投手が前に脚を踏み込んだときに膝が割れてしまう原因と改善方法

投手が前に脚を踏み込んだときに膝が割れてしまう原因と改善方法
スポーツ選手

【月3名限定】無料体験を実施中!

投手であれば、投球フォームがスピードやコントロールに大きく影響を与えることは実感していると思います。

「今のフォームだと、球が走らないしコントロールも安定しない。」

そうわかっていても、改善できなことのひとつに“膝の割れ”があります。踏み出した脚の膝が外側に倒れてしまいボールに力を伝えられなかったり、コントロールが悪くなってしまう。

こうなる原因の1つにつま先の向きが関係しています。つま先の向きを少しだけ内側に向けると膝は割れず、逆にまっすぐだと膝は割れてしまいます。

少しの差が投球に大きく影響を与えてしまうので、今日はこの膝の割れについてお伝えしていきたいと思います。

▼アスリートの身体作りに▼

 

膝が割れてしまうことで起こること

膝が外側に倒れることで、どのようなところに影響が出るのかといえば、

  • 踏ん張りが利かず、身体が開いてしまう
  • スピードボールが投げづらくなる
  • 下半身がうまく使えず、手投げになる
  • 肩肘を痛める原因となる

こういったことが考えられ、膝が割れてしまうことで、パフォーマンスを低下させ、痛みにつながる可能性があります。

関連記事:投手の下半身の使い方|プレートの使い方で投げるボールの質が変わる

 

スポンサードサーチ

 

膝が割れてしまう原因

この膝が割れてしまう原因というのは、踏み出したときのつま先の向きが関係しています。

つま先がまっすぐだと膝は割れる

よく少年野球とかの指導者で、「踏み出した足をまっすぐに向けなさい」と指導している姿がありますが、つま先をまっすぐに向けて踏み出すと膝は割れます。

実際に試すとわかりますが、つま先をまっすぐに向けて足を踏ん張っておきます。

その状態で膝を外側に倒そうと自分で力を入れてみてください。すると、踏ん張りきれず膝が少し外側に倒れてしまうと思います。

つま先を若干内側に向けると膝は割れない

次は、若干つま先を内側に向けた状態で、同じように膝を外側に倒そうと力を入れてみてください。

すると、膝が外側に倒れず、先ほどよりも踏ん張ることができると思います。

これって身体の構造上そうなっているんですね。一般的にはつま先が正面を向くことが自然というか、良いと思われている方もいると思いますが、これは違います。

つま先は、若干内側に向くことで膝が割れることを防げるので、投手の踏み込んだ足のつま先は若干内側に向くことで、身体の開きも抑えられますし、膝が割れることを防げます。

 

膝が割れてしまう投手の改善方法

実際、投手で膝が外側に倒れてしまったり、身体の開きがあって悩んでいる選手もいると思います。

こういう場合の改善方法は、非常にシンプルなので、参考にしていただければと思います。

まず、理解しておいてほしいことがありますが、投手がキャッチャー方向に踏み込んで前側の足が着地する直前までは身体は開かないですし、つま先もキャッチャー方向には向きません。

体重移動だけするとつま先はキャッチャーに対して直角方向を向く

セットポジションで見るとわかりやすいですが、軸足に体重を乗せ、踏み込んでいく。

このときって身体、両足ともにキャッチャーに対して直角方向に向いていて、右投げの場合、三塁方向に向いています。

もし体重移動のみをして投げないとすると、自然に身体を使えば、このように身体はセットポジションからまっすぐに踏み込まれ、身体の向きは三塁方向を向いたままになるはずです。

ただ、この着地のときにはつま先が正面を向くというアドバイスを受けてしまっていると、この体重移動のみをしたときには、つま先が正面を向き、このような状態になっている場合があります。

体重移動だけをするだけにも関わらず、身体がこのような動きをすることの方が不自然であり、この動作の認識がまずいために身体が開いてしまったり、着地をしたときにつま先が正面から外側に開いて着地してしまっている可能性があります。

この場合の改善は、まず自然な身体の使い方を繰り返し行って、その動作を身体にインプットしていきます。

体重移動のみを繰り返す

身体の構造上、軸足に体重を乗せ、体重移動をし、踏み込んだときには軸足と前足の関係はこのようになります。

インコース

軸足の踵に対して、踏み出した足のつま先が一直線上にあることがひとつの目安です。これがもし両足が一直線上に並ぶように踏み込んでしまうと、投球するときにバランスがとりづらくなります。

画像のような踏み込みをし、投球することで2本のラインができますので、その方が安定して投球することができますので、踏み込み足の目安はこのような位置に設定します。

実際に改善として行うのは、このような踏み込みを繰り返し行っていきます。画像に赤いラインが書かれていますが、実際にこの修正方法を実践するときには、線をひくとわかりやすいと思います。

具体的な改善の手順

具体的な改善については、以下のような手順で行ってみてください。

  1. 体重支持ポイントを理解する
  2. 踏み込み位置を確認する
  3. これを繰り返す

たったこれだけですが、ひとつひとつのポイントを確実に理解してください。

まず、体重ポイントですが、つま先で穴を掘って足を入れる選手がいますが、それは不安定になるのでやめてください。

地面はフラット、平らにして、そこに立ちます。足のどこで立つかというと、この位置です。

体重支持ポイント

内踝の真下の位置になりますが、ここで立つことで下半身をうまく使うことができます。

ここで立つためのバランストレーニングは、こちらを参考にしていただければと思います。

関連記事:理解しておきたいバランストレーニングの意味と実践について

これが理解できると、後は踏み込みを繰り返すだけです。

踏み込みは非常にシンプルですので、この動画を参考にしていただければと思います。

こういった踏み込みを100回、200回と毎日繰り返し、身体にインプットとしていきます。

ここで注意しておきたいことは、この動きをインプットすることで、実際に投球動作の改善につながりますが、実際のボールを投げるときはあまりこの動きを意識して行わないでください。

ボールを投げるときに、この動作を意識してしまうと動きのスムーズさが失われますので、踏み込み足の向きの改善は、動画で紹介している動作のみで行い、分けて行ってください。

これが身体にインプットできると、自然に投球時も足の向きは変わってきます。

こういった流れで、投球時膝が割れてしまう選手は改善を行っていただきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

 

まとめ

膝が割れてしまうことで、痛みやパフォーマンスの低下につながってしまいますので、投球フォームというのは改善する必要がある箇所は、できるだけ改善しておきたいところです。

改善ができると動きが軽くなったり、ボールを投げる時の感触もよくなり、投げることが楽しくなる。だからよく練習をするようになり、うまくなる。

こういった循環を作り出すことも指導者の役目なのかもしれません。今回の記事が少しでも参考になればうれしく思います。

関連記事

おすすめまとめ

スポーツ関連の仕事について

▼アスリートの身体作りに▼

身体の悩みをお持ちの方へ

IzuruStyleでは、無料体験を行っています。今回の記事の内容や、それぞれがお持ちの悩みに対して原因や改善方法などをご提案します。

興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。体験レッスンをご希望の方は、こちらからお申込みください。

こんな悩みで行っていいのかな?運動なんかしたことない自分でもついていけるかな?と不安の方も全然問題ありません。一緒に悩みを解決できるようにサポートしますね!

IzuruStyleの無料体験はこちら




この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。