足裏が硬い|つま先付近が硬くなっている人が知っておきたい4つの症状について

足裏が硬い|つま先付近に硬くなっているところがある人が知っておきたい4つの症状について
痛みの改善

【月3名限定】無料体験を実施中!

クライアントさん
足裏にタコみたいな硬いところがあるんですけど、これって何でできるんですか?あと、脚をもっと引き締めたくて、前ももの張りに悩んでいます。何かアドバイスいただけないでしょうか?

前ももの張りについては、先日「前ももの張りや太くなる原因と細く引き締める方法」でもお伝えしましたが、足裏のつま先付近に硬くなっている部分がある方もいると思います。

特にヒールを履いている、立ち仕事をしている方は多いと思いますが、この足裏の硬い部分があることと、太ももの前側の張りとは関係があります。

今回は足裏の硬い部分と太ももの張りとの関係について解説していきたいと思います。

 

足裏が硬い原因とは?

足裏のつま先付近、もしくは踵など、足裏に硬い部分がある方は、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは異常体重になっているからです。と言われても、少しイメージしづらいですよね。わかりやすい表現だと、硬くなっている部分に体重がかかりすぎているということです。

そもそもどのように体重が足にかかることが自然なのでしょうか?

マルカルドの体重分布図を参考

まずこちらの画像をご覧ください。

体重分布

これは、マルカルドの体重分布図と言われるもので、片足50%ずつで、どこにどのくらいの割合がかかっているのかを示した図です。

足裏にかかる体重の考え方はいろいろありますが、僕はこの割合が自然だと考えています。

  • 踵20%
  • 母趾球(親指の付け根)17%
  • 小趾球(小趾の付け根)13%

片側50%で、両足で100%になるこの割合が自然だと考えて、ここから先もお伝えしていきますね。

このような割合で体重を支え、左右で100%になることが足の構造上自然であるという考え方ですが、実際にこのような割合で立つためにはこの3点の中心点に体重をかけることでこの割合で立つことができます。

この中心点というのがこちらです。

マルカルドの体重分布図

内踝(くるぶし)の真下の位置に当たるこの位置で立つことで、自然な割合で立つことができ、足裏全体で体重を支えることができるようになります。

この割合が崩れることが異常体重

先ほど異常体重という言葉を使っていますが、これらの割合からずれてしまい母趾球に多くの体重がかかってしまうとどうなるでしょうか。

割合が母趾球に偏りますよね。先ほどの3点で自然に立てていると足にかかるストレスも吸収できますが、体重に偏りができると、その偏った箇所にストレスが大きくかかります。

日頃行う立つ、歩く、階段の上り下りなどのときに母趾球に体重がかかり続けると、その部分が硬くなっていきます。

野球選手がバットを何度も何度もスイングすることで、手にマメができますが、あれと同じような状態が足裏で起こるわけです。

何となく足裏が硬くなる原因は理解していただけたでしょうか?足裏にそういった硬くなる部分ができることは、何か問題につながるのでしょうか?

 

スポンサードサーチ

 

足裏が硬い方に伝えたい4つの症状とのつながり

足裏が硬い方に伝えたい4つの症状とのつながり

つま先の足裏に硬い部分ができてしまっていることは、さまざまな症状との関係があります。もしかすると、今悩んでいる身体のことは、異常体重が原因かもしれません。

足裏が硬いこととの関連① ふくらはぎが張っている

まず考えられることは、つま先に体重が乗ってしまっているということは、ふくらはぎの筋肉が緊張し、硬くなっている可能性があります。

これは、「ふくらはぎが張る人必見?!つま先重心になってしまうある1つの理由」でもお伝えしていますが、つま先重心になってしまうことでふくらはぎがストレスを受けてしまい、筋肉が硬くなります。

そうするとふくらはぎは張ってしまいますし、循環が悪くなりむくむ可能性があります。

関連記事:ふくらはぎの筋肉に張りが出る原因と改善方法について

足裏が硬いこととの関連② 太ももの前側も張っている

太ももの前側も同じで、張っている可能性が高いです。これは歩いているときなどにつま先で地面をつくような歩き方になっている可能性があり、その刺激は太ももの前側を太くしてしまう。

