ピッチングで身体が流れてしまう原因と改善方法

先日、野球選手の指導を行っている際に、最近投げた後にどうしても身体が流れてしまうという相談を受けました。

投げ方の綺麗な選手のフォロースルーを見ていると、身体に腕が巻き付くように動き、全体のバランスも良く見えます。

ただ、今回指導した選手の場合投球後に横に身体が流れるように動いてしまい、全体のバランスとしてもあまり良くなく、ボールにも本来の勢いがありませんでした。

フォロースルーの位置や、リリースポイントを修正することで全体のバランスも良くなり、うまく改善ができたので、今回はピッチングで身体が身体が流れる原因と改善方法を解説します。

 

スポンサーリンク

ピッチング後に身体が流れる原因

今回相談を受けた選手は、以前は投球後のバランスも良く投げられていたそうですが、最近はバランスが悪く、投球後にはほとんど身体が横側に流れるようになったそうです。

この原因は腕の振りを見てわかりましたが、まず選手に確認したことはどのように投げているつもりかを確認していきました。

オーバースローかスリークォーターか

確認というのは、身体をどのように使っているのかというよりも、選手自身はオーバースローで投げたいのか、スリークォーター気味で投げたいのか、その投げ方を確認していきました。

選手はオーバースローのつもりで投げていましたが、ここに問題がありました。

実際に腕の振りを見ていると、

リリースの位置が低く、腕の振りは縦というよりも斜めに動いており、スリークォーター気味

に投げていました。

腕が若干横から出てくるので、フォロースルーを迎えるときに縦ではなく横回転になり、その影響で身体が外側に流れてしまうということが考えられました。

動画を撮り本人に見せて確認すると、自分が思っているよりも腕が横から出てきており、フォロースルーの位置も思ったところとは違っていたそうです。

おそらく、ピッチング後に身体が流れると悩んでいる方は、身体の回転方向が横になっている可能性が高いため、一度動画で確認すると原因がわかると思いますよ。

原因が見えてきたところで、改善に移っていきました。

 

身体の回転を横から縦に変える

まず行ったことは、身体に適切な回転の方向をインプットさせるために、体幹の筋肉に触れ、立て回転になるように筋肉を収縮させていきました。

投げる

人の身体は、自分が動かしたい方向に筋肉を収縮させて教育すると、筋肉を収縮させた方向に身体がスムーズに動くようになります。

ただ、ここで気をつけないといけないのは、この教育するときの体幹の角度が間違っていると、投球動作も崩れます。ですので、適切な方向に筋肉を収縮させる必要があります。

実際に、立った状態で腹筋運動のようなことを繰り返し行い、そこからシャドーで全体の投球動作を改善していきました。

この後、実際にボールを投げてもらいましたが、これだけで投球後に身体も流れなくなり、バランスよくなってきました。

ただリリースポイントの位置が少し低かったので次はそこを修正していきました。

リリースポイントを確認する

リリース時に一番大きな力を発揮する場所は体幹です。

どの位置でリリースすれば一番力が加わりやすいのか、まずはその位置を探りインプットしていきました。

その位置が選手自身が思っていたリリースの位置よりも高かったため、そのイメージを変えてもらいました。

いつもより少し高い位置を切るようなイメージで投げてもらうと、ボールに指がかかっている感覚が出てきて気持ち良く投げれたそうです。

投球を続けてもらい投げ方を見ていましたが、指導前よりもリリースの位置も良くなり、全体のバランスも良くなっていきました。

腕が同じ軌道を通らない

ただ、この選手の特徴で同じところにボールを投げられておらず、良いときもあれば、たまにバランスが崩れることもありました。

本人も腕の動きが一定でないことは悩みだったそうです。

同じところにボールが投げられないということは、腕が同じ軌道を通っておらず、毎回違う軌道を通っているということです。

ですので、これをフォロースルーで改善していきました。

フォロースルーの位置を毎回同じにする

腕の軌道が毎回違うということは、フォロースルーの位置も毎回違ってきます。

選手に指導したことは、まず良いボールが投げられた時、感覚良く投げられたときにフォロースルーはどこに来るのかを感じてもらいました。

そして、そこがわかってくると毎回その位置にフォロースルーを持っていくように投げてもらいました。

フォロースルーの位置が安定してくると、その前に行われている動作も安定してきて、結果腕は同じ軌道を通るようになります。

ここまでの流れを実践してもらうと、

選手
すごい気持ち良く安定して投げられます。

と言われ、変化を実感していました。

 

ピッチングで身体が流れてしまう原因と改善方法のまとめ

今回は、ピッチングで身体が流れてしまう原因と改善方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ピッチングで身体が流れるのは、横回転になっているから
  • 身体を縦回転にすれば改善できる
  • 腕の軌道が同じになれば、コントロールも安定する

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む