野球選手に伝えたい打ち方の3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

野球選手であればより打ちたいし、うまくなりたいと思うのは自然なことですよね。そのためにいろんな打ち方をしてみたり、自己流でいろいろ試してみる。

もし今、打ち方に悩んでいる方は打ち方を3つに分けて考えると、よりシンプルになり頭の中を整理しやすいと思います。

今回は、野球選手に向けて打ち方のポイントをまとめていきます。

 

スポンサーリンク

野球選手に伝えたい打ち方の3つのポイント

野球選手は日々打ち方に悩んでいたり、試行錯誤をしているかもしれませんが、パーソナルトレーナーの僕は身体の使い方を指導するとき、打ち方を3つに分けて伝えています。

それが、

  1. 立つ
  2. 前に(体重移動)
  3. 打つ

という3つですね。これは非常にシンプルでわかりやすいと思うんですね。今回はこの3つに分類して打ち方を解説していきます。

打ち方のポイント①:立つ

立つという局面は、軸足に体重を乗せてタイミングをとるときであり、また下半身のエネルギーを溜める段階でもあります。ここでのポイントは、主に体重を乗せる位置ですね。

体重を乗せる位置

バッティングをするとき、軸足のどこに体重を乗せているでしょうか?

  • 母趾球(親指の付け根)
  • 足の内側 など

僕が現役のときはこれらの位置に体重を乗せることを意識していましたし、そのように指導を受けていました。

ただ、これらの位置では安定して立つことができませんし、うまく下半身を使うことができないんですね。体重を乗せる位置は、この赤い丸の位置です。

体重を乗せる位置

人は、自然な状態で立つと3点で立つと言われており、その場所と比率はこのようになることが自然と言われています。

体重分布

人間は1つのことしか意識できないため、どこか1点に体重を乗せ、結果この3点支持ができるようにすることが最も安定して立てる位置になりますが、それが先ほどお伝えした赤い丸の位置になるというわけです。

この赤い丸の位置に体重を乗せることで、下半身全体の筋肉を活用することができますし、足裏全体に体重が乗るためバランスよく立つことができます。

足裏全体に体重が乗っているとこのような状態で立てるはずです。

軸足に乗る

ただ、軸足に体重を乗せたとき小指側に体重が乗るとこのようになってしまいます。

小指側で立つ

投手でも同じですが、軸足に体重を乗せるときに1度小指側に体重が逃げてしまうと、エネルギーが斜め上方を向いてしまい、どうしてもボールに力を伝えづらくなります。

結果的に弱い打球しか飛ばなかったり、投手のボールに力負けしてしまうんですね。ですので、軸足にどのように体重を乗せるかは非常に重要なポイントです。

軸足に体重を乗せるときは、基本的には足裏全体に体重を乗せるようにします。

地面をフラットに

僕が実際高校生のときにやっていたんですが、バターボックスで足場に穴を掘って、その穴につま先を入れてしまっていたんですね。イメージ的には、こんな感じです。

地面に穴を掘る

これはNGです。足場が不安定になりますし、下半身の力をうまく伝えなくなるので、必ず足場はフラットになるようにならしてください。

そうすると安定して立てますよね。これは打者だけではなく投手も同じです。

立つ局面のポイントは、

  • 足裏全体に体重を乗せること
  • 地面をフラットにする

という2つです。続いては、体重移動について解説していきますね。

打ち方のポイント②:前に(体重移動)

足裏全体に体重を乗せ、その後はタイミングをとりつつ体重移動をしていきます。

投手方向にまっすぐ踏み込む

このときのポイントは、投手方向にまっすぐ体重移動をするということですが、このとき身体のどこかに目安を作っておきます。

目安

わかりやすいのは、肩や骨盤辺りですが、どこか1点に目安を作り、その目安を投手に向かってまっすぐ移動させます。

そうすると、過度にインステップしたり身体が開いたりすることなくなるので、ここではシンプルに投手方向にまっすぐ体重移動をするだけでOKです。

一生懸命ボールを見ようとしない

前にという局面での注意点は、ここから実際にボールを打ちにいきますが、ボールを一生懸命みようとしないことです。ボールを一生懸命見ようとすると、身体が緊張してしまうんですね。

野球はコンマ何秒で結果が変わる世界ですが、見ようとしすぎると一瞬反応が遅れてしまいます。そうすると、速いボールに振り遅れたり、詰まったりする原因になる。

ですので、なんとなくボヤーっとみるぐらいで丁度良くて、そこから実際にボールを打ちにいけば結果も良くなりやすいですね。

打ち方のポイント③:打つ

軸足に体重を乗せ、前に体重を移動させる。後はタイミングを合わせて打つだけになりますが、ポイントとしてはボールに対してグリップをぶつけにいくイメージでスイングすることです。

