【野球】ヘッドを走らせる方法【基本はスムーズな動作ができること】

スポーツ選手

この記事では、野球選手がバットをスイングするときにヘッドが走らない原因と走らせる方法を解説します。

 

“ヘッドを走らせる”という言葉の意味とは

野球をしてきた方なら何度も耳にしたことがあると思いますが、そもそも“ヘッドを走らせる”という言葉の意味は何でしょうか?

例えば、ざっくりとスイング動作全体を見るとこのようになります。

スイング動作

この動作の中で、ボールを捉える位置をインパクトと言います。

ボールが当たる位置

この位置でバットのヘッド(芯)が動く速度が最も速くなりますが、ヘッドスピードを速くすることをヘッドを走らせると表現します。

この文字のままイメージすると、インパクトの位置でヘッドスピードを速めようと思うと、グッと力を入れたり、一生懸命バットを速く振ろうとします。

ただ、これではヘッドは走ってくれません。そもそもヘッドが走らないのには原因があって、まずはそこから解説しますね。

 

ヘッドが走らない原因

なぜヘッドが走らないのでしょうか?考えられる原因は、以下の通り。

  • スイング動作がスムーズでない
  • 常にマスコットバットを振っている
  • 部分を動かす意識を持っている
  • スイングのイメージがまずい
  • 身体が硬い

まずは、これらを詳しく解説します。

スイング動作がスムーズでない

まず考えられることは、スイング動作そのものに問題がある可能性があります。

例えば、スムーズなスイング動作をするためにはリラックスすることが重要ですが、余計な緊張があるとスムーズな動作ができずヘッドが走らなくなります。

これは指導者の問題もありますが、

  • バットを速く振ろうとしている
  • 力を入れた方がヘッドが走ると勘違いしている
  • 指導された内容がまずい

などがあれば、スイング動作そのものが硬くなり、スイングスピードが下がります。

ヘッドが走らない原因は、まずスムーズな動作ができていないということが考えられます。

常にマスコットバットを振っている

これも現場ではよく見られることですが、試合で使う重量のバットよりも重いマスコットバットを振っているということです。

選手の立場からすると、重いマスコットバットを振った後に通常のバットを振るとヘッドが走るというか、スイングスピードが速くなったように感じますよね。

ただ、マスコットバットを常に振っているとヘッドが走らなくなります。なぜなら、

マスコットバットを振ると、スイングスピードが一定になりがちで、その動作をインプットしてしまうから

です。

マスコットバットを振ると、通常のバットを振るよりもスイングは遅くなりますし、ヘッドが走らなくなりますよね。

この感覚を繰り返すと、その感覚をインプットしてしまいヘッドが走らなくなります。ヘッドを走らせるためには、その感覚をインプットすることが重要です。

マスコットバットを振る数が多ければ、ヘッドが走らなくなる可能性があります。

部分を動かす意識を持っている

先ほど、スイング動作がスムーズではないとお伝えしましたが、そこに通じることで、バットスイングするときに部分的な動きを意識的に行うと、そこで動作が止まってしまうことがあります。

例えばよくあるケースで、

手首を返す意識を持ってスイングする

ということが行われますが、スムーズな動作をするためには部分に意識を向けない方がスムーズに動け、結果ヘッドが走るようになります。

部分的な動きを意識するということは、そこで緊張が生まれ、関節をまたぐごとに加速された動きを止めることになります。

ですので、ヘッドを走らせようと手首の動きばかりを意識していると、かえってヘッドが走らない原因となる可能性もあります。

スイングのイメージがまずい

一般的にも、バットを振るときにリラックスすることが重要だと感じている方も多いと思いますが、たまに、

力を抜く

と表現されることがあります。

文字通り力を抜いてスイングをすると、等速でスイングすることになります。イメージ的にはこういう感じですね。

この動作は力が抜けていて、メリハリのないようなスイングになっています。

こういうスイングのイメージがまずいと、結果的にヘッドが走らなくなります。

  • 力を抜く=脱力する
  • リラックスする=必要最小限の力を発揮する

野球で重要なことは後者であり、この理解の仕方も重要になります。

身体が硬い

もう1つ考えられることは、筋肉がカチカチに張っていて、身体が硬いということです。

ヘッドを走らせるためには身体がスムーズに動く必要がありますが、筋肉が硬すぎるとスムーズな動きができず、ぎこちなくなります。

特にクールダウンやケアをしていない選手は筋肉が硬くなっており、その硬さが原因でヘッドが走らない可能性もあります。

では、これらの原因でヘッドが走らない場合、どのように改善すればいいのでしょうか?

