2009年 11月 の投稿一覧

脳に悪い7つの習慣|ニュースレターNO.228

11月も終板で、来週にはもう12月にはいります。今月は毎週末勉強会やクリニックがあり、あわただしい月でしたが、楽しくもありました。前回のニュースレターで勉強会の状況をお知らせしたこともあり、世話人の方のところにはいろいろ問い合わせがあったようです。

さて、今回のニュースレターは、以前紹介しました「勝負脳」の著者である林成之氏が出された「脳に悪い7つの習慣(幻冬舎新書2009)」という著書を紹介したいと思います。内容は、これまでに出版された本の内容とほとんど変わることはないと理解しましたが、タイトルを変えることにより、内容もコンパクトにまとめられていると思います。

脳にとって「よい習慣」と「悪い習慣」があり、脳は気持ちのもち方や行動次第で、その働きをよくも悪くもできるといいます。それを知らないと、脳がもつすばらしい力を発揮できていないようです。なぜ脳に悪い習慣から逃れられないのかといえば、脳にとってよくない習慣を知らないからで、いったん、「この習慣は脳に悪い」と認識すれば脳に悪い影響を及ぼすことはないようです。

「脳に悪い習慣」をすべてやめればいいだけだそうで、ドリルを解くなどといった特別なトレーニングは、本当に脳を鍛えるうえで意味がないので、行う必要はないといわれています。そして「脳に悪い習慣」を知り、それをやめることで、脳のパフォーマンスを最大限に発揮できれば、との思いで執筆したと書かれています。

ここでは、序文の中からピックアップして紹介しますが、最後にもくじも載せておきましたので脳に興味のある方はぜひ著書をお読みください。

『「脳のしくみ」にもとづいた構成だから、悪い習慣がカンタンにやめられる。

本書は、脳が考え、記憶し、それを活用するしくみにもとづき、脳の力を引き出すのに適した順番になるよう構成してあります。これらを順にやめていけば、あなたの物事への理解力は高まり、“ここぞ”というときに最高のパフォーマンスを発揮し、独創的な思考ができるようになります。集中力を高め、記憶力をよくすることも、もちろん可能です。

「順番」とはどういうことかをよく理解していただくために、ここでまず脳のしくみを簡単に説明しておきます。人が五感から得た情報を、脳はどのようにして取り込み、理解・判断し、思考し、記憶するのでしょうか?

図1を見ながら流れを追ってみましょう。「大脳皮質神経細胞」が認識した情報は、まず「A10神経群」と呼ばれる部分に到達します。「A10神経群」は、危機感をつかさどる「扁桃核」、好き嫌いをつかさどる「側坐核」、言語や表情をつかさどる「尾状核」、意欲や自律神経をつかさどる「視床下部」などが集まったところ。

ここで生まれるのが、「感情」です。脳では、情報に対して最初に「好きだ」「嫌いだ」といった気持ちが発生するわけです。そして、「A10神経群」は情報に対して「この情報は好きだ」「この情報は嫌いだ」などと感情のレッテルをはります。

レッテルをはられた情報は、次に「前頭前野」に入ります。ここでは情報を「理解・判断」するところです。自分にとってプラスの情報であると、その情報は「自己報酬神経群」にもち込まれ、さらに自分にとってためになる、または価値があるものにするために、「線条体-基底核・視床」、「海馬回・リンビック」にもち込まれます。このような流れをつくりながら、脳は考える機能を生み出すのです。

つまり、大脳皮質神経細胞が認識した情報について、脳は「A10神経群」「前頭前野」「自己報酬神経群」「視床」、記憶をつかさどる「海馬回・リンビック」を総動員して取り込み、「思考」するのです。その際②から⑥までの神経群が一つの連合体として機能しているので、これらの神経群を「ダイナミック・センターコア」と呼ぶことにしました。ここで、人間の考えや、感情よりずっと複雑な「心」「信念」と呼ぶべきものや、「記憶」が発生するのです。』

『さて、こうして脳の考えるしくみを知ると、脳をダメにする習慣が見えてきます。たとえば、入ってきた情報に「嫌いだ」というマイナスのレッテルをはると、脳はその後に控える「理解」「思考」「記憶」という過程で、そのレッテルに引っ張られ、考えたり覚えたりする機能がしっかり働かなくなります。同様に、「自分のためにならない」と感じると思考力は発揮できません。

実際に、嫌いなことや自分のためにならないと感じることで、パフォーマンスを上げるのは難しいものです。一方、自分が好きなことや自分のためになると感じることに対して、頭がよく働いて、いいパフォーマンスを上げられるという経験は、みなさんおもちのことでしょう。これらは、脳のしくみから理由を説明することができます。逆にいえば、脳のしくみから、パフォーマンスを上げたり落としたりする条件を導き出せるということです。

