大胸筋のストレッチ方法

大胸筋という筋肉は、胸にある筋肉で、主に腕を内側に寄せたり内側に捻るような動きで活動する筋肉です。

この記事では、僧帽筋のストレッチ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

大胸筋とは

大胸筋という筋肉は、

  • 起始:鎖骨の内側や胸骨という胸の骨
  • 停止:上腕骨(腕の骨)の外側

という状態でくっ付いています。全体のイメージは、このような感じですね。

大胸筋が収縮する動き

大胸筋は、

  • 腕を身体に寄せる
  • 前にならえの状態で、腕を内側に寄せる
  • 腕を内側に捻る

などの動きで収縮するため、この逆の動きをすることで伸ばすことができます。

 

大胸筋のストレッチ方法

大胸筋のストレッチ方法は、以下の通りです。

大胸筋のストレッチング①:45度に腕を伸ばす

手順

  1. 四つ這いになる
  2. ここから両腕を斜め45度に伸ばす
  3. 肩を真下に下げるように大胸筋のストレッチング
  4. 30秒間伸ばす

大胸筋のストレッチング②:腕を真横に伸ばす

手順

  1. 四つ這いの状態で、片腕を真横に伸ばす
  2. 肩を真下に下げるように胸の筋肉を伸ばす
  3. 大胸筋を30秒間ストレッチングする

大胸筋のストレッチング③:バンザイ

手順

  1. 仰向けの状態で両腕をバンザイする
  2. 腕は斜め45度の位置に上げる
  3. そのまま30秒間ストレッチングする

その他のストレッチ方法などは、こちらの記事にまとめているので、参考にしていただければと思います。

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む