投げ方

スポーツパフォーマンス向上の完全マップ【コンディショニング+身体の使い方+痛み】

今持っているパーソナルトレーナーとしての知識や技術を知っていると随分変わったんだろうな…とふと思うことがありますが、それだけ、身体のことを知ることで、スポーツ選手として変わることができるんですね。

年齢は関係なく、高校生であろうと社会人であろうと、基本は同じ。だからこそ、ここではスポーツ選手がパフォーマスを向上させるために、今よりも少しでもレベルアップするために必要なことを全て解説します。

1つ1つの記事もかなり濃いため、じっくり時間をかけて読み進めてみてくださいね。

続きを読む

インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

現役時代、身長の高い投手からインステップで投げられると怖さで打てなかったことを覚えています。それが、元楽天ゴールデンイーグルスに所属していた片山投手で、僕の1歳年上の当時報徳学園でエースでした。

当時の報徳は甲子園にも出場しており強かったのですが、このときの片山投手の威圧感は半端ではなく、僕はデッドボールを指に受け骨折。相手に威圧感を与えられ、インステップをして投げることはそういう意味では投手の武器になります。

ただ、インステップする分肩肘への負担が増すことも考えられますが、レベルの高い選手になれば安易にインステップはやめた方がいいとは言いづらくなります。

今回は、野球選手がインステップしてしまう原因と改善方法について解説していきたいと思います。

続きを読む

キャッチャーのスローイングをより速くする腕の振りやステップ

キャッチャーのスローイングについては、僕も野球経験者なのでわかりますが、捕球してから身体の前側でステップをして送球しなさいと教わってきました。

ただ、そのステップだと0.1秒の差がアウトセーフを分ける2塁へのスローイングが遅くなる可能性があるので、あまりおすすめできません。

肩が強くない選手ほど、捕球と同時に踏み出すようにステップをすることで勢いのあるボールを投げることができます。

今回は、キャッチャーのスローイング動作について解説していきます。

続きを読む

キャッチボールをするときに覚えておきたい投げ方と手順

キャッチボールを始めるとき、なんとなく軽く投げて身体が温まってくると徐々にスピードを上げていく。そんな感じで、キャッチボールは肩慣らしの延長のような感覚でやってしまっていませんか?

実は、このキャッチボールは投げ方や手順を変えることで、試合や練習でもっとスムーズに腕が触れたり、本来のパフォーマンスが発揮できるようになる大切な時間になります。

今回は、そんな当たり前のようにやってしまいがちな、キャッチボールの投げ方と手順について解説していきたいと思います。

続きを読む

野球選手はインナーマッスルを強化しただけでは球速が上がらない

パーソナルトレーナーのいずるです。

野球選手は、インナーマッスルを強化すれば球速が上がると言われていましたが、今でもそうやって言われることもあります。ただ、これは間違いですし、インナーマッスルを強化するだけでは、球速は上がりません。

今回は、野球選手はインナーマッスルを強化しただけで球速が上がらない理由について解説します。

続きを読む