本書では、脳のしくみ、つまり脳が情報を受け取り、感じ、理解し、思考し、記憶するという順番に従って、「脳に悪い習慣」と「その習慣をやめ、脳を活かすための具体的な方法」を説明していきます。』

『この本に登場する「脳に悪い習慣」は、理由はさておき、一般的に「よくない」とされていることが多いはずです。読み進めていくと、当たり前の正論に聞こえてしまうものもあるかもしれません。脳にとってよくないことは、経験則でなんとなくわかっているものだともいえるでしょう。しかし、「わかっているよ」ですませず、一つひとつの習慣について「なぜ悪いのか」の理由を知り、順番に克服するというステップをふむことが大切なのです。

というのも、理由を知ってはっきり「やめよう」と意識しなければ、いつまで経っても人はダメな習慣から抜け出せず、脳は高いパフォーマンスを発揮できないままになってしまうからです。

また、一般に「よい」とされていたり「悪いわけではない」と思われたりしていることなのに、実はそれが脳に悪いという習慣もあります。たとえば、「コツコツがんばる」「上司には素直に従う」「“ここぞ”というときに緊張するといけないので、リラックスする」「記憶したいときは、言葉をくり返し唱えて覚える」-みなさんは、こうした習慣が脳にとってよくないということをご存じないかもしれません。

しかし、脳のしくみをふまえれば、「よかれと思ってやっていた、実は悪い習慣」についても理由を含めてしっかり理解し、やめることができるのです。くり返しになりますが、本書は順に読み進め、実践していくことで、脳のパフォーマンスを上げられるように構成してあります。どうぞ、そのことを心に留めて通読してください。』

本のもくじ立ては次のようなものになっています。

第1章 脳に悪い習慣①「興味がない」と物事を避けることが多い
第2章 脳に悪い習慣②「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
第3章 脳に悪い習慣③言われたことをコツコツやる
第4章 脳に悪い習慣④常に効率を考えている
第5章 脳に悪い習慣⑤やりたくないのに、我慢して勉強する
第6章 脳に悪い習慣⑥スポーツや絵などの趣味がない
第7章 脳に悪い習慣⑦めったに人をほめない

勉強会|ニュースレターNO.227

前回紹介した「身体調整テクニックテキスト(モビリゼーション、リンパテクニック)(カラー139頁)」は、喜んでいただいているようです。テクニックを中心にまとめたものなのですが、DVDもそうですが、はじめてみる方には、基礎知識のところが足りなかったように思います。

それで、モビリゼーションとリンパドレナージュについて基礎知識のところをまとめたもの(全24頁)を別に追加することにしました。すでに申し込まれた方には別にお送りしました。DVDを申し込みできなかった方からも申し込みの希望が多数あり、そこで追加申し込みを受け付けたいと思います。DVDとテキストで16000円(送料込み)になります。すでにDVDをお持ちで、テキストだけ(送料込み6000円)希望の方は引き続き申し込みを受け付けます。

それから、ドイツ式のリンパドレナージュとオイルマッサージを收めたDVDを作成しました。このDVDはベルリンにリンパドレナージュを学びに行ったときの記録DVD(73分)です。基本的なリンパドレナージュのテクニックとオイルマッサージの実演が記録されています。ドイツ式の本当のリンパドレナージュを見ることができます。ご希望の方は申し込みください。配布代金は10500円(送料込み)です。

それと、DVDを申し込みされた方や「スポーツトレーナー虎の巻」を申し込みされた方の中に、代金を支払われない方がおられます。信じがたいことですが、出版社からのクレームもありました。非常に残念です。こちらからの連絡に返事がもらえないことも多いので、お互いに礼儀を心がけたいものだと思います。

今回のニュースレターは、今年からスタートした勉強会の話題を取り上げたいと思います。ほぼ定期的に開催している勉強会の内容を紹介していただきました。興味のある方は、直接世話役の方々に連絡を取っていただければと思います。今後もっと全国的に開催で切れば嬉しく思います。

遊馬 広之:yuma2@nifty.com (埼玉)

『丁度、去年の今頃、大阪まで先生の講習会に行くと、魚住先生が月に一度、定期的に東京に来ているということを耳にした。その後、懇親会のときに、先生とやり取りをしていると、「少人数でなら勉強会をやってもいい」とのお話を頂いた。手取、足取り指導をするには、どうしても少人数になってしまうということだった。物を伝えるには責任がある。先生らしい考え方だなと思った。

私の仲間に聞いてみると以前から魚住先生のことを口にしていたので、魚住先生の考えを知りたい人や先生の手技を実際に見てみたい、指導されたいと希望する人が多くいたので、今年の2月からお願いすることにした。

