ムキムキなふくらはぎを細くする方法【刺激を抜けばOK】

ふくらはぎがムキムキに感じていて、少しでも細くしたい。そんな悩みを抱えている方もいると思います。

特に夏場になってきたり、膝下を出す機会が増えると気になってしまいますよね。そんなムキムキになるふくらはぎは、ふくらはぎの筋肉に加わる刺激を徹底して取り除くことで細くすることができます。

この記事では、ふくらはぎがムキムキになる原因と細くする方法について解説します。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎがムキムキになる原因

ふくらはぎがムキムキになる原因は、以下のようなことが考えられます。

筋肉がついた or 硬くなっている

一番最初に確認しておかないといけないことは、“ムキムキ”と感じているふくらはぎはどのような状態なのか?ということです。

おそらく一般の方がムキムキと感じる原因は主に2つあって、

  • 筋肉そのものがついた
  • 筋肉が緊張して硬くなっている

この2つが考えられます。どちらのケースも似たような状態になるため、一般の方であれば見分けがつきづらいかもですが、今回は筋肉がついたということを前提として解説します。

もし、筋肉が硬いと悩んでいる方は、こちらの内容で改善ができると思います。

なぜふくらはぎに筋肉がついてしまうのでしょうか?

筋肉がつく理由

筋肉には主に2つのタイプの筋肉があり、速筋と遅筋があります。速筋は刺激を受けると太くなる性質があり、ムキムキと感じている方は、ふくらはぎの速筋に刺激が加わってしまっている可能性が考えられます。

この速筋に刺激が加わる条件としては、

  • 大きな力を発揮する
  • 筋肉が伸ばされながら力を発揮する

などがあります。大きな力を発揮するというのは自分でもわかると思いますが、そういう機会がないという方は、主に筋肉が伸ばされるような刺激が加わっていることが原因になっているはずです。

速筋が刺激を受ける場面

どういう場面で速筋に刺激が加わっているのかというと、

  • 歩いているときの着地
  • ランニングのときの着地

などが考えられます。人は自然に歩くことができると、身体のほぼ真下の位置で着地をし、そのとき足裏全体で地面に着地をします。

足裏全体で着地

この場合は、特にふくらはぎの速筋は刺激を受けませんが、脚を前に出すような意識で歩いている場合、身体よりも前に脚が出てきてしまいます。

そうすると、脚がつっかえ棒のような存在となり、つま先で地面を突くように着地をしてしまいます。

着地

このようにつま先から着地をすると、ふくらはぎの筋肉がブレーキをかけるような動作となり、その結果ふくらはぎの速筋が刺激を受けてしまいます。

これが先ほどお伝えした、伸ばされながら力を発揮している状態になります。歩いているときでも速筋に刺激が加わりますが、一番の問題は走ったときの着地です。

ランニングなどをすると、一度身体は宙に浮き、片脚で着地することになります。

つま先着地

そうすると、体重の数倍もの負荷がふくらはぎの速筋にかかるため、このような走り方になっている方は、よりふくらはぎがムキムキになってしまう可能性があるわけです。

ですので、ムキムキのふくらはぎで悩んでいる方は、こういった日常で受けるふくらはぎへの刺激をできるだけ抜くことが、ふくらはぎを細くするポイントになるというわけです。

遺伝ではない可能性が高い

1つだけおさえておいてほしいことは、病的なことがない限り、決して生まれもってふくらはぎがムキムキではないということです。

遺伝によってアキレス腱の長さに違いが出るということは確認されていますが、遺伝的にふくらはぎがムキムキで太いのではないため、改善は可能だということです。

詳しくは、「ふくらはぎの形は遺伝の影響も受けるが細くすることは可能」で解説しているので、参考にしていただければと思います。

 

ムキムキなふくらはぎを細くする方法

では、ムキムキなふくらはぎをどうすれば細くできるのでしょうか?個人によって、ふくらはぎがムキムキな原因が微妙に違うので、本来は個々に合わせた改善方法があるはずです。

ただ、ここでは1つの参考として方法をお伝えしていきます。

速筋への刺激を抜く

まず必要なことは、速筋への刺激を抜くということ。これは、原因を理解していただくと、この意味はよくわかると思います。

具体的にどのように速筋への刺激を抜けばいいのでしょうか?

歩き方の改善ポイント

例えば、歩くときに、

  • 脚を前に出す
  • 足首の動きを意識している

こういうことがある方は、着地のときに足首が緊張し、つま先から着地をしている可能性があります。歩くときのポイントは、

重心をみぞおちに設定し、その重心を前に運ぶ

これだけでOKです。どういうことかというと、物体が移動するとき重心の位置が高い方が、その下にかかる負担は軽減されるんですね。

実際に試してもらうとわかりますが、足元に意識を向けて歩いてみてください。

脚を前に出して歩く

そうすると、歩くときに身体が重く感じるはずです。今わからなくても、重心を高く設定して歩くと、その違いがよくわかると思います。

一度肩をすくめるように、重心を引き上げます。

重心を引き上げる

そして、脚がみぞおち辺りから生えているイメージを持ち、肩はリラックスさせます。みぞおちを重心と設定し、重心を前に運ぶように、スーっと歩いてみてください。このとき手足はぶらぶらのイメージ。

