野球の打ち方を3ステップで解説【シンプルに考える】

野球選手に伝えたい打ち方の3つのポイント【バッティングのコツも解説】

この記事では、野球選手の打ち方について解説します。

この記事を読むと、

  • 打ち方の全体像
  • 具体的な身体の使い方
  • 身体の使い方以外の重要な要素

などについて理解していただけると思います。早速、お伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

野球の打ち方を3ステップで解説

この記事でお伝えする内容は、トレーナーの立場でお伝えするので、あくまでも身体の自然な使い方を前提として解説します。

基本的なスイング動作

まず最初に知っておいてほしいことは、スイング動作を習得するためには、

  • 分習法:習得したい動作をいくつかに分解して習得する方法
  • 全習法:習得したい動作そのものを改善して習得する方法

という2つの方法をうまく組み合わせることが重要です。

一番の目的が、

野球に必要なスムーズなスイング動作を習得すること

だとすれば、まずはいくつかの部分に分けて動作改善を行っていきます。そして、それらを組み合わせるように、最後にスイング動作(全習法)を行う。

その結果、スムーズなスイングになるというようなイメージで、動作の習得を行っていきます。主に3つの局面に分解すると理解しやすいと思います。

3つの局面というのが、

  1. 立つ
  2. 前に(体重移動)
  3. 打つ

などです。

考え方はシンプルでOKなので、それぞれ解説しますね。

①立つ

最初の立つという局面は、文字通り軸足に体重を乗せたとき、どのように立つのかということです。

僕も学生時代野球をしていて、よく指導されていたのが、

母趾球に体重を乗せる

ということでしたが、これはNGです。なぜならバランスがとれません。軸足に体重を乗せる局面では、以下の赤い丸の位置に体重を乗せます。

体重を乗せる位置

ここに体重を乗せて立つことで、足裏全体で立つことになり、非常にバランス良く立つことができます。

よく選手でみかけるのが、軸足に体重を乗せたとき、足の小指側に体重がかかってしまうこと。

小指側で立つ

こういった立ち方になってしまうと、軸足に溜め込んだエネルギーが斜め上方に逃げてしまい、下半身をうまく活用できなくなります。

足裏全体に体重を乗せることが重要です。

軸足に乗る

見た目のこの微妙な差は、大きな結果の違いを生むので、注意が必要ですね。

また、どうしてもうまく立てない方は、「ランニングの走り方を解説【フォームのポイントは5つ】」の中でお伝えしている“フラット着地”のトレーニングをしてみてください。

そうすると、より安定して立つことができ、下半身の力を活用しやすくなります。

②前に(体重移動)

次は、前にという体重移動の局面ですが、

  • 骨盤
  • 腰 など

自分の中で目印を持ち、その目印を投手方向に、まっすぐに移動させるイメージで体重移動を行います。

目安

身体の開きが早い選手の場合、この体重移動をまっすぐ繰り返すだけで改善は可能です。

軸足で立てると、まっすぐ体重移動を行う。そして、次は打つ(スイング)に入ります。

③打つ(スイング)

まっすぐに体重移動ができると、最後は打つ(スイング)だけですね。

実際にボールを打つ時、グリップを小指にかけておき、そのグリップ部分をボールにぶつけるようなイメージでバットを出していきます。

グリップに小指をかける

小指でリードして打つ

そうすると、バットは最短で出てきて、ボールを身体の前側で捉えやすくなります。

また、この打つ局面で重要なイメージは、

センターの奥にバットを投げるようなイメージ

でスイングしたり、ボールを打ったりすることです。そうすると、インパクトの位置が身体の前に出てきて、ボールに力を加えやすくなります。

実際にバッティングをしている最中に、いろんな身体の意識を持っていると、逆に緊張の要因となってスムーズなスイングができなくなります。

ですので、バッティング中はタイミングを計ることに集中し、もう1つ意識するのであれば、

センターの奥にバットを投げるようなイメージでスイングする

というぐらいで、このイメージがあれば、気持ち良くバッティングすることができますし、良い結果につながるはずですよ。

実際現場で指導していることは、ここまでお伝えした、

  1. 立つ:踵に体重を乗せる
  2. 前に(体重移動):ポイントを置いた位置を投手方向へまっすぐ移動させる
  3. 打つ:センターの奥にバットを投げるようなイメージで打つ

というシンプルな3つで、これを軸に考えると、頭の中が整理しやすくなると思います。

実際は、その他にも打つ時のポイントがあるため、ここからさらに深堀したポイントを解説しますね。

 