会場を借りる都合、団体名が必要との事で『先生をお招きして、こそっと勉強する会』とちょっとふざけた名前をつけたが、先生には許していただいた。会場については、大塚、四谷、国立と毎回違うところで実施していたが、駅から会場まで分かりにくかったり、会場の予約が難しかったり、私も土地勘がなかったりするところだったので、最近は私の地元の埼玉県の南越谷で実施している。

参加者は私の親しい人で、パーソナルトレーナー、ジムスタッフ、柔道整復師、鍼灸師、整体師、セミナー講師で、20代後半から40代前半である程度の知識を持った人たち。途中2回ほど友人の整骨院の社内研修もお願いしたので、それを除くと今のところ6回勉強会をやっていただいた。

今まで、やっていただいたテーマは

モビリゼーション
ストレッチング
脊柱周りの緩め方
立つ、歩く(移動)からその修正法
筋膜リリース
体幹部のトレーニング

テーマに関しては、参加者の希望を聞いて実施したこともあるが、ほとんど私がテーマを考えている。テーマを考えるのは毎回苦労するが、苦労とは裏腹に参加者は魚住先生がされるなら何でも興味があるようだ。

実際の内容は一例を挙げると、普段、誰もが現場で指導している、ストレッチングや体幹部のトレーニングがテーマの時は、それをどう考え、どう指導しているかを個々人が答えるところから勉強会はスタートする。参加者は経験豊富な人ばかりだが、うまく答えられなかったりする。

そこで、我々は中身のない、いわゆる形骸化された型だけを指導していたことに気がつく。それから先生講義が始まる。中身のない張りぼての型の中に中身を入れていくように。中身とは本質とか理といわれるものだ。

型の中にその中身が十分注入されていくと、今度はその型にとらわれなくても、本質さえ違わなければ、別の方法でもいいといわんばかりの、実技の指導に入る。その実技は先生のイマジネーションの産物である。見たことも聞いたこともない方法や、こういう使い方もあるのかと言うものばかりである。誰もが言葉では知ってはいたが、型破りの本当の意味を体験することになる。

勉強会はこのように進行されている。参加者に聞いてみると、勉強会で紹介されるものが、他では学べない魚住先生オリジナルのメソッドであるので、それを教えてもらえるのがうれしいと言う人もあり。

最近は、先生が手技関係のDVDを出されたので、それだけでも形はつかめるとは思うが、手技のフィーリングが、思ったより強かったとか、その逆の弱かったとか、DVDでは良く分からない部分が分かったという人もあり。

私自身は、魚住先生の思考に興味があり、どのように思考されて、そのような結論に達したのかを創造しながら勉強会に参加している。

今後、魚住先生をお呼びして勉強会を開く団体が増え私の集まりに来ていただける機会が減ってしまうこともあるかもしれないが、魚住先生がどちらの勉強会で指導しようか迷った時に、先生が指導しがいのある内容、指導しがいのある会にしていきたいと思う。』

西 正史:relax_and@yahoo.co.jp (大阪)

『まず、魚住先生に勉強会の開催をお願いさせていただくに至った経緯ですが、私は現在あるフィットネスクラブにおいて、主にスタッフの人材育成やパーソナルトレーナーの方々の勉強の機会を提供するといった仕事をしております。パーソナルトレーナー向けの勉強会の講師を魚住先生にお願いするために、平成スポーツトレーナー専門学校に伺いました。

そこで魚住先生とお話していく中で、「本気で勉強したい人だけで、個人の集まりとして開催する方が話が早いし、密度の濃いものになる」ということで、私の仕事ではなく、プライベートで開催することになりました。それが勉強会の始まりでした。

こんなことはあまり声を大にして言えませんが、会社の人間としてというよりは、魚住先生に久しぶりにお会いできるという気持ちで伺いましたので、会社の人間ではなく、個人として一緒に参加出来ることになり、本当に良かったと思っています。勉強会は少人数制ということもあり、あまりたくさんの人に声をかけられないため、「この方なら参加されるだろう」と頭に浮かんだ方々にお声をかけ、開催が確定しました。

勉強会の参加者は、私を除いて全てパーソナルトレーナーの方々です。パーソナルトレーナーになってまだ数年という方から、10年以上続けられている方までさまざまです。参加者に共通していることは、「もっと力をつけたい。本物のトレーナーになりたい。それなら魚住先生に学びたい」という思いがあるということです。

実際に参加者は、継続しての参加を希望し、継続して参加されています。

勉強会の内容は、現在のところストレッチングやモビリゼーションなどの身体調整が中心です。次回(14日土曜日)は、今までとは違ったテーマ(体幹のトレーニング)で魚住先生にお願いしています。これは、関東のあるパーソナルトレーナーの方にお聞きした、関東で行なわれた勉強会のテーマに非常に興味を持ち、関西でも同じテーマでお願いさせていただきました。

