自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法

スポーツ選手

野球選手であれば、誰もが今よりも良いバッティングをしたいと思うことは自然ですよね。ただ、そういう気持ちがあったとしても、バッティングをすればつまってしまう。

よく身体の中まで呼び込んで打てと言われることがありますが、もしかすると身体の中に呼び込んで打とうとしていることがつまってしまっている原因かもしれません。

今回は、自分に合ったバッティング時のインパクトの位置を知る方法を解説します。

 

スポンサーリンク

バッティング時の理想的なインパクトの位置とは

バッティングをするとき、どこが理想的なインパクトの位置になるのでしょうか?

身体の前+腕が伸び切る直前ぐらい

結論から言えば、イメージとしてはこのぐらいの位置になります。

身体の前辺りの位置であり、肘が伸び切るぐらいの位置が最もボールに力を伝えやすいインパクトの位置になります。これは、後程行うことを実践してもらうと、意味がよくわかると思います。

身体の中だと力が入りづらい

よく野球指導者は、

指導者
身体の中に呼び込んで打て。

というアドバイスをされますが、このアドバイスをそのまま聞き入れてしまうとインパクトの位置がこの位置になってしまいます。

少し極端ではありますが、実際にこのぐらいインパクトの位置が手前になってしまうことで詰まる。この位置は、全然力が入りづらく、ボールの勢いに負けてしまいます。

ですので、理想的なインパクトの位置というのは、

身体の前+肘が伸び切る前後

ということになります。

 

自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法

では、自分に合ったインパクトの位置をどのように見つければいいのでしょうか?

腕が伸び切る辺りで壁を押す

これはパートナーにバットのヘッドを持ってもらったり、実際にボールを打つようにゆっくりスイングの軌道を通り、インパクトの位置で壁を押してもみつけられます。

まず、いつも通りにスイング動作を行い、大体いつものインパクトの位置をイメージして壁を押します。

バッティング動作

バッティング動作

バッティング動作

バッティング動作

バッティング動作

バッティング動作

インパクトの位置で最も力が入るのは体幹ですので、体幹に一番力が入る位置を探っていきます。

身体の構造上、一番力が入るインパクトの位置は身体の前で、腕が伸び切る前後にはなります。ただ、人によって微妙に位置が変わるので、自分が一番力を入れやすい位置を“感覚的に”みつけます。

このとき一番力が入りやすかった位置が、最も理想的なインパクトの位置となります。実際に、身体の中に呼び込んで打とうとしていた選手は、かなり前で打つ感覚になると思いますが、その感覚を変えるとバッティング時の打球も変わってくるはずです。

もちろん、コースによってインパクトの位置は変わってきますので、

  • インコース
  • 真ん中
  • アウトコース

それぞれのコースに合わせて、自分が最も力の入りやすいインパクトの位置をチェックしておきます。まずは、静止状態で理解してもらい、これを徐々にバッティングにつなげていきます。

ティーでインパクトの位置を感覚的にインプットする

次は、ティーの中でインパクトの位置を理解していきますが、先ほど静止状態で一番力が入ったインパクトの位置を整理しました。ティーでは、そのインパクトの位置にボールを投げてもらい、ボールを打っていきます。

このときのポイントは、自分が一番しっくりくるインパクトの位置を“感覚的に”実際の動作の中で理解することです。

静止状態だと簡単にインパクトの位置はつかめますが、これがティーになると少しずれてくるので、感覚的に掴めるようにティーを繰り返していきます。

このティーでの感覚は、バッティング時につながってくるので、日頃からこのような意識でティーを行うと、バッティングが変わる可能性があります。ティーでインパクトの位置が掴めると、次はバッティングに移行します。

バッティングでインパクトの位置を掴む

バッティングで自分に合ったインパクトの位置を掴むポイントは、いきなり速いボールを打たないことです。

ティーで得た自分に合うインパクトの位置でボールを捉えられるように、

遅いボールから速いボールに徐々にスピードアップ

させていきます。そうすると、徐々にタイミングも合ってきてインパクトの位置も感覚的に理解していけます。

センターの奥にバットを投げるイメージ

どうしても、バッティングに入ってもインパクトの位置が手前になり、つまってしまう場合は、

センターの奥にバットを投げるイメージ

でバッティングをしてみてください。

フォロースルーの位置

すると、自然とインパクトの位置が前に出てきて、打球が良くなるので、1つだけイメージを持つとすればこのイメージでバッティングをしてみてください。

この流れで自分に合ったインパクトをみつけられ、バッティングに結びつけることで今までと違ったバッティングになると思います。

 

バッティングのインパクトの位置に関して言われていること

ここからは、一般的に言われていることに対して僕なりの考えをお伝えします。

インパクトの瞬間にバットでボールを押し込む

雑誌やネットの情報を見ていると、

とある情報
ボールがバットに当たるときに押し込む。

という表現をしていることがありますが、これは現実的に不可能です。

ボールがバットに当たったと認識するまでには、コンマ数秒かかりますが、このコンマ数秒の間にはボールは前に飛んでしまっているため、細かい操作をする時間がありません。

また、これは手首の操作でも同じことが言えます。

手首を返して打つ

バッティングのとき、リストターンを意識して…みたいなことも言われていますが、これも先ほどと同じで、ボールがバットに当たったと認識した時点でボールは前に飛んでしまっています。

ですので、いくら手首を返そうと意識したところで、実際のバッティングにはあまり影響がありません。

逆に手首を返そうと意識することで、バットをこねるようになり、マイナスになる可能性もあるので、あまりおすすめできません。

 

まとめ:インパクトの位置を変えて気持ち良くバッティングしよう

今回は、自分に合ったインパクトの位置の見つけ方について解説しました。

今回の記事の内容

  • インパクトの位置は、腕が伸び切る手前ぐらいが理想
  • 身体の中でインパクトを迎えると力が入らない
  • 壁を押して、一番体幹に力が入る位置が自分に合ったインパクトの位置
  • ティーは、感覚的にインパクトを掴めるように行う
  • バッティングでは、徐々にスピードを上げ、ティーでの感覚を活かす

こういった内容をお伝えしていきました。

野球選手は、インパクトの位置を変えるだけで明らかにバッティングが変わります。気持ち良くバッティングができるようにぜひ試してみてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!