顔のむくみを改善するために知っておきたい原因と改善方法について

顔のむくみを改善するために知っておきたい原因と改善方法について
むくみ

【月3名限定】無料体験を実施中!

顔のむくみがひどくて今日は外に出たくなる。そう思うぐらい顔がむくんで腫れてしまっていることがあると思います。

特にお酒を飲んだ次の日。身体もそうですが、別人のように見える自分の顔に驚いてしまうときもありますよね。

なぜ顔がむくんでしまうのでしょうか?それは飲みすぎなどの原因が考えられます。もちろんその他の原因も考えられます。

顔のむくみを改善するためには、顔を軽くさすり首の方へ流すようにすると、顔のむくみを改善することができます。

今日は、顔のむくみの原因と改善方法についてお伝えしていきたいと思います。

全身のむくみに悩む方は、ホットヨガもおすすめで「ホットヨガの体験ならココ!トレーナーの僕がおすすめする4ヶ所【手ぶらでOK】」にまとめていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

顔のむくみが出る原因

顔のむくみは、身体に起こるむくみと同じ原因だと考えられます。

ただ、みなさんが顔のむくみが出るタイミングを聞くと以下のような場面が多いように感じます。

飲み食いしすぎ

食べ過ぎ

前日、会社の同僚と飲み食いしてドンチャン騒ぎ。

一杯食べて一杯飲んで。そのときは楽しくて、勢いに任せて飲んで、次の日の朝、自分の顔を鏡で見て後悔。

こんな感じで、身体の中の水分量が多くなりすぎると身体はむくんでしまい、顔もパンパンに張ってきてしまいます。

疲れが溜まっている

疲れる

毎日朝起きるとだる重っ。

多忙で休む暇もなく、疲れが溜まっている。こんな状況ではストレスが溜まり、筋肉も硬くなり循環が悪くなる。

こういう状況でも、朝起きると顔がパンパンにむくむということが起こる可能性があります。

関連記事:疲れて動けない方へ|細胞が元気になれば身体も元気になる

体の中に水分が多く溜まりすぎている場合、汗をかくなどして身体の外に水分を出すことでむくみもある程度改善することができます。

顔のむくみについては、顔のリンパを刺激すること、循環を促すことで改善することができます。

その方法をお伝えする前に、顔にあるリンパを知っていただきたいと思います。

関連記事:水分のとりすぎによる弊害!1日2リットル以上水分を摂る人は要注意

 

スポンサードサーチ

 

顔周辺にあるリンパについて

顔のリンパを刺激するためには、少し顔周辺にあるリンパのことを知っておくと効果的に行うことができると思います。

まずは、少し顔のリンパについて理解を深めていきたいと思います。

鎖骨下リンパ節

これは、リンパに興味があったり、むくみに悩まれている方は、ご存知の方も多いと思います。

リンパ液の出口とも表現されますが、この鎖骨下リンパ節は、静脈とつながっており、滞っていたリンパ液が血液と合流し、腎臓などで処理され尿として排出されていきます。

この鎖骨下リンパ節が詰まってしまうと、静脈に入りづらくなりなかなかむくみが改善しません。

ですので、顔のむくみを改善したい方は、まずこの鎖骨下リンパ節を開放することが重要になります。

鎖骨下

頸部のリンパ節

首の横側辺りにもリンパ節があり、浅頸リンパ節、深頸リンパ節というリンパ節が存在しています。

頸部のリンパ節

オトガイ下リンパ節、顎下リンパ節

オトガイ下リンパ節と顎下リンパ節は顎の下辺りに存在するリンパ節になります。

オトガイ下リンパ節

耳下腺リンパ節

耳下腺リンパ節は、耳の穴の前方に位置するリンパ節です。

耳下腺リンパ節

このように顔周辺には、このようなリンパ節が存在しており、これらはつながっているため流れを理解する必要があります。

基本的には、今ご紹介した順にリンパ節を刺激して循環を促していきます。では、ここから実際にリンパを刺激したり、流していきたいと思います。

 

顔のむくみを改善する方法

ではここから顔のむくみを改善する方法についてお伝えしていきたいと思います。

基本的には、先ほどお伝えした順に刺激を与えていくイメージをお持ちください。

鎖骨下リンパ節を刺激する

まず、鎖骨上部にあたる溝を掃除するように軽くさすっていきます。

これを約2分程行います。

頸部、顎下リンパ節などを刺激する

次に首を覆うように両手を沿え、小指側をご自身の顎のラインに添えるように手を当てます。

この状態を呼吸を繰り返します。

そして、手はそのままで軽く左右を向くように頭を動かします。

手で顔を覆い呼吸をする

次に両手で顔を覆い、親指で耳の穴の前方部に触れる。ここが耳下腺リンパ節になります。

この状態で呼吸を繰り返します。

顔全体を刺激する

呼吸が終わると、次に顔を刺激していきます。

顔への刺激は、2ヶ所に分けて行います。

まず最初は、顎と口の上部を刺激していきます。流す方向としては、上から下に向かうイメージですが、顔の形に添って流していきます。

これが終わると、次にまぶたの上と頬に手を当て、刺激していきます。

基本的なイメージとしては、顔の中央部から下に向かって流していくイメージになります。

最後にもう一度鎖骨下リンパ節を刺激する

最後にもう一度、鎖骨下リンパ節を刺激し終わりになります。

それぞれ刺激の時間は各部位、2分ずつ行ってください。もしそれでも改善が見られない場合、時間をもう少し行ってください。

関連記事:お風呂でマッサージしてもむくみが改善しない理由

 

スポンサードサーチ

 

まとめ

今回は、顔のむくみを改善する方法についてお伝えしていきました。

テクニックとしては、どのような刺激を加えるのか、細かいところの違いで結果も変わってくると思います。

ただ、ご自身で顔のむくみを改善したい場合、上記でお伝えした手順で行っていただくとある程度の変化は見えると思います。

あとはより成果をあげたい場合、そのテクニックのレベルを向上させるとより成果を感じることができると思います。

ここが難しいところであり、結果に直結するところですが、まずは上記でお伝えしたことを実践していただくと変化を感じると思います。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

関連記事:ふくらはぎのむくみの8つの原因と改善方法について

関連記事:低気圧と体調の関係|雨の日や台風の日に体調が悪くなる理由

▼ホットヨガでむくみを改善したい方はこちら

>>ホットヨガの体験ならココ!トレーナーの僕がおすすめする4ヶ所【手ぶらでOK】

身体の悩みをお持ちの方へ

IzuruStyleでは、無料体験を行っています。今回の記事の内容や、それぞれがお持ちの悩みに対して原因や改善方法などをご提案します。

興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。体験レッスンをご希望の方は、こちらからお申込みください。

こんな悩みで行っていいのかな?運動なんかしたことない自分でもついていけるかな?と不安の方も全然問題ありません。一緒に悩みを解決できるようにサポートしますね!

IzuruStyleの無料体験はこちら




この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。