コーディネーション・コオーディネーショントレーニングの意味と実践方法

コーディネーション・コオーディネーショントレーニングの意味と実践方法

自分の身体を自由自在に操れること。それはトップアスリートにとっては重要なことであり、言葉では簡単そうに聞こえても、実際に自分の身体を自由に操ろうとすれば、非常に難しいことだと思います。

身体を自由自在操れるようになるために調整力という体力要素が重要になりますが、この要素はどのような意味を持ち、どのようにトレーニングすればいいのでしょうか?

今回は、調整力であるコーディネーションとコオーディネーションの意味やトレーニング方法を解説します。

 

スポンサーリンク

調整力とは

調整力とは、以下のような意味があります。

調整力には2つの考え方がある

調整力とは、英語でコーディネーション【coordination】といいますが、体育用語では、

身のこなし

と表われます。意味としては、

自分の身体を自由自在にコントロールする能力

ということです。

調整力は、技術やスキルに直結する要素でもありますが、コーディネーションとコオーディネーションという2つの考え方があります。

  • コーディネーション=アメリカ的な考え方
  • コオーディネーション=ドイツ的な考え方

一文字違いですが、それぞれが持つ意味は大きく異なり、両方の意味を理解することで、よりスキルや技術向上につなげることができます。

では、それぞれ具体的にどのような意味があるのでしょうか?

コーディネーションの意味

コーディネーションとは、

1つの動作パターンをできる→できる→できるというステップを踏み、難易度を上げつつ習得する

という意味になります。

例えば、キャッチボールができない社会人が、うまくキャッチボールをできるようになるためには、以下のようなステップでトレーニングを行います。

まず、簡単な動きから難しい動きへ、遅い→速いスピードへと移行します。

  • 5mぐらいの距離で、下投げでゆっくりと投げる
  • 10、15mと距離を広げ、下投げでゆっくりと投げる
  • 距離は同じで少しずつスピードを上げていく
  • 15mぐらいの距離で上から投げる
  • 徐々に距離を広げていく

これはあくまでも例ですが、イメージとすればこのようにできる→できる→できるというステップを繰り返して、一つの動作を習得していきます。

コーディネ―ション

全くできなかった動作を脳が理解し、神経回路が作られ、徐々にその動きができるようになります。

そして、徐々にできてきた動作は、さらに反復をすることでレベルアップをし、より精度の高いものへと変化していきます。

このように、

パターン化された動作を繰り返し、簡単な動きから難しい動きへ、また遅い動作から速い動作へと難易度を上げていき、そのようなステップを作ることで動作を習得する

というのが、コーディネ―ションであり、これはアメリカ的な考え方になります。

ただ、ここで問題になるのが、スポーツは1つの動作パターンだけで成り立つものではありません。逆に、予期しない動きだらけで、コーディネーショントレーニングの考え方では対応がしきれません。

そこで、必要になるのがコ“オ”ーディネーションという考え方になります。

コオーディネーションの意味

コーディネーションと異なるコオーディネーションとは、こちらも身のこなしという意味になりますが、これはドイツ的な考え方となります。

コーディネーションと何が違うのかというと、コーディネーションは

“パターン化された”動作

を習得してきますが、スポーツの試合の中ではあまり活かされません。試合というのは、予期せぬ動きやプレーを求められることがほとんどであり、パターン化された動きは一部を除いた以外はほぼありません。

コオーディネーションは、予期せぬ動きに対応するため、

予想しない、不意の動きを経験させる

ということを目的としています。予期せぬ刺激を加えることで、試合で予期せぬ動きが、またはプレーが要求される場面で対応ができるようになるんですね。

例えば野球で言えば、

  • 近距離ノック
  • 凸凹ボールでのノック

こういったことがコオーディネーショントレーニングの1つの例として言えますし、サッカーで言えば野球ボールでサッカーをしたり、野球ボールを手で投げてキーパーの止める練習をする。