グリップをボールにぶつけにいく

グリップをボールにぶつけに行くようなイメージでスイングをすると、そのグリップを出した位置にヘッドが出てきます。

そうするとボールをとらえやすくなるんですね。さらに、グリップに小指をかけ、小指でグリップをリードするとインパクトの位置も前になり、より良い打球を打つことができます。

グリップに小指をかける

小指でリードして打つ

センターの奥にバットを投げるイメージ

ボールを捉えた後は、センターの奥にバットを投げるようなイメージでフォロースルーを大きくとっていきます。そうすると、ボールに力を加えやすくなり、結果として打球が飛ぶようになるんですね。

動きのイメージとしては、こういったイメージ。

いずる
現役ではないので、スイングの質はお許しくださいね。

このようにフォローを大きくとることで打球も変わってくるので、打った後のイメージはセンターの奥にバットを投げるようなイメージを持ってみてくださいね。

実際バッティングをしているときに、ここまでお伝えしたこと全てを意識できませんし、これは個別にバッティング前に練習しておく必要があります。バッティングはあくまでもタイミングのみに意識を向けて取り組みます。

また打ち方は、複雑に考えるとわかりづらくなるので、ここまでお伝えしたこの3つで整理するとわかりやすいと思います。

打ち方の3つのポイント

  1. 軸足に体重を乗せるときは、足裏全体に乗せる
  2. 体重移動する時は、肩や骨盤を投手方向にまっすぐ移動させる
  3. グリップをボールにぶつけるように出し、センターの奥にバットを投げる感覚でスイング

これぐらいシンプルに考えてもらった方が身体もスムーズに動き、結果としてよく打てると思うんですね。

もちろん部分的なことを言えば、さらに見ていくことはありますが、バッティングのときはシンプルイズベストです。もし、詳しい身体の使い方を知りたい方は、「野球選手がバッティング向上のために知っておきたい10のコツ」も参考にしてみてください。

 

野球選手が打ち方の練習をするときの注意点

ここからはバッティングや打ち方の練習をするときに注意してほしいこと、覚えておいてほしい身体のことなどをお伝えしていきますね。

基本はスムーズな動きができること

今回できるだけシンプルにお伝えした理由の1つに、バッティングが最も良くなる条件の1つに、

スムーズな動き・動作ができること

ということがあるんですね。どういうことかというと、人は意識をする箇所が増えると、動きが緊張して硬くなります。動きが硬くなるとそこでスイングスピードが減速し、タイミングや打球の質が変わってしまう。

結果的に動きが硬いと打てなくなってくるので、1番のベースになるのがスムーズな動きができることだと考えています。

部分的な動作を意識しすぎない

スムーズな動きにも関係してきますが、よく野球選手がする練習方法の1つに、インパクトの瞬間でバットを止めるような素振りというか動作を繰り返している姿をよく見かけます。

これはインパクトの瞬間だけが強調されるようになり、スイングをしたときに一瞬動作が遅くなります。ですので、どこか一部分だけを強調した動作の練習やトレーニングはあまりおすすめできません。

あくまでもバッティングは流れの中で行いますよね。それを考えると流れの中で打ち方を習得することの方が重要になるはずです。

≫関連記事:バッティング時の手首の使い方!手首は返さない方がいい理由

インパクトは身体の前

これはよくある勘違いですが、バッティングをしていると、

指導者
身体の中に呼び込んで打て。

という方がいますが、身体の中でインパクトを迎えると身体に力が入りません。

インパクトが近い

最もボールに大きな力を伝えられる場所は、肘が完全に伸びきる前後であり、身体の前側の位置になります。

インパクトは身体の前

これは実際に壁や他の選手にインパクトの位置で押してもらい、力の入り下限を見ていくとわかると思います。

ですので、インパクトの位置は身体の中ではなく、身体の前の方がより打てるので、ここは知っておいた方がいいと思いますね。

バッティング中はタイミングをとることに集中する

ここまで3つの局面に分けて打ち方を解説しましたが、実際バッティングをしている際は、タイミングをとることに意識を集中させます。

あくまでも打つ時の身体の使い方を習得するのは、バッティング前のことであり、バッティング中にあれこれ考えてしまうと身体は緊張し、動きが硬くなってしまいます。

ですので、バッティング中はタイミングをとることに集中することが重要ですね。

 

まとめ:野球戦選手は打ち方を複雑に考えないこと

今回は、野球選手にお伝えした打ち方について解説していきましたが、打ち方については複雑にするからより技術が上がるのではなく、その逆だと思います。

シンプルに考えて打つことによって、無駄な緊張がとれ、スムーズな動作ができる。そうすると結果も良くなる可能性があるんですね。

ですので、野球選手はできるだけ打ち方をシンプルに考えてほしいなと思います。

今回の内容が少しでも参考になる内容であればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、より詳しい身体の使い方を知りたい方は、「野球選手がバッティング向上のために知っておきたい10のコツ」も参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る