具体的には、太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つの改善方法についてヒールを履いたときの歩き方|太ももは細くしてヒップアップさせるなど参考にしていただきたいのですが、やはりスムーズな動作ができている場合、フラットに着地でき、つま先での着地にはなりません。

つま先に硬い部分がある方は、こういった下半身の筋肉に張りがある可能性が高いと思います。

関連記事:前ももの張りや太くなる原因と細く引き締める方法

足裏が硬いこととの関連③ むくみやすい

つま先に体重が乗るとふくらはぎの筋肉が硬くなり、循環が悪くなります。

そうすると血流やリンパ液の流れが悪くなって、結果的にむくみが発生します。

ですので、つま先付近が硬くなっていることとむくみが出ることは関連している可能性が高いです。

関連記事:お風呂でマッサージしてもむくみが改善しない理由

足裏が硬いこととの関連④ 立ち方がへそを突き出すように立っている

こちらの画像をご覧ください。

ヒールを履いた状態で立っていますが、つま先に体重を乗せて立つとこのようにへそを突き出すように立ってしまいます。

このような立ち方をしていると、太ももの前側などにストレスがかかります。

立ち方

これは先ほどもお伝えしたことですが、ここでの問題は立ち方そのものの見え方です。当然これは自然には見えず、逆に不自然に見えるはずです。

いつもお伝えすることですが、感覚的に違和感がない立ち方が正しいというわけではなく、もしかするとこのようにへそを突き出して立ってしまっている可能性があります。

足裏のつま先に硬い部分がある方は、ヒールなどを履いて立っているときこのような立ち方になっている可能性があります。

 

骨盤の位置を調節し立つことで踵で立つことが理解できる

骨盤の位置を調節し立つことで踵で立つことが理解できる

では、つま先に体重を乗せずどうやって立てばいいのでしょうか。

具体的には、「立ち方を考える|胸を張るのは間違い?!立ち方を理解するための3つのステップ」を参考にしていただきたいと思いますが、以下では簡潔にお伝えします。

立ち方を理解するための手順

  1. お尻の下の骨(坐骨)で椅子に座る
  2. 両脚は肩幅、膝は90度に曲げる
  3. そこから顔を前に送るように身体をお辞儀させる
  4. 顔を前に送り続け、お尻を浮かせる
  5. 体重を踵に乗せ、踵を感じる
  6. そのまままっすぐ立ち上がる

座り方

身体をお辞儀させる

踵に体重を乗せる

まっすぐ立ち上がる

このような手順で立っていただくと、踵で体重を支えることができ、より自然に立つことができます。

 

スポンサードサーチ

 

まとめ

足裏が硬いのは遺伝という方もたまにいますが、遺伝ではありません。日頃から硬い部分によく体重が乗っているからです。

逆にそこに体重をかけず、フラットに体重が足にかかることでストレスは分散され、足裏も柔らかくなっていくはずです。このように考えると、足裏の硬い部分は、日頃の姿勢や動作の問題を伝えてくれているともいえます。

みなさんの足裏に硬い部分はあるでしょうか。そして、もしある場合、下半身の張りやむくみ、姿勢などに悩んでいないでしょうか。

おそらく身体の不調も関連してあると思います。ぜひ、今回の記事がその気づきのきっかけになればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼こちらも合わせてご覧ください!

関連記事:つま先が痛い!異常体重で起こる足裏の痛みの原因と改善について

\足裏のカサカサ・痒みに悩む方に/

身体の悩みをお持ちの方へ

IzuruStyleでは、無料体験を行っています。今回の記事の内容や、それぞれがお持ちの悩みに対して原因や改善方法などをご提案します。

興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。体験レッスンをご希望の方は、こちらからお申込みください。

こんな悩みで行っていいのかな?運動なんかしたことない自分でもついていけるかな?と不安の方も全然問題ありません。一緒に悩みを解決できるようにサポートしますね!

IzuruStyleの無料体験はこちら




この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。