着圧ソックスを履くとトイレが近くになる理由【リンパの流れが関係】

着圧ソックスを履くとトイレが近くになる理由【リンパの流れが関係】

着圧ソックスを履き始めから、少しトイレが近いような気がする。そんな経験をしたことがあるかもしれませんが、これは偶然ではないんですね。

着圧ソックスを履く生活を始めたことによって、リンパ液の流れが改善し、その影響を受けてトイレが近くなっている可能性があります。

今回は、着圧ソックスを履いてからトイレが近い理由について解説します。

 

スポンサーリンク

リンパ液の流れについて

まず、着圧ソックスとトイレの近さについてお伝えする前に、リンパ液の流れについて知ってもらうと今回のテーマがよく理解できると思うので、まずはリンパについて解説します。

血液とリンパ液

リンパ液って、聞いたことはあるけど、具体的にはわからない方が多いんではないでしょうか?このリンパ液は、元々は血液なんですね。

血液って、心臓の拍動によって身体の末端まで送られる仕組みになっていますが、動脈を通っている血液には、

  • 酸素
  • 栄養素

が豊富に含まれ、それらを血液に乗せて末端の細胞などに運んでいるわけです。そして、末端にたどり着いた血液は、酸素や栄養素を細胞などに渡し、逆に二酸化炭素や老廃物を回収し、静脈を通って再度心臓に帰っていきます。

ただ、この末端にたどり着いた時に、毛細血管から約1割ほどの血液が浸み出してしまい、間質と言われる空間に出てしまいます。

そこから、リンパ管と言われるところに浸み出した液体が入っていき、リンパ管に入った液体のことをリンパ液というんですね。つまり、

リンパ液は、元々血液

ということです。

リンパ液は鎖骨下で静脈に入る

リンパ液は、血液同様全身に流れているわけなんですが、最終的に鎖骨下リンパ節と言われる鎖骨の溝辺りで静脈に入り、再度血液に合流します。

そうすると、再度リンパ液は血液と混ざり、体内を回ることになります。

血液は濃度を一定に保つ働きがある

ただ、ここで問題になるのが、血液は濃度を一定に保とうとする働きが備わっており、ある程度の量のリンパ液が静脈に合流しても、さほど問題はありません。

ですが、静脈に合流するリンパ液の量がいつもよりも多くなったとき血液が薄くなってしまう可能性があるんですね。そんなときに、人の身体は尿意を感じさせ、トイレで尿として余分な水分を出す働きがあります。

つまり、着圧ソックスを履くことでトイレが近いと感じる方は、この反応が起こっている可能性があると考えられます。

 

着圧ソックスを履くとトイレが近いと感じる理由

ほぼ答えをお伝えしましたが、着圧ソックスを履くとトイレが近いと感じる理由は以下の通り。

着圧ソックスの影響でリンパ液の流れが改善

本来着圧ソックスを履くだけでは、そこまでリンパ液の流れは改善しませんが、着圧ソックスを履いた状態で軽く動いたりすると、むくみがより改善できる可能性があるんですね。

つまり、着圧ソックスを履いた影響でリンパ液の流れが良くなり、静脈に合流するリンパ液の量が増えた可能性があるはずです。

余分な水分を排出する

そこで、血液の濃度がいって量よりも薄まってしまうと、尿意を感じさせ、結果トイレが近いと感じています。

決して、それがダメなことでもないですし、身体の不調があるわけでもなく、身体の機能としては自然な反応です。

着圧ソックス=利尿作用がある、ではない

ただ、間違えてはいけないのが、着圧ソックスを履く=利尿作用があるということではありません。あくまで、ここまでお伝えしてきたことは結果論です。

逆に、着圧ソックスを履いた人全員がトイレが近いと感じたかというと、そうではないはず。ネットの情報を見ていると、着圧ソックス=利尿作用があると書かれていましたが、それは間違いですので、整理しておいてください。

 

まとめ:着圧ソックスを履くとトイレが近くなることがある

今回は、着圧ソックスを履くことでトイレが違いと感じる理由について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 血液が血管から浸み出した結果リンパ液となる
  • リンパ液は、鎖骨下リンパ節から静脈に入る
  • 血液は濃度を一定に保とうすると働きがある
  • 静脈に入ってきたリンパ液が多いとトイレが近くなる
  • 着圧ソックスを履くことで、リンパの流れが良くなることがある
  • 結果、着圧ソックスを履くとトイレが近いと感じることがある

こういった内容をお伝えしていきました。

着圧ソックスは、ケアをした後に履くことでよりむくみもスッキリしますし、結果的に脚が細くなることにつながります。トイレが近くなることは、むくみがスッキリするというサインでもあるので、特に問題はないですからね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む