投手のコントロールは立った瞬間に決まる。立ち方から考えるコントロールについて

投手のコントロールは立った瞬間に決まる。立ち方から考えるコントロールについて
スポーツ選手

【月3名限定】無料体験を実施中!

投手がボールを投げるとき、自分が思い描くところに投げらず、コントロールが悪いと悩んでいたとすれば、その原因は立ち方に問題があるかもしれません。

軸足に体重を乗せた段階で、ある程度コントロールが決まります。それは、身体の仕組みから考えると自然なことで、このことを頭に入れることで立ち方がいかに重要かが理解できてくると思います!

この記事では、投手のコントロールがよくなるように立ち方、投げ方などについてお伝えしていきたいと思います!

 

投手の基本的な投球動作について

まず最初に、基本的な投球動作について客観的に見ていただきたいと思います。

投げ方

投げ方

投げ方

投げ方

投げ方

投げ方

投げ方

この一連の動作を見てもらったのにはわけがあり、見た目の差はあれ、基本的に身体の使い方の軸となる部分は誰でも同じです。

選手が理解しやすいように、この投球動作を3つのフェーズに分けて考えると、

  1. 立つ
  2. 前に(体重移動)
  3. 投げる

という3つに分けられ、頭の中を整理しやすいと思います。この3つを軸に投手のコントロールについて解説していきたいと思います!

 

スポンサードサーチ

 

投手のコントロールを良くする3つのポイント

立つ局面で見ること

まず最初の局面は、

立つ局面

ですが、軸足に体重を乗せたとき、選手の方はどのように立っているでしょうか?もしかすると、この軸足に体重を乗せたとき、どのように立つかを考えたことがない選手がいるかもしれません。

高めにボールが抜ける原因

ボールが高めに浮いてしまったり、ボールが高めに浮く癖があって、それを意識的に下げようと腕なげになって、低めのボールは沈む。

そんなことで悩んでいる投手は、軸足に体重を乗せたとき、足の小指側で立っている可能性があります!後方から見ると、若干親指側が浮くんですね。

足の外側

バランスよく、自然に立つことができるとこのように足裏全体が地面についているはずです。

投げ方

小指側に体重が乗ってしまうと、軸足に乗ったときにエネルギーが斜め上方を向いてしまいます。

小指側に体重が乗る

軸足に体重を乗せたときに、一度小指側に乗ってしまうと、その時点でどこに投げるかがある程度決まってしまい、この場合は高めにボールは浮きます。

ですが、これを修正しようとして、手で操作するとストライクゾーンには投げられますが、どうしてもボールの威力は失われ、低めのボールは沈みます。

まず確認してほしいことは、

軸足できちんと立てているか

ということです!

ここで、どこで立てばいいのか?ということが出てくると思います!これはこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:理解しておきたいバランストレーニングの意味と実践について

右バッターのインコースにばかりボールがいく原因

右投げの場合、右バッターのインコースにばかりボールがいき、アウトコースのボールは威力がなく、カーブなどを投げてもすっぽ抜けてしまう投手は、軸足に体重を乗せたところから体重移動をしたときに、

つま先に体重が乗っている可能性がある

かもしれません。

つま先に体重を乗せると、人は回転の力が働きます。

作用・反作用

軸足で立ったとき、つま先に体重が乗った状態で体重移動をすると、インステップになります。インステップすると、右バッターのインコースが踏み込んだ延長線上になるため、自然とインコースにしかボールが行かなくなります。

インステップ

これを無理にアウトコースに投げようと手で操作すると、威力が失われ、コントロールもより悪くなります。

インコースにばかりいく、カーブが右バッターの胸元に抜ける投手は、先ほど同様うまく立てていない可能性があります。

これは、踵で立ってまっすぐに踏み込むことを繰り返すと、コントロールは改善され、良くなっていきます。

関連記事:インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

 

高めに浮いてしまう原因は立ち方に問題がある

プレートに足を付き、軸足に体重を乗せ、体重移動を行い投球に入りますが、この際軸足に体重を乗せたときの足の裏の重心位置を確認してみてください。

左右前後にぐらついたり、プレートの前が掘れていてうまく立てないということはないでしょうか?

高めに浮いてしまう原因はここにあります。

どういうことかというと、右投げの場合右脚が軸足になるわけですが、右脚に体重がかかったときに小趾側に体重が流れるとその瞬間にエネルギーの方向がななめ上方になります。

足の外側

イメージとすればやり投げのようなイメージになります。

この段階でボールはどこへ行くのか大体決まりますが、一度上に向いたエネルギーは元に戻そうとしてしてもうまくいきません。

仮にボールが高めに浮いてしまって悩んでいる投手の方は、一度軸足でまっすぐ立てるかためしてみてください。おそらくぐらぐらなったり、小趾側でたったり無駄な力が入り緊張して立っていると思います。

ここで重要なことはぐらぐらせずにまっすぐに立つことです。

関連記事:理解しておきたいバランストレーニングの意味と実践について

ここまでお伝えした2つのことだけを見てもいかに立つことが重要かがわかっていただけると思います。

  • 小指側に体重が乗る=高めにボールが浮く
  • つま先に体重が乗る=インコースなどにボールがいく

これらの悩みを改善するためには、まず立ち方を変えることです。そうすると、コントロールも良くなり球筋も変わってくるはずです!

