資格の必要性とは?僕がたった1つしか資格を持たない理由

資格の必要性とは?僕がたった1つしか資格を持たない理由
仕事

【月3名限定】無料体験を実施中!

将来的にやりたいことがあるとき、まず考えることって「資格を・・・」ということではないでしょうか。

資格は大切ですよね。実際に理学療法士や柔道整復師、スポーツに関わる仕事をしようと思えば、資格がないとできない職業もあり、こう考えても資格は非常に重要なものです。

ただ、それ以上に大切なことがあります。それは、資格は1つのスタートラインだということです。

資格をとるまでに、本当に寝る間を惜しんで勉強してきて、本当に努力してきたと思うんですね。これはすごいことだと思います。

これからその資格を活かしてスポーツの現場で活躍するためには、視点を変えていくと資格はあくまでも資格であって、能力とは別のものになります。

だから僕は、NSCA-CPTというパーソナルトレーナーの資格以外ありません。スポーツに関わる仕事は資格よりも大切なことがあるので、今回はこのことについてお伝えできればなと思います。

 

資格の必要性とは?

資格の必要性とは?

スポーツの現場で働くとき、立場によって必ず資格が必要になることがあります。逆に、若干グレーにはなりますが、資格を持たずしても活動できる仕事も実際にはあります。

それをざっくりですが分けて考えると、このようになると思います。

必ず資格が必要になる仕事

  • 理学療法士
  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • 管理栄養士
  • MT(メディカルトレーナー)
  • AT(アスレチックトレーナー)

主に、保険が関与したり、鍼を扱ったり、大手の企業(プロスポーツチーム)でトレーナーを勤める場合、必ず資格がないと活動することができません。

関連記事:スポーツ業界への転職をしたい方におすすめの資格9選

資格がなくてもできる仕事

  • フィットネスインストラクター
  • ストレッチ関係
  • パーソナルトレーナー
  • ヨガインストラクター

これは少し語弊があるので、説明しておきますが、パーソナルトレーナーとヨガインストラクターは基本的に資格は必要です。

ただ、法律上では資格がなくても活動できるため、資格を持たずして活動している人が中にはいます。

大手のパーソナルトレーニングジムでは、会社独自の資格を発行し、それを取得するとパーソナルトレーナーとして活動できるところもあります。

このようにスポーツ関連の仕事をするためには、資格が必要になる仕事とそうでない仕事があります。

スポーツ現場で働くための最低条件

ランナーで考えるとわかりやすいですが、資格をとるということは自分が出場したいレースのスタートラインに立てるということになると思います。

そのレースで勝つためには、スタミナや戦略、シューズやドリンクなどさまざまな要因が混ざってきますが、これを仕事に置き換えると知識や技術になります。

資格はあくまでもスタートラインに立つためのものであり、そこからスポーツ現場で活躍するためには知識や技術を徹底的に高める必要があります。

 

▼短期で理想の美脚に!無料体験受付中!

スポーツ現場で活躍するために本当に必要になること

ここからは少し考えて、自分だったらどうやって対応するかを考えてご覧いただければと思います。

この中で伝えたいことが、僕が資格を1つしか持たない理由になります。

1人の悩みを持つクライアントからの要望

  • 年齢:35歳
  • 性別:女性
  • 職業:事務職
  • 目的:ダイエットをしたい

この女性は、最近太ってしまって「ダイエットをしたい」という目的を持っています。この方が満足するためにはどのような指導をする必要があるでしょうか?

ご自身が指導する立場であれば、こういう相談をしてきた女性に対して、どのように指導を始めるでしょうか?

最初に行うこと

僕であれば、まず何かの方法を伝えることは絶対にありません。なぜなら彼女の現状がわからないからです。

まずは、この方の現状を知り、なぜ太ったのかという原因を徹底的に知るために、話を聞きカウンセリングを行います。

最低でもこのカウンセリングには1時間かけますし、根本原因を探るためにはこれぐらい時間はかかります。

まず最初に原因を追究するために、カウンセリングを行っていきます。

まずは食事のアドバイスのみを行う

次は、実際にダイエットをしていきますが、最初は運動については一切指導しないことが多いです。

こういうクライアントは、「食事を減らせばダイエットできる」ということが分かっていても実践できないから、指導を頼まれています。

そのため、まずは彼女がどこまで食事を減らせるのか、そういったところを見極める期間をつくります。この食事の変化ですでに負担になっているので、運動はこのとき指導しません。

(もちろん人によって異なりますが。)

食事の変化がうまく出せると運動もプラスする

食事を減らす生活にも慣れ、ある程度体重にも変化が見られてくると、次は運動もプラスしていきます。

このとき、簡単なことから始めていきます。基本的には消費カロリーを増やす目的で行うので、身体を動かせることであれば何でもいいと伝えます。

ウォーキングやランニングは、始めるハードルは高いですが、こういう女性にはウィンドウショッピングなどをすすめます。

ただ好きなものを見たり、街を歩くことでウォーキング代わりになり、これで運動はできていますので、こういう取り組みやすいことからやってもらい、徐々に時間を伸ばしていきます。