 

ヘッドを走らせる方法

基本的には、原因に対応すればヘッドが走るようになるため、順に解説していきますね。

①リラックスした動作をインプットする

まず行うことはリラックスした動作を身体にインプットすることです。

これは、ゴルフスイングをするようなイメージでスイングを重ねていきます。

ゴルフスイング

ゴルフスイング

高い位置からグリップを真下に落とすようなイメージでスイングすると、重力加速度を利用でき、スムーズなスイングができるようになります。

詳しくは、「野球選手がスイングスピードを上げる5つの方法【筋トレ以外】」で解説しています。

このスムーズな動作ができると、いつもよりスイングスピードが上がり、ヘッドが走るようになっていきます。

②軽めのバットを振る

日頃マスコットバットを振っている方は、軽めのバットをスイングするようにしてみてください。

例えば、試合で900gのバットを使用している方は、800gぐらいのバットを用意し、ヘッドを走らせるようなイメージでスイングします。

そうすると、900gのバットでスイングするよりも速く動けます。この感覚を身体にインプットすればヘッドは走り出すようになるはずです。

③自然な身体の使い方を理解する

部分的な意識を持ってスイングしている方は、まずそれを一度忘れて気持ち良くスイングできるように、①と同じ方法を行っていきます。

おそらくこれだけでもヘッドは走り出すでしょうし、できるだけ疲れないようにリラックスしてスイングするようにします。

このように、部分的な意識を外すことで、結果的にヘッドと走らせることにつながるはずです。

また、身体の使い方については、「野球選手に伝えたい打ち方の3つのポイント【バッティングのコツも解説】」も参考にしてみてくださいね。

④スイングのイメージを変える

スイングのイメージを変えるというのは、動画で解説しているので、こちらをご覧ください。

こういった形で、できるだけスイングしたときの音を短くしていくイメージでスイングをすると自然とヘッドが走ってきます。

このイメージの変換でもヘッドの走り方が変わってくるので、ぜひ試してほしい方法の1つですね。

⑤柔軟性を高める

最後は、身体を緩めて柔軟性を高める方法ですが、こちらは体操で身体を緩めていきます。

こちらも動作が解説しているので、以下の動画をご覧ください。

この体操をした後に④のイメージでスイングしてみてください。そうすると、今までとは違い、ヘッドが走っていることがわかると思います。

このように、原因を取り除くようにスイングすればヘッドは走ってくるので、ぜひ参考に実践してみてくださいね。

 

まとめ:ヘッドが走らない原因と取り除くとヘッドは走る

今回は、ヘッドが走らない原因と走らせる方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ヘッドが走らないのは、走らないようにスイングしているから
  • マスコットバットを振り続けると、スイングスピードは落ちる
  • ヘッドを走らせるためには、まずスムーズな動作をすること
  • そして、ヘッドを走らせるイメージを変えること

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい



美脚・筋トレのまとめ記事

美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】≫美脚になる方法【脚が太くなる原因・改善方法まとめ】
筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】≫筋トレの基礎知識・方法・種類などを徹底解説【初心者向け】

パーソナルトレーニングのお申込はこちらからどうぞ

【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容≫【無料体験】パーソナルトレーニングの体験内容
【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ≫【毎月限定1名】パーソナルトレーニングモニター募集のお知らせ
【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内≫【全国可能】出張パーソナルトレーニングのご案内
オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】≫オンラインパーソナルトレーニングのご案内【いつでもどこでもOK】