ストレッチングやモビリゼーションといったテーマのセミナーは、巷でもよく行なわれています。しかしながら、当然と言えばそうですがテーマは同じでも、魚住先生による勉強会と、今まで私が受けてきた他のセミナーでは全く中身が異なります。

魚住先生の勉強会では、必要に応じて用語の意味や定義を確認します。これは、わかっているつもりでも、明確に正しく説明出来るか、用語の意味や定義を知らない人に対してでも、理解出来る説明が出来るかと言えば、なかなかそうはいかないことがあります。ということは、結局わかっていないということです。わかっていないことに気づかず、わかったつもりのままでは、いくらその上に積み上げようとしても仕方ありません。

また、魚住先生の勉強会は少人数で行なわれますので、参加者一人一人に対して、丁寧に指導していただけます。「やり方はこれ」、「形はこれ」といった、無理矢理に形を作るのではなく、本質を理解してアプローチすればよいということで、やり方や形を求めるものではありません。

身体調整で言えば、参加者の体格などに応じて、「あなたの体格なら、こうすればどうですか?」といったアドバイスもいただけます。圧やその方向などについても、丁寧に教えて下さり、参加者が感覚をつかめるように導いて下さいます。やり方や形だけを家に持って帰っても、「あれ、どんな形だったっけ?」となることが多く、そのような状態になるということは、結局本質を理解していないということになると思います。

やり方や形が知りたければ、本やDVDで足りるわけで、実際に魚住先生に教えていただけるという意味を理解出来ると、本当にまたとない貴重な空間になることは間違いないと思います。

身体調整をする側の視点だけでなく、受ける側の視点も常に念頭に置いておく必要があると改めて認識出来ました。丁寧に扱うつもりがその扱い方によっては、受ける側からすると、「この人自信なさそう」とか、「この人大丈夫かな」という風に思わせてしまうこともあると、魚住先生の参加者に対するご指摘がありました。

あとは何と言っても魚住先生の技術の高さです。「こうします」と簡単にされますが、全く無駄がなく、驚くほどの変化が出ます。次元の違いに圧倒されつつも、そのような空間で学べることに非常に感謝しています。少しでも本当の技術に近づくためには、繰り返しと、ずれを修正していただくことが必要です。出来が悪くて申し訳ないですが…。

魚住先生の指導や表現は非常にシンプルですので、それを簡単と勘違いしたり、当たり前と聞き流してしまうことがあるかも知れません。しかしながら、何気なく自然に魚住先生の口から発せられる言葉が非常に重要なことが多く、それに気づけた時には、「なるほど~」と心の中で唸ってしまいます。

ですから、やり方や形だけを持ち帰ろうとすると、こういったものを逃してしまうかも知れませんので、もし魚住先生の勉強会に参加されるのであれば、こういったことを念頭に置いていただければと思います。

前記したように、今は身体調整の内容が主になっていますが、今後はさまざまなテーマでお願いしたいと考えています。現在は2ヶ月に1度のペースですが、魚住先生のお時間が許せば、回数を増やしたり、集中講座などもお願いしたいと思います。』

本橋 正光:info@e-tfc.jp (東京)

『東京・大塚では今までにパーソナルトレーナー、治療家、理学療法士、学生の方を対象にリンパドレナージュやモビリゼーションの少人数勉強会を開催してきました。少人数ですから魚住先生の目が行き届き、微妙な力加減やベクトルを修正していただくことができます。大切なことは何のために何を行うかですが、ある程度は本やDVDなどで知ることが可能です。

しかし、成果をあげるためにはその技術をどのような塩梅で行うかが成否を分けます。考え方を知っていても実践方法が正確でないと能力があるとはいえないのは、このようなところにあるのではないでしょうか。その能力を高めるために今まで行ってきた勉強会は最適であり、その内容の濃さは魚住先生ならではの指導方法にあると思います。

主催側との事前のやり取りでは、どのような活動をしている方が参加されるのかヒアリングし、勉強会の進め方を計画されています。また参加者の技術を見て指導ポイントを変化させます。当たり前のようですが、簡単にできるものではないと思います。

先日のリンパドレナージュの勉強会の終了後、参加者の方のご要望で先生の技術を体験したいとのことで触りの部分を施しましたが、鎖骨下と肩周りを2、3分行っただけで片側の肩がガクンと緩んだのに一同驚きました。高い技術とは目で捉えきれない曖昧な感覚を再現できることではないでしょうか。それができた時に目に見える成果となって表れるのであり、その感覚を知ることが勉強会ならではの一番のメリットです。

参加者はみな真剣ですが、どこか場が和んでいる。そんな場が一体化する雰囲気も先生のお人柄や教育者としての経験が作る技だと思っています。大塚での勉強会では、参加者の希望をお聞きし内容を調整することもあります。ご希望があれば、身体調整のみならずトレーニングについても行うことができるかも
しれません。』