その他の打ち方のポイント

ここからお伝えすることは、以下のようなことです。

  • 構えの位置
  • バットの傾き
  • 脇の開き
  • インパクトの位置
  • フォロースルーの位置
  • ハンドアイ

それぞれ解説します。

構えの位置

バットの構える位置を変えることで、

  • スイングスピード
  • バットの出しやすさ

などが変わってきます。

例えば、バットを高い位置で構えるとします。

グリップの位置が高い

そうすると、重力加速度といって、重力の影響を受けて振り出すときに加速されるため、スイングスピードを速くすることができます。

このときの注意点は、あまりバットの位置を高く構えすぎると、肩周りが緊張して、その緊張によってスムーズなスイング動作がすづらくなるということ。

あくまでもリラックスして構えられる位置で、バットを高く構えることがポイントですね。

逆に少しバットの構える位置を低くすると、バットをスムーズに出しやすくなります。

構え

この辺りは感覚に頼ったり、バッターのタイプによって使い分けるのがいいと思うので、両方試しながら自分に合った構えをみつけるのが良いと思います。

基本的には、“こう構えなければいけない”みたいなことはないので、自由に自分に合った構えを見つけられるように、いろいろ試すのがおすすめですね。

バットの傾き

次はバットの傾きについてですが、バットの傾きによっても、

  • スイングスピード
  • バットの出しやすさ

などが変わります。

バットを立てて構えると、スイングスピードが加速しやすくなり…

グリップの位置が高い

バットを寝かせて構えると、バットコントロールがしやすくなります。

バットの角度

イメージ的な違いで言えば、

という感じですね。

脇の開き

人の身体は、

開いた後に閉じる、閉じた後に開く

という流れがあるため、基本的には脇を開いて構えた方が、スムーズにバットが出てきます。

脇の開き

脇の開き

逆に、脇を閉じる意識を持って構えたりすると、その後は脇が開くため、ボールが当たるインパクトの瞬間に力が抜けてしまうことがあるんですね。

脇が開く

脇が開く

メジャーのバッターを見ると、多くの方が脇を開いていますが、あの姿は理に適っているため、個人的には少し脇を開くことをおすすめします。

インパクトの位置

次にインパクトの位置についてですが、これは身体の前側に設定するようにします。

脇の開き

この理由は、実際にバットで壁などを押すとわかりますが、最も力が入る位置が身体の前の位置になります。

よく、

身体の中に呼び込んで打て

と言われることがありますが、言葉通りに実践するとこの位置でインパクトを迎えることになります。

インパクトの位置

この位置で壁を押すとわかりますが、ほとんど力が入りません。ですので、見た目で解説するのであれば、身体の前側でインパクトを設定することが適切だと考えています。

ただ、バッター感覚としては自分が思っているインパクトの位置よりも少し前にあるため、それを表現として、

身体の中側に呼び込んで打つ

という表現をされることがあるため、一概にこの言葉そのものがNGというわけではありません。

身体の中で実際に打ってしまうと打球が前に飛びづらくなるため、インパクトの位置は身体の前側に置くようにしてみてください。

フォロースルーの位置

フォロースルーというのは、ボールを打った後の局面ですが、フォロースルーの位置を変えることで打球の上がり方が変わります。

例えば、ボールを打った後に高い位置にフォロースルーをとるとします。

フォロースルーの位置

そうすると、打球は上がりやすくなるんですね。

逆に、フォロースルーを身体の横方向にとると、ライナー性の打球がよく飛ぶようになります。

フォロースルー

なぜこのような違いが起こるのかというと、動作というのは、

  • 準備動作:テイクバック
  • 主動作:インパクト
  • 終動作:フォロースルー

という3つで構成されていて、終動作を変えるとインパクトの位置が変わり、その結果打球の質が変わります。

ですので、打球の質を変えたい場合は、ボールのどこを打つという意識を持つこともいいと思いますが、フォロースルーの位置を変えても簡単に変えることができます。

ハンドアイ

そして最後は、ハンドアイという能力です。これは、いわゆる動体視力のことであり、人がボールを打つ時は、目の働きも重要になります。

例えば、日頃120kmしか打っていないのに、試合で140kmを投げる投手にあたると、目が慣れていないので、対応するのが難しくなります。

ここまでお伝えしたフォーム的な問題以外の要素としては、ハンドアイという能力も重要になるので、ボールに目を慣らすということも実践しておきたいことの1つですね。

 

野球の打ち方のまとめ

今回は、野球選手にお伝えしたい打ち方を3ステップで解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 基本的な打ち方の考え方は、立つ、前に、打つの3ステップ
  • あまり複雑に考えると、動作が硬くなりやすい
  • 実際にバッティングするときは、タイミングをとることに重点を置く
  • そして、センターの奥にバットを投げるようなイメージでスイングする
  • そうすれば、自然と気持ち良くバッティングをすることができる

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも野球選手などの参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


身体の悩み無料相談実施中!


当サイトの記事で身体の悩みが改善しない場合やどこに行っても改善できない悩みをお持ちの方は、神戸パーソナルトレーニングジムIzuruStyleでは無料体験や相談も随時行っていますので、お気軽にご相談ください。

無料体験はこちら≫

IzuruStyleについて≫

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む