こういったことは試合で経験することがありませんが、予期しない動きを経験させると、

無意識下で反応できるようになる

ため、一見意味のない無茶なことでも、経験させておくことでいざというときに自然と身体が動くようになるというわけなんですね。

あくまでも“予期できないことを経験させる”ことに目的があり、できないことを経験させることでコオーディネーショントレーニングとして成立します。

ですので、選手が、

選手
次、こういうパターンで来るな。

と予想できてしまうと意味がないため、コオーディネーショントレーニングではいくつものパターンのトレーニングを、慣れさすことなく行う必要もあります。

コーディネーションとは、1文字だけしか違わないのに、意味としては大きく異なることが理解いただけたと思います。

コーディネーションとコオーディネーションの違い

ここまでコーディネーションとコオーディネーションの違いについてお伝えしてきましたが、もう一度整理をするとこのような違いがあります。

  • コーディネーション・・・1つのパターン化された動作の習得
  • コオーディネーション・・・予期せぬ動きを経験させる

コーディネーションは動作の習得を目的とし、コオーディネーションは動作の習得は目的とせず、さまざまな動きやプレーを経験させることで、試合で予期していないことが起こったときにも対応できるようにする。

この2つの意味から、日頃の練習の中ではこの2つの両方をトレーニングする必要があることがわかりますよね。

 

実際に現場で行ったコーディネ―ション・コオーディネーショントレーニング

僕は以前、神戸女子大学のラクロス部の専属トレーナーをしていましたが、そこでの指導では、以下のようなトレーニングを行っていました。

コーディネ―ショントレーニングの例

ラクロス部のゴーリー(ゴールキーパー)に対して行ったコーディネ―ショントレーニングでは、ゴールの枠を9つに分け、その1つ1つの箇所に対して身体をどのように動かすのか、というトレーニングを行っていきました。

いずる
ここでの目的は、9枠に分けた箇所に対して身体をどのように動かすのか、それをパターン化し身体に覚え込ませるということです。

ラクロス部の選手は、大学生から始めた選手がほとんどですので、細かい動きがまだまだできていない選手が多かったんですね。

ですので、こういったコーディネ―ショントレーニングを通じて、身体の動かし方をインプットさせていき、そして次のコオーディネーショントレーニングに移っていきました。

コオーディネーショントレーニングの例

コオーディネーショントレーニングとしては、ピンポン球を使って、3mぐらいの距離でボールを投げて、本来よりも速いボールスピードを経験させていきました。

他には、壁から5mぐらいの距離に壁向きで立ち、背中側からボールを壁に当て、その跳ね返りに反応してボールを止めることもしました。このようにバリエーションをつけ、予期しない動きを経験させる。

こういったことをコオーディネーショントレーニングとして捉えて行いました。まとめると、こんな感じですね。

  • コーディネーション=9つの箇所に対する動作
  • コオーディネーション=ピンポン玉や速球を活用し、予期せぬ動きを体感させる

ラクロスというのは、5mぐらいの距離からシュートを打たれることもありますし、それよりも近い距離のシュートもあります。

こういったトレーニングをすることで、選手の動きが変わっていきましたし、反応のスピードも速くなっていました。

このように、コーディネ―ション・コオーディネーショントレーニングを合わせて行うことで、スポーツ選手にとっては直接的にスキル・技術向上につながる部分でもあるので、必要なトレーニングと言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、コーディネ―ションとコオーディネーションという調整力について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 調整力とは、身のこなし、スキル・技術のことを指している
  • 調整力は、コーディネーションとコオーディネーションという2つの考え方がある
  • コーディネーションとは、パターン化された動作を習得すること
  • コオーディネーションとは、予期せぬ動きをより多く体感させること
  • 調整力の向上はこの2つをうまく組み合わせること

このような内容でお送りしていきました。流行りのひとつして言われているコーディネーショントレーニング。

小さい子供に必要なのは、コーディネーショントレーニングと言われていますが、本当は公園で遊んだり、外で駆け回っていること、それ自体が調整力のトレーニングになっていると思います。

自然の中で遊ぶことでそこで得られる身体の動きや新しい体験。それ自体が将来子供にとって本当に必要な刺激になると思います。

今回の内容が少しでも、スポーツ選手の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む