。結果、お尻の下側にたるみができる。

これは、足を後方に置いていくようなイメージで歩くことでヒップに刺激を与えることができますし、歩くだけでヒップアップできるポイントにもなるんですね。

だからこそ、脚を前に出す意識を持つのではなく、後方に足を置いていくようなイメージで歩くようにお伝えしました。

このように、お伝えしてきたヒールでの歩き方には意味があり、より女性らしい身体に近づける歩き方でもあるので、ぜひ日頃から実践していただきたいなと思います。

 

ヒールを選ぶときのコツ

続いては、ヒールを選ぶときのコツについて、トレーナー目線で解説していきますね。

恐怖心が出ない高さのヒールを履く

僕もヒールでの歩き方を理解するために、6cmぐらいのヒールを履いて歩いてみますが、これでもかなり高い感覚があるんですね。

でも女性の中には、9cm、10cmぐらいの高さのヒールを履いている方もいますよね。問題なのは、高すぎるヒールを履くことで着地の際に恐怖心が出てしまうことです。

恐怖心があるとどうしても人は慎重に着地をしますが、そのとき身体の前に脚が出てきてしまう。そうすると、太ももの前側にストレスがかかるんですね。

ヒールでの歩き方

おしゃれの観点から言うと僕は何も言えませんが、身体のことから見れば恐怖心が出るのであれば恐怖心が出ない高さまで下げることをおすすめします。

なぜなら、そのまま高いヒールを履き続けていると太ももの前側が太くなるから。ですので、理想の身体を目指す上では、あまり高いヒールはおすすめできないですね。

できればピンは太めの方が良い

先ほどは“高さ”についてお伝えしましたが、次は“細さ”についてですね。ピンが細いと、着地の際にぐねっと捻らないか不安になりませんか?

もしそこでも恐怖心が出ていたり、捻らないように気をつけているのであれば、脚は自然と前に出てきてしまっているはずです。

そうすると先ほどと同じで、太ももの前側が太くなってしまう。ですので、太ももの太さのことを考えるなら、できればピンは太い方がいいとなりますよね。

いずる
とはいえ、細い方がおしゃれ的には良いと思いますし、これも難しいところですよね。

ピンの底がすり減ったものは履かない方がいい

これは絶対避けてほしいことですが、ピンの底がすり減って傾斜ができているものは履かないようにするか、修理をしてほしいんですね。

理由は、自然に着地ができなくなりますし、もし外側に体重がかかるようにすり減っていれば、それだけで太ももの外側が太くなってしまう可能性があるんですね。

一般人の声
そんなことで身体って変わるの?

と思われるかもしれませんが、そういう気づきにくいことこそ身体の悩みの本質が隠れています。

ですので、ピンの底のすり減りがある方は、必ず修理するか新しいヒールを買い替えることをおすすめします。それが脚の悩みの原因になってしまう可能性は、かなり高いですからね。

 

まとめ:ヒールでの歩き方を変えるとスタイルが良くなる

今回は、ヒールでの歩き方を解説していきました。

今回の記事のまとめ

  1. 重心を引き上げる
  2. 重心を前に運ぶ
  3. 手脚はリラックス
  4. 足を少し後ろに置いていく
  5. 骨盤を左右へ軽く動かす

こういったイメージでヒールを履いた時に歩くことで、太ももはスッキリ引き締まっていきますし、ヒップアップもすることができます。

ちょっとした違いを毎日続けると、それが結果として大きな違いになってきますからね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事短期でダイエットできるおすすめパーソナルトレーニングジム3選【無料体験あり】
関連記事無料体験あり:トレーナーの僕がおすすめするホットヨガスタジオ4選