さらに変化させるためにトレーニングをする

この運動も習慣化できてくると、次はトレーニングを入れてもいいと思います。

このトレーニングは、筋肉をつけるのか、引き締めるのか考え方によって変わってきますが、さらに運動量も増やせるためダイエットのプラスになります。

と、ぐらいまでで十分だと思いますが、この中で資格そのものの必要性はあったでしょうか?実は指導をする際は、資格は必要にはなりません。

ここまでお伝えした流れの中で必要になることと言えば、

  • 原因を聞き出せるコミュニケーション能力
  • 段階的にステップを踏ませられる計画性
  • ダイエットに関する知識
  • 有酸素運動の必要性
  • トレーニングの知識

こういった知識や能力があることで、このクライアントの目的を達成できるサポートができるようになります。

資格の必要性を改めて考えてみてください。僕がたった1つの資格した持たない理由はここにあります。資格はあくまでもスタートラインに立つものであり、そこから先はすべて指導する側が持つ、知識や技術が最重要になります。

だからこそ、資格をとるという行為そのものはあまり現場では役立ちません。資格ではなく、指導者は何ができるのか、どのように変わることができるのか。

綺麗ごとは抜きにして、「あなたの指導を受けることで私はどのように変化できますか?」というところが最も求められることになります。資格の必要性は、もうここまでの流れで十分に理解していただけたと思います。

 

現場で活躍するためには視点を変えること

現場で活躍するためには視点を変えること

ここからは、個人的に常に持っていてほしい感覚についてお伝えしていきます。

美容室で髪をカットしてもらったことがあるでしょうか?ここでの経験が非常にスポーツ現場で活躍するためのヒントが隠されています。

カットされる側が求めていること

シンプルにあなたが美容室に行く理由はなんですか?おそらくかっこよく、かわいく、綺麗になりたいという理由があっていくはずです。

そもそも美容師の資格について考えていないと思います。つまりクライアントは、資格には目が向かず、お店やあなたの雰囲気、ここに行けば自分が求めていることをしてくれそうという期待値を込めて来られます。

美容室に通うときもそうじゃなかったですか?

この時点で資格を持っていれば、現場で活躍できるというところはなくなったと思います。

あなたが美容師に求めることは何か?

美容院に行くと、カットやカラーをしてくれますが、メインで求めていることはそれだと思います。

ダイエットをしたい方については、「痩せる方法を教えてくれる」ということなど、身体を変えてくれるということをメインで求めてくると思います。

ただ、その中で、別に期待していることはないでしょうか?期待というか、「これをしてほしい」という何となく心の隅っこにある願望をかなえてほしいという想いはないでしょうか。

例えば僕は、カットの後に眉毛をタダでカットしてもらうと最高に嬉しいです。あとは、頭皮のケアを、こっちが聞かなくてもわかりやすく説明してほしいです。あと、肩のマッサージはいりません。

この辺りを理解してくれ、こちらが言わなくてもアドバイスをくれたり、してくれたら嬉しいなと思います。

言われる前に先にこちらが提供する

この“こちらが言わなくても、自分がプラスになることをたくさん知りたい、教えてほしい”という想いが必ずあると思います。これを、クライアントに徹底的にすることです。

そうすると、驚くぐらい求められる存在になりますし、現場ではその察する能力提供できる知識や技術の幅が強い武器になります。

だからこそ、不器用な人や不安を抱えている方は、トレーナーに向いていると思います。なぜなら人のことをよく観察するからです。

人の目を気にする方もそうですよね。これは強い武器になり、相手の求めていることを感覚に察知することができます。

このように美容院で、自分がしてほしいことがあるように、トレーナーを求めてくる方も同じような想いがあり、それらをこちらが汲み取り、提供できると求められる存在になります。

偉そうに言える立場ではありませんが、僕がみなさんにまず磨いてほしいと思うことはここです。

資格取得も最低条件としては必要です。ただ、それ以上に大切なことがあるということを、客観的に理解してほしいなと思います。

 

だからこそスポーツに関わる仕事は一生勉強することが必要

だからこそスポーツに関わる仕事は一生勉強することが必要

先ほどお伝えしたようなことをじっくり考えると、本当に学ばないといけないことがたくさんありますよね。

でもここで出てくる感情は、「何から勉強したらいいの?」ということだと思います。これについては、好きなこと、今自分が最も興味あることに時間を割いてください。

勉強しているとわかります。結局どこから始めようと、戻ってくる場所は同じということです。

それがわかってくると、好きなところから学び、それを追究し続けることが何よりもクライアントのためになるということがわかってきます。

スポーツに関わる仕事をすることは、そういう意味では一生勉強だと思います。学ぶことが好きな方は、最初は時間がかかるかもしれませんが、必ず活躍できるので、ぜひ今から興味あることを学び続けていただきたいと思います。

 

まとめ

今回は、資格の必要性についてお伝えしていきました。

これからスポーツ関連の仕事をしようとする方は、目指すところによって資格の必要性は異なります。

資格は必要です。ただ、それをとったからゴールなのかというと、全く違います。それはスタートラインです。

そこからいかに自分を高めるために、知識・技術を学び続けられるか。それが何よりも重要になります。

その上に人間性が合わさると、相談されやすくなりますし、求められる存在になっていくのではないでしょうか?

これからスポーツ業界への転職を目指す方、スポーツ業界で働きたいと考える学生の参考になれば嬉しく思います。

関連記事:【20代向け】スポーツ業界へのバイト・就職・転職をサポート!トレーナーなどの始め方

関連記事:好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。