前に(体重移動)の局面

体重移動のときは、再程お伝えしたように足のどこでプレートを押すかによってコントロールに大きく影響を与えます。

本来は、この踵の部分でプレートを押します。

マルカルドの体重分布図

そうすると、踏み出した足は軸足の踵の延長線上につま先がくるように着地します。

インコース

身体の意識で言えば、キャッチャー方向に自分の肩や骨盤をまっすぐ移動させていくようなイメージで踏み出すと、このようにまっすぐに体重移動ができます。

この状態からスムーズに腕がスイングされると、投球の基本であるアウトローに必ずコントロールされます。

人の身体の構造は、スムーズに動けばアウトローに投げるようになっているので、それをひとつの目安にしてみてください!

体重移動は、踵でプレートを押し、軸足の踵の延長線上に踏み出した足のつま先がくる

ことが目安になります!

投げる局面

腕がスムーズに動き、リリースポイントを迎えると0ポジションという大体外側45度、前方45度辺りの位置でリリースされます。

リリースポイント

この位置でリリースするとアウトローにコントロールされますが、腕の動きはどうこう意識することはあまりありません。

ただ、スムーズに動かすためには肩の構造を知っておく必要があります。その動きは動画にまとめていますので、こちらをご覧ください。

このような動作ができると、肩肘にも負担がかからないですし、動きが一定のところで行えるようになるので、コントロールは安定してきます。

関連記事:野球選手が知っておきたいリリースポイントを確認する方法

投げる動作の全体像は、ここまでお伝えしてきたように、

  1. 立つ
  2. 前に(体重移動)
  3. 投げる

という3つの局面で整理をするとわかりやすいと思います!

 

スポンサードサーチ

 

シャドーピッチングの意味について

フォロースルー

シャドーピッチングをすればコントロールが良くなると思って、日々の練習で行っている投手もいると思います。

このシャドーピッチングの目的は、

フォームを安定させるために行う

ということです。ですので、先ほどお伝えした3つの動きを理解し、まとめとしてシャドーピッチングを行います。

そうすると、そのフォームが身体にインプットされ、実際に投球したときには毎回同じような動作を繰り返せる=コントロールが良くなるということにつながります。

こういった目的を整理してから練習やトレーニングを行うことも重要ですね!

 

ここで見落としがちな地面

足場

これは高校野球でよく見かけますが、プレートの前に穴を掘ってその穴につま先を入れて投球するということがありますが、これは自ら立ちにくくしているのと同じです。

なぜ掘る必要があるのでしょうか?プロ野球やメジャーリーグの投手の足元をよく見てみてください。特にメジャーのマウンドは硬く足元はほとんど掘ることができず、平らな状態です。

プロ野球選手でもコントロールの悪い選手は足元がぐらつきますが、コントロールのいい投手のほとんどの選手は微動だにしないぐらいきちんと立てていることに気づくと思います。

この地面の問題もコントロールには影響を受けます。一度試してみてください。

 

おすすめの教材について

これまでお伝えしてきたことは、あくまでも身体の構造を理解したトレーナーという立場でのことですので、あとここに投手の技術論が加わって、実際に投手としてのレベルアップができると思います。

この技術的な部分は、プロ野球選手だった方から学べることも多いと思いますので、ぜひこれらの教材を参考にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まではただ軸足に体重を乗せていた、一瞬の出来事だったかもしれませんが投手にとっては生命線になりかねない重要なことが詰まっています。

ここに記載していることを実践することで高めに浮くボールは改善されていくと思います。そして、体重移動の仕方、腕の動きがスムーズになればアウトローにコントロールされます。

これだけははっきり言えることは、

動作が変わればコントロールが良くなる。変わらない選手はいない

ということです!

今回お伝えした立つ、前に、投げる、この3つの局面のそれぞれの動作を見直すことで、コントロールは改善されるので、ぜひ見直して1つ1つ課題をクリアしてほしいなと思います!

関連記事:野球選手の投げ方|Izuru Styleが指導時にみている15のポイント

関連記事:【スポーツ選手】レベルアップするために知っておきたいことのまとめ!

身体の悩みをお持ちの方へ

IzuruStyleでは、無料体験を行っています。今回の記事の内容や、それぞれがお持ちの悩みに対して原因や改善方法などをご提案します。

興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。体験レッスンをご希望の方は、こちらからお申込みください。

こんな悩みで行っていいのかな?運動なんかしたことない自分でもついていけるかな?と不安の方も全然問題ありません。一緒に悩みを解決できるようにサポートしますね!

IzuruStyleの無料体験はこちら




この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。