重心を前に運ぶ

そうすると、先ほどよりも楽に歩けるのがわかると思います。ふくらはぎなどへの負担が軽減でき、さらにリラックスして歩けているため、足裏全体で着地ができます。

この着地ができると、ふくらはぎへの刺激が抜け、そういう歩き方を続けることでふくらはぎは細くなっていきます。実際、僕はこういう歩き方をして、ここまでふくらはぎは細くなってきています。

僕のふくらはぎ

画像では、あえてグッと力を入れていますが、それでも大きく筋肉は張り出していませんし、ムキムキさも感じないと思います。こういう歩き方の改善は本当に大事です。

歩き方については、「カチカチで太いふくらはぎは歩き方を変えると細くなる【余分な意識は不要】」でより詳しく解説しています。

走り方の改善ポイント

この歩き方の延長に走り方がありますが、ランニングなどで重要なこともフラットに着地ができることです。

走るときのイメージも、

重心は前、脚は後ろで回転

という感覚で走ることで、フラットに着地ができ、ふくらはぎへの刺激が抜けることでムキムキなふくらはぎを細くすることができます。

これは、もっと具体的に理解してもらいたいので、「ランニングで脚が太くなる2つの原因と改善方法」を参考にしてみてください。動画で詳しく解説しています。

筋肉を緩める

このように、ふくらはぎへの刺激を抜くことでふくらはぎは細くなっていきますが、速筋に刺激が加わっている方は、筋肉も硬く浮腫んでいると思うので、合わせて筋肉を緩めるとさらに細くすることができます。

ふくらはぎを緩める方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

筋トレなどで鍛えることは不要

こういった流れができると、ムキムキなふくらはぎを細くすることができますが、特に筋トレなどが必要なわけではありません。

イメージ的に、

細くする=筋トレ

と思い込んでいる方もいるかもしれませんが、筋トレは筋肉を鍛えることですよね?筋肉は鍛えると太くなるため、ムキムキなふくらはぎで悩む方には逆効果です。

それよりも、逆の緩める・刺激を抜くといったことが本当に必要なことです。ここは改めて整理をしておいてほしいなと思います。

 

ムキムキなふくらはぎは刺激を抜けば細くなる

今回は、ムキムキなふくらはぎを細くする方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ふくらはぎがムキムキと感じるのは、筋肉がついた or 硬いのが原因
  • ふくらはぎは、速筋に刺激を受けるとムキムキになる可能性がある
  • その速筋に刺激を受けるのは、主に着地など
  • ムキムキなふくらはぎを細くするためには、筋肉への刺激を抜くこと
  • そして、筋肉を緩めること

この一連の流れができると、ムキムキなふくらはぎを細く引き締めることができるので、ぜひ参考に実践していただきたいなと思います。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ふくらはぎに関するその他の記事も参考にしてみてくださいね。

伊藤出(いとう いずる)

パーソナルトレーナーの31歳。身体の悩みを改善するための情報を発信しています。板前→沖縄でジムのインストラクター→女性専門のサロン→独立(パーソナルジムIzuruStyleオープン)。

【指導経歴】
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

>>プロフィール詳細
>>IzuruStyleについて
>>コース一覧
>>お客様の感想
>>無料体験
>>お問い合わせ

  1. サッカー選手がO脚になりやすい理由と身体への影響を解説

  2. 足首が細くならない原因と改善方法【根本的な問題を取り除く…

  3. 野球選手にしてほしい体幹トレーニングの方法【目的を明確に…

  4. ウォーキングで膝上の肉を落とす方法【基本的に難しい】

  5. 体を細く引き締める方法まとめ【理想の身体を目指そう】

  6. ダイエット目的でジョギングしても痩せない人に知ってほしい…

  7. ランニングでアキレス腱に痛みが出る原因と改善方法

  1. 太ももの前側がパンパンに張る原因・細く引き締める5ステッ…

  2. スクワットの効果とやり方を解説【目的によって変わる】

  3. 太ももの付け根が太い原因と細くする4つの方法

  4. お腹が出る原因と引っ込める方法【トレーニング・ダイエット…

  5. ヒップアップして美尻になる方法【トレーニング・エクササイ…

  6. 下腹がぽっこり出る原因と解消する方法【ダイエットも行う】…

  7. 太ももの外側がポコッと張り出す原因と4つの改善方法【筋ト…

  1. 脚やせにおすすめのグッズ9選をランキングで紹介【効果・選…

  2. ダイエットシューズのおすすめをランキングで紹介【プロが解…

  3. ヒップアップスパッツおすすめ6選をランキングで紹介【トレ…

  4. おすすめのホットヨガスタジオ5選【シェイプアップにも効果…

  5. 【簡単】シェイプアップインナーを使ってお腹を引っ込める方…

  6. 二の腕の引き締めに役立つグッズ5選【口コミも紹介】

  7. 脚やせにおすすめのレギンス・ソックス5選をランキングでご…